ポルトガルの無骨すぎるスタジアム。愛称は「石切り場」

スゴくないですか、このスタジアム!

ポルトガル北西部の都市ブラガにある「エスタディオ・アクサ」は、もともと採石場だった場所を切り開いて建てられました。一方のゴール裏には岩盤の崖が残っており、もう一方は市街地に向けて開けています。

下の写真、1枚目を見ると、よくあるサッカー専用スタジアム。でも、2枚目は明らかに異質。大型ビジョンだって崖の上に!

エスタディオ・アクサ
(ブラガ/ポルトガル)

© bracarenses / Instagram
© titamlopes / Instagram

で、「エスタディオ・アクサ」のいいところは、本拠地とするクラブ「スポルティング・ブラガ」が強豪であること!ここ、かなり重要なポイントです。

プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部リーグ)で、ベンフィカ、スポルティング・リスボン、FCポルトの3強に次ぐ存在。現時点での順位は18クラブ中、首位と勝ち点差なしの2位につけています。

「なんでこんなところに建てたの?」という一風変わったスタジアムは世界にいくつかありますが、スポルティング・ブラガほど実力が伴っているクラブは他にありません。スタジアムだけじゃなく試合自体も楽しめるなら、観に行くモチベーションになる!

© wilfredfigueiredo / Instagram

設計は建築界のノーベル賞とも言われるプリツカー賞の受賞歴があるエドゥアルド・ソウト・デ・モウラ。ロケーションだけじゃなく、コンクリート打ちっ放しの外観にも惹かれちゃいました。

ちなみに、このスタジアムはUEFA EURO 2004(欧州選手権)でも実際に使用。単なる“ネタ”でないことがわかります。

Top image: © Alex Livesey/Getty Images
現在、英プレミアリーグの強豪トッテナム・ホットスパーFCが建設中の新スタジアムについてです。
FCバーゼルのホームスタジアム「ザンクト・ヤコブ・パルク」は、世界中のスタジアムのなかでも異色の存在です。
かつて元日本代表MF中村俊輔が所属し、クラブのレジェンドと呼ばれるにいたるまで数々のゴールを演出したホームスタジアム「セルティック・パーク」。
ロサンゼルス・ドジャースの本拠地ドジャー・スタジアムで食べるべきグルメです(番外編)。
ボゴタにアートギャラリーのようなベーカリーカフェがオープンしました。デザインを手がけたのは、ニューヨークを拠点に活動するデザインスタジオ「Studio C...
街中に溢れる日常の些細な音が、オーケストラ団員により再現されている動画がおもしろい。楽器を使って再現される音は、リアルすぎて中毒性が高いんです!
世界中に多くのファンを抱えるオリンピック・マルセイユのホームスタジアム「スタッド・ヴェロドローム」。
ポルトガル・アブランテスで行われたインスタレーション「DomestiCITY」は、公共の場に家族団らんの場と同じような空間をつくったもの。プロジェクトオー...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
「ベルリン・オリンピアシュタディオン」は、この街を本拠地とするサッカークラブ、ヘルタ・ベルリンのホームスタジアム。
1860年代よりディーン家が所有していた島「Pebble Island」。管理が困難になり、売りに出されて話題となりました。島にはアザラシやペンギンなど多...
雪が積もれば、最高に楽しい「そり滑り」。出身地によって、つねに身近にあった人、今まで1度も乗ったことがない人、さまざまかと思います。そんな「そり」を交通手...
ポルトガルのアゲダという街には、毎年7〜9月に開催する芸術祭のひとつに「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」という傘祭りがあります。その様子をたまたまネット...
フェイエノールト対エクセシオールの試合での、素敵な話。
舞台はポルトガル・マデイラ諸島の路地。上空にはいくつもの電球が。やや密集している感はあるものの、特に気になるポイントはなさそうです。そう、いまのところは─...
この真っ赤な色は、唐辛子か?それともトマト?そのどちらでもないんです。これは赤いパプリカを塩漬けした「マッサ」。ポルトガルではポピュラーな調味料で、味噌や...
ベルリンが、2017年、ナイトクラブの防音対策に約1億2000万円(100万ユーロ)の予算を割り当てることを発表。2018年11月30日より、ナイトクラブ...
「家」のもつ意味を探求するために、アーティストのSejkko Eriはカメラで撮り続ける。ほとんどがポルトガルの家だけど、時にはマドリード島で撮影すること...
ロサンゼルス・ドジャースの本拠地ドジャー・スタジアムで食べるべきグルメです。
「Truck Surf Hotel」という移動式ホテルの利用者は、ポルトガルもしくはモロッコの海を転々として、その場でサーフィンができる。
Andre Goncalvesさんが窓の魅力に気がついたのは、今から8年前、2009年のこと。それ以来、ポルトガルを拠点に3,000以上の窓ばかりを撮影し...
バスク州ビルバオを本拠地とするアスレティック・ビルバオのホームスタジアム「サン・マメス」。
ポルトガルのある研究によれば、女性の背中の反りが大きいほど、男性は魅力的に感じるそうです。つまり、猫背を改善できれば、男性からの好感度も上がるのでは?
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...