夜景

今や観賞スポットとして定着した感のある工場夜景。暗闇に浮かびあがる工場のイルミネーションはどこまでも非現実的だ。その姿は、まるでハリウッドのSF映画で描か...
工場夜景」の合同写真展が、2015年9月18日(金)から「TODAYS GALLERY STUDIO」にて開催。その場所にただ佇む、意図しない「美」を、あ...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
非日常的で、どこか近未来を連想させる工場夜景。数年前からブームとなった“工場巡礼”は、無機質な夜の表情を鑑賞しようというファンで賑わっているようです。ラン...
夜のオフィス街で輝く明かりを見つけると、きれいだなと思うと同時に、「こんな時間まで頑張ってる人がいるんだ…」と、そこで働く人のことをあれこれ想像してしまい...
モスクワといえば、「赤の広場」や「聖ワシリイ大聖堂」などの観光地が有名。でも、それらの景色は知っていても、街の中心部の様子は意外と知られていないのではない...
フィンランドの首都ヘルシンキにある観覧車。実はこれ、フィンランド国民にとって重要な“文化”を体現したものになっているそうです。どうでしょう、なんとなく想像...
本来、橋の役目といえば、対岸への移動手段。しかし、エーゲ海に面するトルコ・イズミルに架けられたBostanlı橋は、そこにとどまりません。多くの人々がここ...
Twitterのタイムラインに大阪で台風の日に撮られた一枚の写真が流れてきた。雨という嫌な感情が吹き飛ぶくらい、その写真は綺麗だった。その写真を撮ったNA...
香港のThe Peakに6月、「Monopoly Dreams Hong Kong(モノポリー ドリームズ 香港)」がオープン予定。ここはモノポリーの世界...
11月16日、「キングパワーマハナコン」というバンコクの複合施設の最上階に、マハナコンスカイウォークがオープンしました。高さは、東京タワーよりもちょっと低...
アジアとヨーロッパの文化が絶妙に入り混じった熱気に、想像のナナメ上を行く最先端の観光資源。シンガポールの魅力はさまざまあれど、じつはとっても魅力的な「夜の...
これまで海外旅行にいったことのない人やビギナーにおすすめの国、韓国。東京から2時間半ほどのフライトで、異国のグルメやファッション、歴史、文化がサクっと楽し...
シャンパンタワーを作り続けて14年。設置台数世界一を豪語する「シャンパンタワー職人」の次なる挑戦。
2015年に170年目の秋を迎える御船山楽園では、11月1日より「紅葉まつり」が開催されます。また、11月7日からは日本国内でも最大級のライトアップが施さ...
『Tokyo from above(上から見た東京)』は、日本を拠点に活動しているタイムラプスクリエーター、Justin Tierneyによる作品。スカイ...
静かの海、晴れの海、雨の海、蒸気の海、それから、虹の入江なんて呼ばれる場所があるんです。正確にいうとそれは、“わたしたちが知っている海” ではないんだけれ...
夏目漱石が「I LOVE YOU」を「月が綺麗ですね」と翻訳した、という都市伝説が一時期話題になりましたね。真意のほどはさておき、ロマンチックだとは思うの...
ボリビア・ウユニ塩湖で、鏡張りの水面に立ちたいーーとはいえ、南米は遠すぎる。そんなあなたに朗報です。なんと都内から1時間で行ける場所に、あの「天空の鏡」が...
オススメの雲海スポットがある。それが、埼玉県の秩父「美の山公園」の展望台だ。最寄り駅は、西武秩父駅。都内からなら、特急で1時間半。駅からは車で30分ほど。...