「Twitter」のCEOが「政治的広告を禁止する」とツイート

アメリカ時間の10月30日、米Twitterのジャック・ドーシーCEOは自身の公式アカウントにて「Twitterでは政治的な広告をすべて廃止する」とツイート。同社は、11月15日までに新しいルールを公開、22日から実施する予定だ。

同氏の一連のツイートによると、「政治的な発言はお金を使って届けるものではない」ということを前提とした上で、それを広告として取り扱うこととなれば「ターゲティングされたユーザーに強制的に表示されることになる」と、投票行動にも影響を与える可能性のリスクを指摘。

ユーザーへのリーチ獲得のために、広告主との間で金銭が発生することに規制を設ける必要性を主張した。

先日は、米Facebookがファクトチェックなどユーザーへの情報操作をなくすためのガイドラインを刷新したばかり。

来年に大統領選挙を控えるアメリカをはじめとして、SNS上に出回るフェイクニュースなどによる情報操作についての対策が急務となっている。

Top image: © shutterstock/TarikVision
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事