たくさんありすぎて悩ましい…ぴったりな「カメラ」の選び方

みなさん、はじめまして。カップルフォトサービス「Lovegraph」でカメラマンをしているSyunsukeです。

今回は、

「カメラが欲しいけど、種類がたくさんありすぎてどれを選べばいいのか分からない」

という人に向けて、目的別のおすすめカメラをまとめてみました。

01.
「旅行で使いたい」
→タフさと軽さが大事

Photo by Lovegraph

旅行中は、何が起こるかわかりません。歩いたり走ったり車で移動したり、急に絶景が目の前に飛び込んで来たと思えば、突然雨が降ってきたり…。

そんな旅行中に持ち歩くカメラに必要なのは「どんなことにもへこたれないタフさ」ではないでしょうか。タフさを重視したカメラはたくさんありますが、ここで紹介したいのは「アクションカメラ」 と呼ばれるもの。そのジャンルのパイオニアでもあり、オススメなのが「GoPro Hero 5」です。

防水で、衝撃にも強く設計されています。雨どころか水の中でも雪の中でもビクともしないタフなカメラです。しかも魚眼レンズという広くダイナミックな絵が撮れるレンズが付いているので、旅先で絶景を抑えたいときもバッチリ。もちろん、動画も4Kのキレイな画質で撮ることができます。

でも、ゴツくて重いんじゃないの…?

と思ったそこのあなた。何をおっしゃる。なんと「117g」です。

…と言われても、あまりピンとこないですよね。どれくらい軽いかというと、だいたいハイチュウ2本分くらいです。 歩きながらでも気軽に使えるし、カバンに入れてもほぼ重さを感じません。まさに旅向けですね。

Photo by Lovegraph

02.
「子どもやペットを撮りたい」
→動き回るものを素早く!

Photo by Lovegraph

子どもやペットの写真は、いつでも見ていたいですよね。 僕も猫を飼っていますが、ヒマさえあれば撮っています。でも、この2つの被写体に共通するのが「元気に動き回る」ということ。スマホで撮ると、だいたいピンボケかブレブレに…。

素早くピントが合って、動きの速いものが撮りやすいカメラと言えば「デジタル一眼レフカメラ」です。

おそらく、みなさんが「カメラ」と聞いてイメージする、あの形のカメラのことです。使いこなせたら、カッコよさそうですよね。

僕がここでオススメしたいのは、Canonの「EOS 80D」です。機種の特徴の前に…世界で売れている一眼レフの約半分がCanonと言っても過言ではありません。オリンピックなどを撮るプロカメラマンも、かなりの割合でCanonユーザーです。僕が所属している「Lovegraph」でも、多くのカメラマンが使っています。

そんなCanonが出している一眼レフの中でも「EOS 80D」を推す理由としては、ピントの早さや正確さに加えて、値段やサイズも抑えられているからです。
Photo by Lovegraph

03.
「カメラ女子になりたい」
→見た目も実力もフィルムっぽく

Photo by Lovegraph

何気ない日常を撮って、インスタに投稿。そんなライフスタイルに憧れる女子の気持ち、分かります。男ですが…。

そのためには、カメラ自体のデザインも可愛いのがいいし、ちょっとレトロな雰囲気で、フィルムの色味で撮れたり 持ち歩きやすいサイズ感も大事ですよね。

そんな人には「ミラーレス一眼カメラ」はいかがでしょう? 小さくて軽いのに、画質や性能は一眼レフとほとんど同じで、なかでもFUJIFILM「X-T20」 はオススメです。

フィルムカメラのような可愛いデザインで、FUJIFILMというフィルムメーカーならではの「フィルムシュミレーション」という機能があります。

実在するフィルムを元に再現されたフィルターを使うことができ、フィルムらしいリアルな色味で写真を撮ることができるんです。 見た目だけではなく、機能面にも「フィルム感」のあるカメラですよ。

ちなみにこのカメラは、「Lovegraphアカデミー入門編」という写真教室でも使われています。このカメラをレンタルして、写真教室を受けることができるんです。

04.
プロみたいな写真が撮りたい
→フルサイズで美しく

Photo by Lovegraph

目的別でいくつか紹介してきましたが、そもそも僕が「Lovegraph」の写真を撮るときにどのカメラを使っているかというと、Nikonの「D750」というデジタル一眼レフカメラです。

このカメラを愛用している理由はいくつかありますが、一番の理由としては「フルサイズである」ということ。もしかしたら、この言葉自体が初耳の人もいるかもしれません。

カメラには、撮像素子というものがあります。光を写真を変換する上で一番大事とも言える部分です。それがフルサイズ、つまり大きいという意味です。すごく簡単に説明すると、スポーツをするにしても身体や体格の大きさ(=ポテンシャル)が重要なのと同じで、カメラもフルサイズだと、背景をぼかした撮影でも、暗い夜の撮影でも、余裕を持って撮影ができます。

もちろん金額は張りますが、クオリティの安心感は格別です。

Licensed material used with permission by Syunsuke(Lovegraph), Instagram, Twitter
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
デジタルカメラから使い捨てカメラまで、写真ブームな昨今。その中で、ハンディで初心者でも使いやすい大判カメラを生産しようと、キックスターターで資金を募ったT...
フィルムからデジタルに移行する前夜に発売されたこのカメラは、フィルムカメラの一つの到達点では? 単焦点レンズ搭載でモバイル性にも優れています。
プロのフォトグラファーが使っているカメラアプリ。スマホでの撮影に適したアプリの紹介、実際の加工方法までとっておきの5つを厳選しました。人や動物の動くものか...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
フィルム人気の再燃で周辺のプロダクトも復活してきています。この〈JCH(ジャパン カメラ ハンター)〉のフィルムケースもそう。コンパクトで使い勝手のいい仕...
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
カメラも高性能化しているとはいえ、イメージ通りのいい写真を撮るのはなかなか難しいもの。指示だけして、あとはいい感じに撮ってくれないかなぁ…なんて思っていた...
ロモグラフィーの「FISHEYE NO.2」は、フィルムの装填も簡単だし、ピントがどこにでも合うように設計されています。魚眼写真という特徴も加わって、デジ...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
今や街のいたるところにある防犯カメラ。どこにどのくらいあるかなど把握しきれないほどだ。けれどあえて人が集まる場所に設置されたアート作品がある。過去のものだ...
「FITT360」は、首にかけるタイプとなっていて、本体に内蔵されている3つのカメラが、あなたの周囲の光景を切り取ってくれるそうです。つまり、カメラを手に...
〈Lomography(ロモグラフィー)〉のレンズ付きフィルム「Simple Use Film Camera」シリーズは、使い捨てのようなルックスですが、...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
インスタントカメラ界で旋風を巻き起こし続けているLomography。今度の新作は、レトロな折りたたみ式のカメラ。世界初のアナログなスクエア写真が楽しめる...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
「Arrow Smartwatch」の特徴は、360度に回転するカメラがついているところ。しかも、フルHD(1080P)に対応しているため、SNS投稿には...
「Lomo’Instant Automat」は、インスタントカメラのシンプルな操作性を保ったまま冒険心まで満たしてくれる優れもの。まさに痒いところに手が届...
スマホ用の後付けレンズはほとんどがクリップ式で、付けたときにどうしてもメカメカしかった。でも、この「Moment」は今までのものとは違う。カメラには欠かせ...
ぐねぐねした体の先に、輝く「ひとつ目」。このキュートでチャーミングなデバイス、じつはカメラなんです。一般的なアクションカメラはとても頑丈で防水も完璧ですが...
一度はその目で見てみたいコックピットからの景色。この360度カメラで撮影された動画が、それを実現してくれます。パイロットになった気分でエアバスを操縦してみ...
19ヶ月のスタンリーくんは、カメラに興味津々!それもそのはず、スタンリーくんのお父さんはプロカメラマンなんです。なんとか持てる…というほど大きい、お父さん...