ナショジオが選ぶ奇跡の1枚。2016年ファイナリストたちの写真がしびれる!

今年もナショナルジオグラフィック(通称:ナショジオ)が主宰するフォトコンテストのファイナリストが発表されました。コンテストは「風景」「環境問題」「アクション」「動物ポートレート」の4カテゴリーに分けて募集。

そんなファイナリストたちの作品のなかから、15点をピックアップして紹介します。

01.

Aa3bb988f61b29d687ae431df3819411c2ee7c03

photo by G. Lecoeur

見事な潜水を見せるカツオドリと、海中を自在に泳ぐイルカが、イワシの群れをダイナミックに狩る瞬間。

02.

043f5f6670d93f9270b16b6f1c4647eb24644005

photo by Carsten Krüger

2匹の若いカバが未来の縄張り争いに備えてじゃれ合う姿は、完璧なシンメトリー。

03.

2af49536d6b112bb26d132d508d0b654ee50db0c

用心深いことで知られているシマウマに、ここまで接近できるのは大変珍しいこと。縞模様が幻想的。

04.

D67f056426cb5d50192372f00bc1f49880881e2b

photo by ben haggar

流氷の上に立つアデリーペンギンは、たったひとり。環境破壊の影響で厳しさを増すペンギンたちの生活を表現しています。

05.

2d092508a3eadbeefce93631da1ad21f22204815

photo by Marco Rank

ドイツで撮影された雲。この後、卵大の大きさの雹が降ってきたそう。

06.

D8657ce15ef61b9109b2f1d0a643b5e77b003a85

photo by Kirsten Tucker

ナミビアで、砂の中に隠れようとする蛇を捉えた一枚。見事な擬態。

07.

9d1bc82e25a47943f4d9e9817081ca7dd2c85a36

夜景を長時間露光で撮影していたところ、緑の流星が偶然映り込んだ奇跡の一枚。流星に含まれていた鉱物が引き起こした、炎色反応によるもの。

08.

D05177528e47ae2cd0fdacf7e5b9154c5cdc83a1

photo by Beckey Lee

ゴッホの傑作「星月夜」の幻想的な風景が、まるで現実になったかのようなオーロラ。

09.

A03ac1acda194c3f7a0f50db0290f8bdd1076a34

photo by Giacomo

ウミヘビの鼻先で、まるで踊っているようにも見えるエビ。今にも食べられちゃいそう!ですが、じつはこの2種、お互いに助け合って暮らしているんです。

10.

22c1ab5fe1be28bd1aa18d77e0d043fba7114356

ハート型の林が虹の向こうに浮かび上がる様は、まるで白昼夢のよう。

11.

E31bd8295c3533990ef55e4866c5c3ca5ba69ea2

photo by Scott Portelli

繁殖期になると見られるコウイカの鮮やかな体色は、メスを惹きつけるための求愛の色なのです。

12.

3dc4b6364e60ef479fbf89b773f76d74aed164e6

photo by Luke Gordon

小さな魚が通りかかった瞬間、砂の中から…パクリ。待ち伏せの専門家であるエソが、小さな魚をひと飲みにする、その一瞬を捉えたもの。

13.

9e8e01a787c68bf72664252da6e42ac78de70488

photo by Paolo Vercesi

その変わった石の形が小人に見えることから「ゴブリン・ヴァレー」と呼ばれる谷。鮮やかな青い服をまとった女性は、まるで妖精のよう。

14.

96915b25d24f8b7ad133f8fbdc6ccbf4e960876b

photo by Amy Marques

空中でホバリング可能な小さなハチドリ。特徴的な尾羽が優雅。

15.

E1b4581b843db0ea74e1322dda758cc1be325cdd

photo by Nicholas C.

こちらはイギリスにある温泉。虹色に輝いているのは、水に含まれている鉱物の影響。

12月頭に発表される最優秀賞の賞品は「ガラパゴス諸島10日間の旅」だとか。そして、ナショジオ編集チームによるポートフォリオのレビュー(プロが自分の写真を寸評してくれる!)となっています。あなたの気になる1枚はありましたか?

Licensed material used with permission by National Geographic
今回、紹介するのは、ナショジオ主催の「ナショナルジオグラフィック・ネイチャー・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」からの2017年度の入賞作。今年のグラン...
『National Geographic(ナショナルジオグラフィック)』は、アメリカに本部を置く非営利団体「ナショナルジオグラフィック協会」の公式雑誌とし...
ナショナルジオグラフィックが共同主催する「ドローンスタグラム」は、2014年にスタートした国際コンテスト。第4回目を迎えた本年度も、様々な趣向を凝らした空...
「偶然」とは、なんて素敵なのだろうと思わせられる一瞬の数々。2016年の「The Comedy Wildlife Photography Awards」に...
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
アロマキャンドルやオードトワレの印象が強い「diptyque」ですが、じつはハンドクリームも素晴らしいんです。
2016年のナショナルジオグラフィック・トラベルフォトグラファー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた写真がコレ。ここではそれぞれの部門で選ばれた計12枚の作品を紹...
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
見ているほうまでしあわせな気持ちになっちゃう、結婚写真。結婚式は多くの人にとって「人生最良の日」と言っても過言ではないでしょう。そんな人生最高の日の写真の...
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
ツイッターのタイムラインに大阪で台風の日に撮られた一枚の写真が流れてきた。雨という嫌な感情が吹き飛ぶくらい、その写真は綺麗だった。その写真を撮ったNAOH...
かさばるし重くて持ち運びに不便、そして氷の準備。この面倒をすべてを省いてくれるクーラーボックス!
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
『Wildlife Photographer of the Year』は、ロンドン自然史博物館が毎年開催している、自然と野生動物だけに絞ったフォトコンテス...
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品...
ここは千葉県鴨川市の「大山千枚田」。楽しめるのは、地元農家が代々守ってきた“昔ながらの棚田風景”です。ただし、普段の景色もさることながら、先日まで開催され...
Steinway(スタインウェイ)のグランドピアノができあがるまでの工程を捉えた写真作品を紹介します。ピアノに携わる多くの職人たちにも焦点を当てたこの作品...