路地に家具を置いて、模様替えしちゃえ!(ポルトガル)

ポルトガル・アブランテスで行われたインスタレーション「DomestiCITY」は、公共の場に家族団らんの場と同じような空間をつくったもの。プロジェクトオーナーであるコロンビア人のアーティストたちが、いつも路地に座っている年配の人々から「家具が欲しい」との要望を聞いたことがきっかけです。

彼らは使われなくなったイスやテーブルを修理し、カラーリングして通りに設置。普段は何も起こらないただの通路を、リビングスペースのように模様替えしてしまいました。

路上でくつろごう!

壁には会話を促すための言葉や、話題を投函できるメールボックスが。そのほかにも、絵を描くための道具など、そこに集まる人々の行動を刺激するモノが選ばれています。

通りがかった顔見知りに「ちょっと座って行きなよ!」なんて声をかける人が出てきそうな雰囲気。休憩するにしても、公園のベンチとは違った居心地が味わえるかもしれませんよね。

設営に携わったクリエイターのMazzanti氏によれば、みんな口々に「家のリビングに居るみたいだ」と話していたそう。この一件は、テレビでも紹介されて話題に。

もしも毎日通るあの路地に、イスとテーブルがあったらーー。ひょんなことからご近所づき合いがスタートするなんてことも、ありうるかもしれませんよね。

Licensed material used with permission by Canal180, 180 Creative Camp and Domesticity
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
今回取り上げるフェスが開催されるのは、「Montemor-o-Velho Castle」という城。ここはポルトガル政府が定める重要な遺産のひとつとして、1...
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
ポルトガルのコワーキングスペース「Village Underground」は、クラブやスケートパーク、アートギャラリーに姿を変えます。
「The World's 50 Best Bars 2020」が発表され、日本からは10位に「The SG Club」、40位に「Bar Benfiddi...
ポルトガルの首都リスボンからバスで約1時間の港町セトゥーバルにある、世界1位のゲストハウス「RM Guest House - The Experience...
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。
デザイナーGavin Munroさんによるプロジェクト。イギリス・ダービーシャー州にある農園「Full Grown」で、生育中の木に接ぎ木や剪定をすること...
ポルトガル・イダーニャノヴァで開催されている「Boom Festival」は、何にも縛られない独立性を確立した野外フェスです。だから、スポンサーに頼りません。
イギリスのある森で、サステイナブルな家具作りに挑戦するカップルがいる。彼らは、家具を作るために木を伐採することはしない。その代わりに、理想のカタチになるよ...
「Soup Stock Tokyo」とファミリーレストラン「100本のスプーン」が、レトルトの離乳食「あかちゃんがなんどもおかわりしたくなる離乳食」を共同開発。
地球に暮らす人々が抱える社会問題に手を打つべく、「Hi Fly Airline(ハイフライ航空)」というポルトガルの航空会社は、使い捨てプラスチックの節約...
470年以上の家具づくりの歴史をもつ大川の「大川家具」。その技術とセンスを証明するために「ネコ家具」が誕生した。人間にもネコにも全力の職人魂が生きたネコ家...
サブスクリプションサービスが当たり前の存在になりつつある中で、IKEAも毎月決まった価格で家具を使えるサービスを展開するようです。
この家具は、全体重をかけるのではなく、お互いを支え合うようにうまくバランスを取りながら、力加減をしなくてはなりません。そう、ヒトとモノ(この家具)が相互に...
プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部リーグ)に属するスポルティング・ブラガのホームスタジアム「エスタディオ・アクサ」。
世界中で使用されているWeb会議ツール「Zoom」。無料版ライセンスユーザーは、通常40分間でタイムアウトする時間制限が各ミーティングにかけられているが、...
「フィリップス」より「電動ファン」付きの「ブリーズマスク」がデビュー。本日19日(木)、「Amazon」及びブランド公式オンラインストア楽天市場店にて発売...
愛猫への今年のクリスマスプレゼントはこれで決まり?福岡・大川市で2017年より町おこしの一環として市内の家具業者によって制作されたネコ用の家具“ネコ家具”...
道具を一切使わず自分の体だけを使ってイスをつくりあげたNikolas Bentelさん。歯や腕など体の様々な部位だけを使ってイスをつくりました。その内容が...
舞台はポルトガル・マデイラ諸島の路地。上空にはいくつもの電球が。やや密集している感はあるものの、特に気になるポイントはなさそうです。そう、いまのところは─...
2年前、ユーロヴィジョンの歴史を変えたサルヴァドール・ソブラルにインタビュー。
多くの人の注目を集めるのが上手いIKEAイズムの真骨頂とも言えるのが、この広告キャンペーンです。新店舗オープンの際に、パリの地下鉄の駅をショールームのよう...
「家」のもつ意味を探求するために、アーティストのSejkko Eriはカメラで撮り続ける。ほとんどがポルトガルの家だけど、時にはマドリード島で撮影すること...