監視しすぎる「防犯カメラ」

公共の場でもプライベートの場でも、昔に比べあらゆる場所で目にするようになった防犯カメラ。事件関連のニュースで流れるカメラ映像を目にするに「こんな場所にも…」と、悪事を働いていなくたってドキッとすることもある。

が、従来の防犯カメラに対する印象とは正反対の「目立ちすぎる防犯カメラ」の存在を知っているだろうか。

「監視する」はずのカメラが逆に「見てくれ」と言わんばかりに突き出して、1箇所に何台も集中するカメラが生み出すその光景には、違和感を感じてならない。

どれも実際に設置されていたモノらしいのだが、注目したいのはその設置場所。最初の2枚はシドニーのボンダイ・ビーチの近くで、中2枚はプラハのヴルタヴァ川(モルダウ川)の目の前。そして最後の海の写真はデンマークのオーフスだ。

最初の2カ所は多くの人が知る有名な観光名所。3カ所目のオーフスは日本人には聞き慣れないかもしれないが、2017年の「欧州文化首都」に選ばれている街。つまりこの謎のカメラが置かれているのは、どれも人が集まる場所ばかり。

「監視社会」を表現する
コンテンポラリーアート

カメラは、ただの防犯カメラではなくJakub Geltnerさんが仕掛けたアート作品だった。2011年から「Nest(巣)」と題してこれまで7カ所に分けて公開されてきたもので、現代の“監視社会”を表現しているのだという。

画像には写真を撮ったり不思議そうに見上げる人々が写っているが、観光や遊びなどの目的で訪れた場所にこんなものがあれば、そりゃ立ち止まらずにはいられなかっただろうなぁ。

カメラの向こう側にいる人間の存在も知ることなく、私達は普段からどれほど見られているのだろうか…。なんて、いろんな考えが頭を巡ってしまった。

Licensed material used with permission by Jakub Geltner
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
「シドニー・フィッシュ・マーケット」は近年老朽化が進み、デンマークの建築デザイン事務所「3XN」の設計図を基に建て直しが決まりました。
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
「Soup Stock Tokyo」とファミリーレストラン「100本のスプーン」が、レトルトの離乳食「あかちゃんがなんどもおかわりしたくなる離乳食」を共同開発。
ドローンが急速に普及してまだ日が浅いですが、今度はその技術を防犯カメラに用いたプロダクトが登場しました。固定式では死角が生まれてしまいそうな箇所も、この「...
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
イラストレーターのMax Gutherは、人々の何気ない日常を描いているんだけど、どれも「監視カメラ」で見ているような角度から。リアルだったら絶対にいけな...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
総合刃物メーカー「貝印株式会社」から来春発売予定の「紙カミソリ」がお披露目された。
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
アメリカを代表する美術館である「ロサンゼルス現代美術館(MOCA)」が、親交のあるアーティスト9人がデザインしたアートマスクを発売する。ヴァージル・アブロ...
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
新たな観光スポットとして要チェックです。
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
「ヒュンダイ」が「ヒュンダイ45コンセプト」をベースにしたミニEVのティザー画像と動画を発表した。自動運転も可能な、木材でできたミニカーだ。
AAランクの高品質なアフリカ産フェアトレードコーヒーを、山形県の雪室で3ヶ月間熟成した「アフリカン・スノーコーヒー」が数量限定で発売に。
ドゥーシュバッグの「The CIA」、グレゴリーの「カメラケース」、フェールラーベンの「カンケン フォト インサート」を紹介します。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
なんでも簡単にスマホ一つでできてしまう時代だから、あえてのフィルムカメラ。しかし、ただのフィルムカメラではつまらない。このカメラは3つのレンズを使い3枚の...
多くの人の帰る場所だった廃墟マンション「Burnham Beeches」。Roneというオーストラリアのストリートアーティストは、人の温かさを失ったマンシ...
ドイツに本社を置く「brezzl. GmbH」から、冷蔵庫専用のスマートカメラ「Fridge Eye」が発売された。このカメラがあれば、スーパーで「これ家...