自宅を「ホテルのような部屋」に変身させる3つの視点

衣替えに合わせて、冬用のカーペットから夏に向けて涼しげなものに変えるなど、なんだか暮らしまわりが騒がしいこの時期。心機一転、部屋の模様替えを済ませた人もいるでしょうか。

その模様替え、満足いってます?少しでもオシャレな部屋にしようと、家具の配置を変えたり、アイテムを買い足してみたりと、あれこれをいじってみても、なんだか統一感が出ず、素人っぽい微妙な部屋になっていたり……。

アートアドバイザーの奥村くみさんは、著書『日々、センスを磨く暮らし方』(ワニブックス)の中で、洗練された部屋に変えるポイントを語っています。奥村さんいわく、この3視点からの部屋の風景を完璧にすれば、おのずと洗練された空間になるのだそう。

1LDK以上の広めな部屋を想定しているけれど、1Rや1Kの家でも場所を絞ればとても参考になります。

01.
玄関からの風景

真っ先に目に入る重要な場所。お客さんをお出迎えする空間です。自分自身が疲れて帰宅したときも、生活感があふれ出ている空間よりも洗練されているほうが疲れも軽くなりそうですよね。ちなみに奥村さんは、写真のとおり、イングリット・ウェーバー氏の絵画を主役にコーディネート。絵画を2つ並べるのでなく立体作品を手前に置いて、空間を演出しています。

02.
キッチンから見える風景

料理を"作り出す"場所であるキッチン。家のなかでもとくにクリエイティブなところです。毎日長時間立つ場所だからこそ、ここからの風景にはしっかり気を遣いたい。窓の外に緑が見える家の場合、視線の動線上に観葉植物を置くことで、緑が空間をつなげる役割を果たしてくれます。

03.
リビングからダイニングを見た風景

リビングでくつろいでいて、ふと視界に入った風景が雑然としていたら、リラックス度も半減。絵画やオブジェなどアート作品を飾ってしっかり空間を演出したいもの。たとえば空間を引いて見たとき、写真のとおり、手前左側の壁に立体作品があることで、一流ホテルのような部屋にガラッと印象が変わります。

空間を"引きの視点"で見る

こだわるべき視点は、以上3点。
これらの写真に共通しているのは、小さいものではなく大きいものを飾っているということ。狭い部屋だと余計に小さいものを選びがちだけれど、小物ばかりではなかなかインテリアが決まりにくいのです。しかも小物をいくつも飾るより、大きいものをひとつ置くほうが、そのインパクトのおかげで部屋が広く見える効果があります。まず大きい主役を選ぶことからはじめましょう。迷ったら、空間を引いて見ることで、確かめながら選んでみて

「いつ、誰が来ても問題ない部屋」を普段からキープできる人になれたとしたら、人生にどんな変化をもたらしてくれるのだろうか。「お片づけインストラクター」の尾井...
ミネソタ大学のキャスリーン・ヴォース教授は、散乱した部屋で活動をしていた方が、よりクリエイティブになるということを、研究で明らかにしました。"ただのだらし...
窓の外に自然がなくたって、陽が差し込んでこなくたって、毎日元気に暮らせそう。
今年も残すところあとひと月。身の回りの整理をして来る年に備えたいところです。ここに紹介するのは、片付けが苦手な人のための指南書。ミニマリズムを推奨する「B...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
ルービックキューブのような、現実にはありえないこの部屋。
ソウルのデザインスタジオ「orijeen」が手がけたこのキャビネットは、見る角度によって七色に変化します。部屋の中にあったら圧倒的な存在感を誇ること間違いなし。
「SNSを通じて人から好印象を持たれるためには、洋服だけを極めれば良いというものではないし、部屋のコーディネートに気をつければ注目されるというものではない...
「外見はシンプルかもしれないけど、小さなディテールまですごく考えて作り上げたんだ。そして、パーフェクトな形と機能になったのがコレだよ」シンプルな物こそ、完...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
シーツは快眠を提供するためのアイテムじゃない。部屋を彩る「インテリア」だ!!
「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。
「断捨離」や「ミニマリスト」が流行りだけれど、物が多いことに幸せを感じる人だっている。インテリアに凝ったり積ん読しちゃったりするのも、自分の幸せに繋がるん...
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
「Smartables」は、僕たちの生活を便利にしてくれるスマートテーブルです。例えば、充電器として、スピーカーとしても。他にもある便利な機能を紹介します。
フォトスタイリストの窪田千紘さん。著書『Sense up「大人のセンス」でもっと素敵な私になる考え方とテクニック』のなかでこんなアドバイスを送ってくれてい...
たまに、「部屋の模様変えしたいなぁ」と思うことがある。だけど、壁紙を変えたり照明を変えたり、そこまで手間をかけるのはめんどう。簡単に部屋の印象を変えられる...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
今日はムーディーに、明日はパーティー気分で。シーンに合わせて変形する優等生な照明。
つる性の観葉植物で、葉の緑色が鮮やかな「ポトス」は、手軽に始められる水耕栽培でも育てることができます。部屋に緑あふれる暮らしを望む方や、癒しの雰囲気づくり...
スウェーデンには「lagom(ラーゴム)」と呼ばれる概念があります。「多すぎず少なすぎず、ちょうどよい」という意味で、物質主義や消費主義とは反対の、適度で...
死ぬまでに一度は行っておきたい。そう思えるホテルが世界中にはいくつも存在します。ここで紹介するのもそんなホテルの中の一つ。タンザニアのペンバ島に存在する「...