路地に家具を置いて、模様替えしちゃえ!(ポルトガル)

ポルトガル・アブランテスで行われたインスタレーション「DomestiCITY」は、公共の場に家族団らんの場と同じような空間をつくったもの。プロジェクトオーナーであるコロンビア人のアーティストたちが、いつも路地に座っている年配の人々から「家具が欲しい」との要望を聞いたことがきっかけです。

彼らは使われなくなったイスやテーブルを修理し、カラーリングして通りに設置。普段は何も起こらないただの通路を、リビングスペースのように模様替えしてしまいました。

路上でくつろごう!

壁には会話を促すための言葉や、話題を投函できるメールボックスが。そのほかにも、絵を描くための道具など、そこに集まる人々の行動を刺激するモノが選ばれています。

通りがかった顔見知りに「ちょっと座って行きなよ!」なんて声をかける人が出てきそうな雰囲気。休憩するにしても、公園のベンチとは違った居心地が味わえるかもしれませんよね。

設営に携わったクリエイターのMazzanti氏によれば、みんな口々に「家のリビングに居るみたいだ」と話していたそう。この一件は、テレビでも紹介されて話題に。

もしも毎日通るあの路地に、イスとテーブルがあったらーー。ひょんなことからご近所づき合いがスタートするなんてことも、ありうるかもしれませんよね。

Licensed material used with permission by Canal180, 180 Creative Camp and Domesticity
470年以上の家具づくりの歴史をもつ大川の「大川家具」。その技術とセンスを証明するために「ネコ家具」が誕生した。人間にもネコにも全力の職人魂が生きたネコ家...
この家具は、全体重をかけるのではなく、お互いを支え合うようにうまくバランスを取りながら、力加減をしなくてはなりません。そう、ヒトとモノ(この家具)が相互に...
プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部リーグ)に属するスポルティング・ブラガのホームスタジアム「エスタディオ・アクサ」。
道具を一切使わず自分の体だけを使ってイスをつくりあげたNikolas Bentelさん。歯や腕など体の様々な部位だけを使ってイスをつくりました。その内容が...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
「家」のもつ意味を探求するために、アーティストのSejkko Eriはカメラで撮り続ける。ほとんどがポルトガルの家だけど、時にはマドリード島で撮影すること...
舞台はポルトガル・マデイラ諸島の路地。上空にはいくつもの電球が。やや密集している感はあるものの、特に気になるポイントはなさそうです。そう、いまのところは─...
デザイン、機能、あとは“何役”こなせるかも重要ですよね。
都心のタイニーハウス在住男子としては、やっぱりイケてる家具を揃えて、かっこいい大人を演出したい!それでいてできるだけ広々とした空間は保ちたいし…。
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
香港のデザインスタジオLim + Luがデザインした「荷台」は、ただ車輪がついていて、取っ手を持ち上げて運ぶだけものではありません。これ、棚にもソファにも...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
気づけば2月も終盤。さあ、春がやってきます。そんなタイミングで暖房機の紹介をするのは、時期外れだと思う人もいるかもしれません。でも、そこにはちゃんと理由が...
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
雪が積もれば、最高に楽しい「そり滑り」。出身地によって、つねに身近にあった人、今まで1度も乗ったことがない人、さまざまかと思います。そんな「そり」を交通手...
神奈川県の住宅街にある200坪の倉庫。中には、フィンランドやデンマークなどの北欧家具が所狭しと並べられている。オーナーの山本さんが以前、フィンランドへ旅行...
イタリアの家具ブランド「arflex(アルフレックス)」によるこのソファ。日本の伝統的な様式美「盆栽」と「床の間」にインスパイアされたものだとか。
この真っ赤な色は、唐辛子か?それともトマト?そのどちらでもないんです。これは赤いパプリカを塩漬けした「マッサ」。ポルトガルではポピュラーな調味料で、味噌や...
いい家具があると空間が華やぎます。いいデザインで環境に配慮していたら最高。「We Do Wood」はそんなプロダクトを提供しています。同社が採用する素材は...
家事サポートサービス「フラオ グルッペ」代表の沖幸子さんは、イギリス、ドイツ、オランダで生活マーケティングを学び、暮らしのデザイナーとして活躍している人物...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
ポルトガルのアゲダという街には、毎年7〜9月に開催する芸術祭のひとつに「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」という傘祭りがあります。その様子をたまたまネット...