16歳の少年が開発!議員の「政治献金額」が一目でわかるツール

政治家がどこから献金を受け取っているのかがブラウザ上で一目でわかってしまうプラグインが話題になっています。つくったのは、なんと16歳の少年です。

この機能をインストールすると、webページに表示された議員の名前を自動認識し、名前にカーソルを合わせるだけで彼らが「どこから・いくら」受け取ったのかを、瞬時にポップアップしてくれます。無料ということもあり、アメリカではかなり注目されているようです。

議員が受け取った献金の内訳を
一目で確認できる

難しい設定などは一切なし。政治家の名前がある記事ページを開くと議員の名前部分にうっすらと色が付きます。カーソルを合わせてみましょう。

D70fb980108874a4e5f1132eeda9ce17f484cc04

議員の顔・名前・所属に加え、ズラっと産業名と献金額がポップアップ。一目でどんな政策に注力しているのかを知ることができます。

プロフィールやSNSにも
簡単アクセス

ポップアップ下部にはより詳細な議員プロフィールをまとめたページへのリンクがあります。

7d8df1c95d31ad1b444b17dd9b57e9f69f826ec0

そこには、経歴やホームページリンク、各種SNSに加えメールアドレスまでまとめられたページが。

つまり、読んでいる記事の中の発言が、どんな人物によって行われているのか、献金額という指標を基に判断できるようになり、あらゆる議員の情報へのアクセスがより身近なものになるわけです。

作ったのは16歳の少年!

プラグイン「Greenhouse」を公開した2014年当時、開発したNick Rubin氏(17歳)はまだ16歳でした。ホームページにはこんなコメントを残しています。

「私はまだ16歳で、投票に行くにはまだ若すぎます。が、政治のシステムを改善するべきだということは十分知っています。このツールがその第一歩になることを願います」

この機能は、Chrome、Safari、Firefoxに対応しており、無料で追加可能。ポップアップには、政治の世界でお金がどうやって使われ、市民の生活にどう役立っているのかをまとめているwebサイト「OpenSecrets.org」から最新の情報が表示される仕組みに。

政治をより見えやすくするという意味では、多くの人にとって重要な役割を担うことになりそう。さらなる情報へのアクセスを可能にするべく今後もアップデートを進めていくとのこと。投票への判断材料としては、とても重要な指標となるかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Nick Rubin
「政治にお金は必要ないんです」。どの政治家からこのセリフを聞くよりも、現実味があるのは、もしかしたらこの人物をおいて他にいないでしょう。“世界で最も貧しい...
動画メディア「Cut」が支持政党が違う若者3人を呼び、マリファナを吸って彼らにアメリカの「政治」の現状を語らせた。初めは民主党派と共和党派で揉めていたが、...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
ロサンゼルスで新たに始まったこのサービスは、スマホを使って質問に答えていくだけでOK。各議員のスピーチや態度、財政、貢献度などなど様々なデータを参照してア...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
ニキータ・クラストルゥプ氏(20)は保守党で活動するれっきとした「政治家」だ。過去に彼女が保守党のパーティに現れた際、その少し派手なファッションに世界中の...
AIがあなたの顔を勝手にスキャンして、政治的思想や心理状態、性的指向といった多くの個人情報を読みとってしまう。僕たちは、テクノロジーの発展に伴うリスクをど...
〈ブルーボトルコーヒー〉がホリデーギフトコレクションとして発売したツールボックスです。工具などで知られるプロツールブランド〈TRUSCO®〉とのコラボレー...
ウクライナにある少年刑務所の壁に描かれたのは、飛行機を操縦する男の子の巨大なイラスト。アーティストのMilloが描いた壁画には、「罪を償いながらも人生の可...
ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
世界を相手にビジネスで渡りあっていくためには、グローバルな人材でなければいけない。それには「5つのツール」が必要と説くのは、布留川勝さん。近著『パーソナル...
僕にとってキーツールは、すごく役立つものっていうよりも、賑やかしの要素が強い。キーホルダーと同じようなポジションだと思ってる。だけど、〈NITE IZE(...
クラウドファンディングサイトで話題となったペン型マルチツールの「mininch」。ペンに加えてプラス、マイナス、スクエアといったドライバービットを収納。男...
この状況、7歳の少年を誰も責めることはできません。プロ野球オーストラリアン・リーグの公式戦で、起きた珍事に世界中から少年へのエールが届いています。きっと、...
納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年。ある日、授業中に描いたラクガキがきっかけで学校を退学になってしまう。その後、15歳にして描きながら生計...
まだ10歳のとき、初めて目にした「iMac G5」に一目惚れした少年。おもちゃのミニバイクと家の除雪機とで、物々交換して手に入れた人生初のパソコン。それか...
2017年1月に任期を迎える米オバマ大統領。多忙な業務のなか、日々日課にしているワークアウト時に聴くSpotifyプレイリストが、アメリカ版「WIRED」...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。