監視しすぎる「防犯カメラ」

公共の場でもプライベートの場でも、昔に比べあらゆる場所で目にするようになった防犯カメラ。事件関連のニュースで流れるカメラ映像を目にするに「こんな場所にも…」と、悪事を働いていなくたってドキッとすることもある。

が、従来の防犯カメラに対する印象とは正反対の「目立ちすぎる防犯カメラ」の存在を知っているだろうか。

「監視する」はずのカメラが逆に「見てくれ」と言わんばかりに突き出して、1箇所に何台も集中するカメラが生み出すその光景には、違和感を感じてならない。

どれも実際に設置されていたモノらしいのだが、注目したいのはその設置場所。最初の2枚はシドニーのボンダイ・ビーチの近くで、中2枚はプラハのヴルタヴァ川(モルダウ川)の目の前。そして最後の海の写真はデンマークのオーフスだ。

最初の2カ所は多くの人が知る有名な観光名所。3カ所目のオーフスは日本人には聞き慣れないかもしれないが、2017年の「欧州文化首都」に選ばれている街。つまりこの謎のカメラが置かれているのは、どれも人が集まる場所ばかり。

「監視社会」を表現する
コンテンポラリーアート

カメラは、ただの防犯カメラではなくJakub Geltnerさんが仕掛けたアート作品だった。2011年から「Nest(巣)」と題してこれまで7カ所に分けて公開されてきたもので、現代の“監視社会”を表現しているのだという。

画像には写真を撮ったり不思議そうに見上げる人々が写っているが、観光や遊びなどの目的で訪れた場所にこんなものがあれば、そりゃ立ち止まらずにはいられなかっただろうなぁ。

カメラの向こう側にいる人間の存在も知ることなく、私達は普段からどれほど見られているのだろうか…。なんて、いろんな考えが頭を巡ってしまった。

Licensed material used with permission by Jakub Geltner
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
ドローンが急速に普及してまだ日が浅いですが、今度はその技術を防犯カメラに用いたプロダクトが登場しました。固定式では死角が生まれてしまいそうな箇所も、この「...
イラストレーターのMax Gutherは、人々の何気ない日常を描いているんだけど、どれも「監視カメラ」で見ているような角度から。リアルだったら絶対にいけな...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
新たな観光スポットとして要チェックです。
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
自分の目的に合ったカメラが欲しい!とは思うものの、一体どれがいいの? インスタの写真をきれいに撮るなら。子どもやペットの思い出をしっかり残すなら。大好きな...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
ペットボトルは、耐水性や耐久性など、あらゆるポイントで優れています。なのに、あまりにも身近な存在すぎて、ただのお手軽なモノと見られがち。『PET-ART』...
ヨガのポージングをカメラを使わないで撮影したアーティストのRobとNick。彼らの作品は、一般的な写真からは感じ取れない神秘的なものを表現しています。ここ...
「FITT360」は、首にかけるタイプとなっていて、本体に内蔵されている3つのカメラが、あなたの周囲の光景を切り取ってくれるそうです。つまり、カメラを手に...
「Arrow Smartwatch」の特徴は、360度に回転するカメラがついているところ。しかも、フルHD(1080P)に対応しているため、SNS投稿には...