「キックオフ3分前」が見所のスタジアム

サッカー界では、プレミアリーグ(イングランド)、リーガ・エスパニョーラ(スペイン)、ブンデスリーガ(ドイツ)、セリエA(イタリア)が欧州四大リーグ。じゃあ、それ以外はわざわざ観戦する価値はない?

否。その他のリーグにも、四大リーグに勝るとも劣らない実力と熱狂的なスタジアムを有するクラブがちょこちょこあるんです。

中でもグラスゴーを本拠地とするセルティックFCは代表格。スコットランド?と侮ることなかれ!

セルティック・パーク
(グラスゴー/スコットランド)

© teesfortims / Instagram

かつて元日本代表MF中村俊輔が所属していたこともあり、セルティックという名前自体は耳にしたことがあるかもしれません。そんな彼がクラブのレジェンドと呼ばれるにいたるまで数々のゴールを演出したホームスタジアムが「セルティック・パーク」です。

クラブカラーである緑一色の座席は、威圧感というよりクリーンで紳士的な印象。スタンドの傾斜がもう少しキツければ尚よいのですが、さして問題ではありません。

なぜなら、このスタジアムでもっとも楽しんでほしいのは、サッカーそのものよりも「音」だから!拍手であれブーイングであれ、ココぞというときにスタジアムが一体となって生み出される音は、ホームチームを勇敢にし、アウェイチームに強烈なプレッシャーを与えます。

そしてなんといっても、キックオフ直前にサポーターが熱唱する『You'll Never Walk Alone』でしょう。このサポーターズソングといえば、イングランドはリヴァプールFCを連想する人が多いと思いますが、実はここセルティック・パークでもビッグマッチでは歌われるんですよ。リヴァプールver.とはややリズムが違うのですが、これはこれでアリだと思います。

途中から音楽が止まってアカペラになり、野太い声がスタジアムに響き渡ると、サッカー通でなくとも鳥肌必至。ほぼすべてのサポーターが緑と白のタオルマフラーを掲げているので、視覚的にも楽しめます。キックオフ前にして、ここへ来て正解だったと確信することは間違いありません。

その迫力は、百戦錬磨のリオネル・メッシが「欧州一雰囲気の良いスタジアム」と賞賛したほど。動画を見ると、その意味が嫌というほど分かるはず!

Top image: © Tanasut Chindasuthi / Shutterstock.com
「英国生まれ」のモノって、なぜか欲しくなる!