現代アーティスト・ボルタンスキーによる、庭園美術館の再編。耳をすませば、その歴史が見えてくる。

夜、みんなが寝静まったころ、おもちゃたちが勝手に動きだして、おしゃべりをし始める。子どものころ、そんな空想を思い描いたことはないでしょうか。普段、モノとして見ているものには、実は命が宿っていて、耳を澄ませば、声が聞こえてくるような。モノだけじゃない、今いる場所、たとえば、自宅でも、職場でも、自分を包みこんでくれているものすべてに命があると思えば、なんだかすべてが愛おしく、感謝の気持ちでいっぱいになります。そんなことを思い出させてくれる素敵な展覧会が、東京・目黒の庭園美術館で開催中です。

現代アートの巨匠・ボルタンスキーと、
歴史ある建造物との出会い。

501b63889a39d2e49168c82172878f2a09ce1e5b
東京都庭園美術館 本館 大広間

現代アート界の巨匠、クリスチャン・ボルタンスキーは、独学でアートを学び、10代で現代アート作家としてデビューしてから、40年以上、絵画、彫刻、写真、映像などを組み合わせた作品を発表しています。作品のテーマは、一貫して、生と死、そして、記憶。現在、東京・目黒の庭園美術館で開催中の『クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス-さざめく亡霊たち』は、東京での初個展となります。

ため息をつくほど美しい空間。
しかし、作品は見当たらない。

55c0c2a33e1b765e2879f9e0fa85773dd6c4123d
東京都庭園美術館 大食堂
C7dd1e0ef5fddd35faefcbdc993fcb58900d7d64
東京都庭園美術館 大客室

写真だけを見てしまうと、「作品」のようなものが視界に入ってきません。絵が飾ってあるわけでも、彫刻が飾ってあるわけでもありません。作品は一体どこだろう?そんなことを考えながら、しばらく歩いていくと、建物の至るところから、男の人や女の人、さまざまなささやき声が聞こえてきます。

空間そのものが作品。
失われた記憶を「声」として展示。

F85d6f4f161a9a2331a92e99daad8e6dcd201dc0
東京都庭園美術館 本館 第二階段踊り場

この「ささやき声」こそが、作品だったのです。ボルタンスキーは、建物が、1906年に創設された宮家の邸宅であることや、アール・デコ様式の意匠で高く評価を受けた重要文化材であることに興味を持ち、古い壁や部屋に、長年そこで暮らし、過ごした人々の言霊が宿ると考えました。

声が聞こえる方へ向かい、しばらくそこに立って、全身に意識を集中させていると、たしかに、亡霊たちの声に聞こえてくるようです。ささやいているのは、誰の声でしょうか。部屋のあちこちをおもむろに歩き回りつつ、想像力を働かせながら、耳をすませたい作品です。

すべて生きているという感覚。

0294fc8e897cdb739455746ce36a3afa9596baad
《アニミタス》(小さな魂)、2014年 Photo: Angelika Markul Courtesy the artist and Marian Goodman Gallery

建物を歩いていくと、骸骨の影絵の展示があったり、録音された心臓音を流し続ける部屋があったりと、ささやき声と相まって、建物そのものが生きているように感じられます。亡霊たちが私たちの訪問を楽しんでくれているかのようです。

庭園美術館の澄み切った空気と溢れる緑、そして、自分たちが知りえなかった歴史を感じられる展示。現代アートという枠にあてはめて見てしまうと、つい、むつかしく考えてしまうかもしれませんが、気軽に、リラックスして足を運んでみてください。

Licensed material used with permission by 東京都庭園美術館
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
世界で最も有名な美術館と言えば、たくさんの人々が口にするのがパリにあるルーヴル美術館だろう。そのルーヴルが長い歴史を継承しながら、新たなプロジェクトに積極...
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
クレマチスの丘にある「IZU PHOTO MUSEUM」に行こう。そこは、静岡県三島市に隣接する、花・アート・食がコンセプトの複合文化施設。庭園やミュージ...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
焼きたてハンバーグをカットして上から押すと、断面から肉汁がジュワ〜。あれ、自宅でも再現可能です。
2008年、ニューヨークのイーストリバーに4つの滝をつくったオラファー・エリアソン。その作品は、光、空間、水、鏡、霧、影という自然現象や素材を巧みに使い、...
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、そ...
先日、スナップチャットが開始したサービスは、AR技術を使ってアートの鑑賞ができるというもの。アプリを起動させたスマホを特定の場所にかざせば、あたかも作品が...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
アート好きな人には怒られてしまいそうだが、普段から芸術に触れる機会が少ないと、たまに美術館へ行ってもなかなか良さを感じられなかったりする。だけど深い意味が...
普段はカリフォルニアを拠点としているわたしですが、久しぶりに東へトリップしてきました。水に囲まれた街「シカゴ」は、日本から直行便で約12時間。1900年代...
気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。インスタグラムに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が途切...
美術館に足を運んでは作品の前で裸体を披露し、一躍スペインの“お騒がせアーティスト”となっているエイドリアンさん。突飛なパフォーマンスに批判の声もだいぶ多い...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...