潔癖な人のために、色々なものを整理してみました。

「世の中は散らかりすぎている」。そう思っていた潔癖症の方々お待たせいたしました。Things Organized Neatlyは、まさにそんな人たちのためのブログ。

キュレーター、フォトグラファー、そしてブロガーでもあるAustin Radcliffeさんが学生時代に作ったこのブログは、きれいに並べられた、もしくは並びかえられた日用品の画像を、彼がひたすら集めてアップし続けるというもの。なんと賞も受賞しているというから驚き。「キレイ好き」や「潔癖症」の方は必見です。

SUBMISSION: ‘Accidental Intention’ series by Rebecca Martin and Rita Braz.

Michael Johansson  self contained

Carl Kleiner for IKEA

Johnny Flirt Brasília, 2013

SHAPES: Sewing Machine - props and styling by Beverly James Neel

Toast Rival  Van Robinson

Beach rocks by Emily Blincoe

sakir gokcebag

Jim Golden video games

Adam Hillman, 100 Shades of Color, 2016

 Florent Tanet - banana

SUBMISSION: Cassette Tapes by Jim Golden. Also see VHS Tapes.

SUBMISSION : summertime

eggs Sam Kaplan

Sam Kaplan

整頓された物たちの奇妙な雰囲気に、なぜだかスクロールの手が止まりません。

作品の投稿もできるので「潔癖画像作ったよ」という方はぜひ応募してみてください。だんだん目の前の散らかったものを、整頓したくなってきたのでは?

もっと見たい方はブログをチェック。ちなみに書籍化もされています。

Top Photo by Brooke Shanesy for Brush Factory-neatlyorganized
Licensed material used with permission by Things Organized Neatly
『Gryp』という、シリコン製の指スリーブ。ここに指を2本(3本でも可)をスッと差し込んだら、もう完璧。日常の触りたくなかったあれやこれ、ストレスとはさよ...
なにが違うか、わかりますか?
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
おもしろいインスタのアカウントを見つけました。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
2台のボートがスタジオ代わり!?オモシロアートプロジェクトの紹介です。
画家でもありフォトグラファーでもあるTony Lucianiさんは、母Eliaさんの写真を撮り続けます。そのきっかけは、「認知症」が関係していました。
自分は20歳若い!ということで、69歳のオランダ人男性Emile Ratelbandさんが「49歳」を正式な年齢と認めるようにと訴訟を起こしました。
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
世界各国で活躍しているフォトグラファーのJason D.Pageさんは、10年以上前からこのライトアートの虜。この魅力をもっと世に伝えるべく、夜空に落書き...
ある教師が、740人の生徒を巻き込んで作り上げた「石をペイントするアート」が、Facebookで大きな話題を呼んでいます。彼女の名前は、Jessica M...
フォトグラファーのAlana Patersonさんは、野菜が大好きなあまり、彼らをかっこよく撮影してあげたいという思いから、野菜のポートレートを撮っている。
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...