質問に答えるだけで、投票するべき議員を教えてくれるアプリ

ロサンゼルスで新たに始まったこのサービスは、スマホを使って質問に答えていくだけでOK。

各議員のスピーチや態度、財政、貢献度などなど様々なデータを参照してアルゴリズムによって分析、誰に投票したら良いのかを推薦してくれるそうです。

あなたが投票すべきなのは
この人!

「ハッタリや偉そうな言動にはごまかされずに、政治的な記録をもとにした本当に投票すべき人物をモバイルで確かめられます」

と開発したVoter社はコメント。

アプリに表示される質問に対し、YES/NOで回答していきます。幾つか答えると、誰が最もあなたの要望に近い政策目標を掲げているのかがパーセンテージで表示されます。

さらに、どんな企業や産業に寄付を行っているのかをインフォグラフで確認可能。その他、当日の投票場所を示すマップなど投票に関する情報が詳しくチェックできる仕様になっています。

Voter」は無料でダウンロード可能。"出会い系サイトの政治家版のようなものだ!"と、説明はかなりフランク。そのくらいシンプルだという意味なのでしょうか。悩む時間やモヤモヤの種が解消されるとしたら、嬉しい機能ですよね。

Licensed material used with permission by Voter
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
政治家がどこから献金を受け取っているのかがブラウザ上で一目でわかってしまうプラグインが話題になっています。つくったのは、なんと16歳の少年です。この機能を...
11月にアメリカで行われる中間選挙の投票に行く時は乗車料金を半額にするとLyftが発表しました。
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
「Elite Daily」のRachel Shattoさんが綴る「セックス前に聞いておきたい質問」も、そのひとつ。特に女性は、セックスにおいての被害がどう...
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
アメリカ・ペンシルバニア州にあるカーネギー・メロン大学のある研究チームが、同国内のクサい場所を共有できるアプリ「Smell MyCity」を開発しました。
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
Uberが、米デンバーでアプリを介し、バスや電車の時間、乗車料金、さらにはチケットを購入できるサービスを開始。人々の「移動」を最大限快適にしようというもの。
通常、ピルの処方には産婦人科に行って処方箋を発行してもらう必要がありますが、Nurxは簡単な質問に答えて、身分証明書をアップロードするだけ。
エティハド航空とパナソニック アビオニクスが手を組んで、時差ボケ防止アプリを開発すると発表しました。
パートナーと一緒にいる「安心感」に敵うものは、なかなかないですよね。でもその関係、見掛け倒しではありませんか?心の底から寄り添うためには、お互いに深く理解...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。