憧れの場所に「投票箱」が!投票率を上げるためのユニークな試み【ドイツ】

日本で問題となっている、若者を中心とした投票率の低さ。ほかにも同様の問題を抱えている国は多いが、一筋縄にはいかないこの問題に頭を悩ませている様子。

そんななか、ドイツの航空会社大手「ルフトハンザ」は、より多くの人に選挙への関心を高めてもらうため「#SayYesToEurope 」というキャンペーンを開始した。

ドイツでは期日前に投票できる郵便投票が定着し始めているというが、さらに投票率を上げるため、普段は入ることができない特別な場所に投票箱を設置したというのだ。

© #SayYesToEurope/Vimeo

その特別な場所とは、ルフトハンザのフライトトレーニングセンターや最新音楽ホール「エルプフィルハーモニー・ハンブルク」のステージ上、さらにはドイツ強豪サッカーチーム「ボルシア・ドルトムント」の控室などなど。

それぞれのファンたちにとっての憧れの場所に、選挙に参加することで入ることができるという素晴らしい発想。これなら普段は選挙にいかない人たちのなかでも、投票したいという人は増えるはずだ。

実際にこの取り組みはSNSで大きな話題になり、約3万8000人が#SayYesToEuropeでの投票に登録し、人々の選挙に対する関心を高めることに成功したという。

直接政治に関心を持ってもらうのは難しいかもしれないが、ちょっとした工夫があればより簡単に広がっていくのかもしれない。

Top image: © #SayYesToTheEurope
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
ワシントン州に位置するキング郡の地方選挙にて、全米初となるスマートフォンを使った投票が実施。
11月にアメリカで行われる中間選挙の投票に行く時は乗車料金を半額にするとLyftが発表しました。
9月30日、「NASA」が宇宙から投票する方法を公開した。宇宙飛行士たちは、軍に従事する人やその家族と同様、不在者投票を申請する必要がある。そして、宇宙ス...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
1951年からファン投票による懸賞「森永賞」を続けてきた「森永製菓」。現在開催中の大相撲7月場所は、ウェブでの応募形式に切り替えた。「今日の一番」を予想し...
アメリカの「OREO(オレオ)」の新キャンペーン「 WHAT’S YOUR STUF」が話題。オレオのココアクッキーに挟まったバニラクリームの好みの量を投...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...