路地裏から見た「キューバ」という国の素顔(写真30枚)

キューバを訪れた人が口を揃えて言うのが、独特の「おおらかさ」だ。観光客が訪れようと気兼ねなく、気楽に自分たちの日常を楽しむ姿がある。そこには、社会主義国ならではの一定の平等感や幸福感がにじんで見えるそうだ。

ここに紹介する一連の写真からも、彼の地に暮らす人々のおおらかさを感じることができるかもしれない。

いま、ここにあるキューバ

D04db2a56a0c2281a6610e54499ed21ff09e6e60

2015年7月20日、キューバは1961年の断交から54年ぶりにアメリカとの国交を回復した。禁輸緩和で攻勢をかけることが予想されるアメリカに対し、半世紀ぶりに時計の針が動き始めたキューバは、今後どう変化し、変わらずにいるだろう?

イギリスのフィルムメーカー「York Place Studio」が、ハバナ、トリニダの2都市で撮影を行ったものそうしたキューバの変化を前に「今」を捉えておきたかったからだそう。50年代のクラシックカーやコロニアル様式の建築ばかりが、この国の主役じゃない。

47ac826ee2c7e5f88a0b3985b7858f768aafa9e6Cee31f5cf9216c123f999e837ed9b5226d76b872199f65f497e9cba8fb35a025bddbb3fcc4f8b998A82848c123dfe9b3a3545fcfa4d1c91cf02d3e1d34809d17e87dd119863f053cbeeaf64620ad8f152bf577f271132ba1b396b20e786c46298a98691bE549f36a265ea81b66d82e5e927b787a66e60e8aA36f9cf57ffda90e8fec3cb0c21c4f06cf3098fc8515d85ac0c8da517cb02bbe666906434cc562c6Bab15ad0f05c82e7537772ca53c7f62d76c2af0c9a17ad4870b2f593b9f0546c542c42595047a2808fc5bca9b3302f03dce5ed340a34052e4621c38065a80c930c2636c65e1046c1551911abe2504e8020736efd609f6d269fb4e6204ad8905015b26f0eD9c9ae9feda810b08f92240621165cb3eaebb09e4ba2ad5764bd277c9e9053a94704661b6de1c7a4Bf27ac41cd3fc55405359a877d3f4c8b8a84455d8e66f53de278dafea2ec11188b207539037267f578acbcdad58a0fe4f6840d0e2fb199ebfde7bed888f03d7410a0c7c24d7a9a9d1a082193b78e76a0F8ef2d2932d7f6572939e1861882e21ffff01fe1B97a889b26ba29c6ceba3b67854302d46a714f20051a9fded4f214a63500a1917d0260097be7e2a80de08ebac3fccc72ac1a8b15e9983415530c7a6092313bec2fe9c11238aaf4bdc206f65b5d0462d55ab539b975e8a1fd7ecbb7a65aca80f2064ae9aa55f32ddad3d7e274fc5e636ea721af4b20aa56ef78c4fab837638c85a7c9ee3edcf2cf09e09b392dDe038e886abd695266f0eb399e117694f39f15ee
Licensed material used with permission by York Place Studios, (Facebook), (Instagram)
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
ラムと葉巻と音楽という、漠然としたイメージしかなかったキューバという国。アメリカとの国交回復ということもあり、「今のうちにキューバに行っておいたほうがいい...
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
メディアが取り上げるカラフルなクラシックカーとは一線を画したキューバの姿を撮る写真家Gillian Hylandさん。「Windows into Hava...
キューバに行ってきた。サルサと革命の国、そして半世紀ぶりにアメリカと国交回復して、これから盛りあがろうとしている国。でもキューバは、普通の観光地ではない。...
僕が、キューバを訪れたのは2005年。今でも心に強く残っているのは、クラシックカー、シガー、サルサ、モヒート、哀愁を帯びた人々、そして、時が止まったような...
STELLA LYDAKIはベルリンで撮影した写真を公開しています。中には、かの有名なブランデンブルク門もアレクサンダー広場も、ベルリン大聖堂も出てきませ...
まるで空に浮かんでいるような瞬間を切り取った「浮遊写真」。Instagramをはじめ とするSNSにたくさんアップされていますが、浮遊姿勢、美しさでいった...
WHO(世界保健機関)は、キューバがHIVと梅毒の母子感染を“撲滅した”と発表した。これは世界初の事例となる。具体的には、10万人の出生数に対して、感染者...
半年間だけ韓国のソウルに住んでいた。日本に似ているんだけど、やっぱり外国なんだなって思うことがしばしば。ふと目に入った不気味な路地裏やなんとも言えない怪し...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
彼らの日常を、ちょっと覗き見。
本当の意味で、だれかを「見つめる」こと。
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第5弾です。
プロのモデル並みとはいかなくたって、自分のあるべき場所で生き生きしている姿は、やっぱり美しい。大切な家族のそばで見せる笑顔であったり、しごとに勤しむ時の真...
昨年、クリスマスイブイブ(12月23日)にジョー・バターンのライブを観てきた。ラテンミュージックは、クリスマスにバッチリ合うことを知った。ラテンといえば思...
建築コミュニティをネットサーフィンしていると、あっという間に時間が過ぎる。Googleマップで新しい場所を探しては、現地へ足を運んで撮るーー。と、ドイツ人...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
マンハッタンにある繁華街、ノリータ(North of Little Italy)は、ニューヨークで暮らすミュージシャンやモデルたちに愛されているエリア。そ...
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...