台風の日の「奇跡の一枚」

最近雨ばっかりでやだな。そんなことを思いながらツイッターのタイムラインをスライドさせていたら、こんなツイートが流れてきた。

これ、は…!?

街のネオンが路面に映り込み、映画のなかのワンシーンを切りとったような、そんな風にも見える。実際に、「ブラック・レインみたい♡」「ステキすぎる」「香港っぽい」など、反響が反響を呼び、私のもとまで届いてきた。

「雨なのに」

あらためて見てみる。

この写真を撮影したのは、BUMP OF CHICKENのMV制作や安室奈美恵、でんぱ組.incなどのコンサート演出映像を手がけ、VJとして「ULTRA JAPAN」にも出演するクリエイターのNaohiro Yakoさん。写真は趣味で撮られているという。

ちなみに撮影場所は、道頓堀近辺。台風で土砂降りだったそうなのだが、写真からは「台風で土砂降り」なんて負の状況は一切感じられない。それどころか、この景色を実際に見に行ってみたくなる。

 

彼のInstagramには、ネオン街の印象的な写真がズラリ。今回はそのなかでも、雨の日に撮影されたものをセレクトしてみた。

 

「今週、雨続くな」「また台風くるっぽいな…」。その事実は変わらないんだけれど、この写真たちを眺めていると、ちょっとだけ心が軽くなるような気がしませんか。

Licensed material used with permission by yako_flpr3
首元がヨレたり全体的に色褪せた状態の方が、その魅力がより一層引き立ちそう。
持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
東日本大震災とそれに伴う原発事故発生を目の当たりにした、一人の若きエンジニアが、代替エネルギーに革命をもたらす事業を展開している。彼が目をつけたのは風力。...
表参道ヒルズの真裏にたたずむ キャンピングトレーラーをカスタムしたコーヒースタンドthe AIRSTREAM GARDEN〒150-0001 東京都渋谷区...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
フォトグラファーのAgus Nonot Supriyantoさんは、水たまりに映る世界をモノクロで撮影しています。そこに広がるのは、晴れの日には決して見る...
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
今年もナショナルジオグラフィック(通称:ナショジオ)が主宰するフォトコンテストのファイナリストが発表されました。コンテストは「風景」「環境問題」「アクショ...
春のはじめに降る雨って、「うれしい」ものなんです。
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
工場夜景」の合同写真展が、2015年9月18日(金)から「TODAYS GALLERY STUDIO」にて開催。その場所にただ佇む、意図しない「美」を、あ...
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
「偶然」とは、なんて素敵なのだろうと思わせられる一瞬の数々。2016年の「The Comedy Wildlife Photography Awards」に...
今や観賞スポットとして定着した感のある工場夜景。暗闇に浮かびあがる工場のイルミネーションはどこまでも非現実的だ。その姿は、まるでハリウッドのSF映画で描か...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
憂鬱になりがちな雨の日。傘を持ち歩くのは面倒だし、視界も悪いし濡れちゃうし…。でもちょっと目線を変えてみてください。そこには、雨の日にしか見られない世界が...
東日本大震災で甚大な被害を受けた陸前高田市の復興を願い、筆記具メーカー「MONTBLANC」がチャリティーオークションを実施する。対象となる商品は、あの“...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
非日常的で、どこか近未来を連想させる工場夜景。数年前からブームとなった“工場巡礼”は、無機質な夜の表情を鑑賞しようというファンで賑わっているようです。ラン...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...