ポルトガルの無骨すぎるスタジアム。愛称は「石切り場」

スゴくないですか、このスタジアム!

ポルトガル北西部の都市ブラガにある「エスタディオ・アクサ」は、もともと採石場だった場所を切り開いて建てられました。一方のゴール裏には岩盤の崖が残っており、もう一方は市街地に向けて開けています。

下の写真、1枚目を見ると、よくあるサッカー専用スタジアム。でも、2枚目は明らかに異質。大型ビジョンだって崖の上に!

エスタディオ・アクサ
(ブラガ/ポルトガル)

© bracarenses / Instagram
© titamlopes / Instagram

で、「エスタディオ・アクサ」のいいところは、本拠地とするクラブ「スポルティング・ブラガ」が強豪であること!ここ、かなり重要なポイントです。

プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部リーグ)で、ベンフィカ、スポルティング・リスボン、FCポルトの3強に次ぐ存在。現時点での順位は18クラブ中、首位と勝ち点差なしの2位につけています。

「なんでこんなところに建てたの?」という一風変わったスタジアムは世界にいくつかありますが、スポルティング・ブラガほど実力が伴っているクラブは他にありません。スタジアムだけじゃなく試合自体も楽しめるなら、観に行くモチベーションになる!

© wilfredfigueiredo / Instagram

設計は建築界のノーベル賞とも言われるプリツカー賞の受賞歴があるエドゥアルド・ソウト・デ・モウラ。ロケーションだけじゃなく、コンクリート打ちっ放しの外観にも惹かれちゃいました。

ちなみに、このスタジアムはUEFA EURO 2004(欧州選手権)でも実際に使用。単なる“ネタ”でないことがわかります。

Top image: © Alex Livesey/Getty Images
現在、英プレミアリーグの強豪トッテナム・ホットスパーFCが建設中の新スタジアムについてです。
FCバーゼルのホームスタジアム「ザンクト・ヤコブ・パルク」は、世界中のスタジアムのなかでも異色の存在です。
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
ポルトガルのコワーキングスペース「Village Underground」は、クラブやスケートパーク、アートギャラリーに姿を変えます。
ポルトガルの首都リスボンからバスで約1時間の港町セトゥーバルにある、世界1位のゲストハウス「RM Guest House - The Experience...
かつて元日本代表MF中村俊輔が所属し、クラブのレジェンドと呼ばれるにいたるまで数々のゴールを演出したホームスタジアム「セルティック・パーク」。
ポルトガル・イダーニャノヴァで開催されている「Boom Festival」は、何にも縛られない独立性を確立した野外フェスです。だから、スポンサーに頼りません。
地球に暮らす人々が抱える社会問題に手を打つべく、「Hi Fly Airline(ハイフライ航空)」というポルトガルの航空会社は、使い捨てプラスチックの節約...
今回取り上げるフェスが開催されるのは、「Montemor-o-Velho Castle」という城。ここはポルトガル政府が定める重要な遺産のひとつとして、1...
ロサンゼルス・ドジャースの本拠地ドジャー・スタジアムで食べるべきグルメです(番外編)。
世界中に多くのファンを抱えるオリンピック・マルセイユのホームスタジアム「スタッド・ヴェロドローム」。
カリフォルニア州オークランドのベイエリアの一角に建設予定の新スタジアム「Howard Terminal ballpark」。約3万4000人を収容と大リー...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
ポルトガル・アブランテスで行われたインスタレーション「DomestiCITY」は、公共の場に家族団らんの場と同じような空間をつくったもの。プロジェクトオー...
「ベルリン・オリンピアシュタディオン」は、この街を本拠地とするサッカークラブ、ヘルタ・ベルリンのホームスタジアム。
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
雪が積もれば、最高に楽しい「そり滑り」。出身地によって、つねに身近にあった人、今まで1度も乗ったことがない人、さまざまかと思います。そんな「そり」を交通手...
ポルトガルのアゲダという街には、毎年7〜9月に開催する芸術祭のひとつに「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」という傘祭りがあります。その様子をたまたまネット...
2年前、ユーロヴィジョンの歴史を変えたサルヴァドール・ソブラルにインタビュー。