ポルトガルといえば…そり滑り?最大時速48kmで観光してみる

雪が積もれば、最高に楽しい「そり滑り」。出身地によって、つねに身近にあった人、今まで1度も乗ったことがない人、さまざまかと思います。そんな「そり」を交通手段として使っている街がポルトガルにあるんです。

「Monte」という街から「Funchal」という街までは、約2kmほどの坂が続いていて、この道を、もっと早く移動したい!と考えた地元の人たちは、19世紀初頭からバスケットつきのソリでくだっていたのだとか。

そして嬉しいことに、観光の一環としてこのソリはまだ残っているんです。

2kmの道のりを
たった10分で

時速は最大約48km/h。ソリの上で感じる速さは、なんともスリリングなのだそう。約2kmある道のりも、わずか10分ほどで到着。

近年ではほとんどの利用が旅行客ですが、先導さんも一緒に乗って、なんだか面白そう!

スリリングなソリ滑りは、きちんと専門の訓練を受けた船頭さんがナビゲートしてくれます。狭い道でも勢いをつけてぐんぐん加速。

乗った人たちもこの笑顔!Monteは「そり滑り」だけではなく、美しい自然も人気の街。そんなMonteの魅力が詰まった、3分ほどの動画がこちら。

Licensed material used with permission by Carreiros do Monte, (Facebook)
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
ポルトガルの首都リスボンからバスで約1時間の港町セトゥーバルにある、世界1位のゲストハウス「RM Guest House - The Experience...
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
ポルトガルのコワーキングスペース「Village Underground」は、クラブやスケートパーク、アートギャラリーに姿を変えます。
ポルトガル・イダーニャノヴァで開催されている「Boom Festival」は、何にも縛られない独立性を確立した野外フェスです。だから、スポンサーに頼りません。
地球に暮らす人々が抱える社会問題に手を打つべく、「Hi Fly Airline(ハイフライ航空)」というポルトガルの航空会社は、使い捨てプラスチックの節約...
今回取り上げるフェスが開催されるのは、「Montemor-o-Velho Castle」という城。ここはポルトガル政府が定める重要な遺産のひとつとして、1...
プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部リーグ)に属するスポルティング・ブラガのホームスタジアム「エスタディオ・アクサ」。
ロンドンでは、2月21日から、シャチのフォルムをした乗り物を体験できるアクティビティーが始まるそうです。水上では最大時速100kmで、水中では60km/h...
スリランカといえば動物の「象」というのは、海外でも広く有名。現地では多くの象が、観光客を魅了していますが、動物の象だけが観光客を迎えているわけではありませ...
アラブ首長国連邦(UAE)の新たな観光スポット「Qasr Al Watan」。大統領官邸でもあるこの場所は、3月から観光客に開放されています。ツアーも組ま...
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
先日、ローマ市が市内観光に関わる新しい発表を行いました。市民の健康的な生活や観光客の安全、記念碑、建築遺産などを守るためのもので、様々な行為に対する制約と...
ポルトガルのアゲダという街には、毎年7〜9月に開催する芸術祭のひとつに「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」という傘祭りがあります。その様子をたまたまネット...
アラブ首長国連邦のラアス・アル・ハイマという都市にあります。
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
舞台はポルトガル・マデイラ諸島の路地。上空にはいくつもの電球が。やや密集している感はあるものの、特に気になるポイントはなさそうです。そう、いまのところは─...
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。