「Twitter」のCEOが「政治的広告を禁止する」とツイート

アメリカ時間の10月30日、米Twitterのジャック・ドーシーCEOは自身の公式アカウントにて「Twitterでは政治的な広告をすべて廃止する」とツイート。同社は、11月15日までに新しいルールを公開、22日から実施する予定だ。

同氏の一連のツイートによると、「政治的な発言はお金を使って届けるものではない」ということを前提とした上で、それを広告として取り扱うこととなれば「ターゲティングされたユーザーに強制的に表示されることになる」と、投票行動にも影響を与える可能性のリスクを指摘。

ユーザーへのリーチ獲得のために、広告主との間で金銭が発生することに規制を設ける必要性を主張した。

先日は、米Facebookがファクトチェックなどユーザーへの情報操作をなくすためのガイドラインを刷新したばかり。

来年に大統領選挙を控えるアメリカをはじめとして、SNS上に出回るフェイクニュースなどによる情報操作についての対策が急務となっている。

Top image: © shutterstock/TarikVision
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
Twitterのツイートを額に入れてアート作品として販売する会社がある。売れ筋の作品は、Donaldo Trump氏やKanye West氏のウィットに富...
ことの発端は「イギリス田園生活博物館」の公式Twitterアカウントの「大英博物館さん、最高のカモを贈って!」というツイート。すると、次々と多くの美術館が...
「Emoji Weather Japan」は、絵文字を使って、毎日天気予報を更新しているTwitterアカウント。1日4回、「朝」「午後」「晩」「夜」でツ...
Google Chromeの拡張機能を使ってトランプ大統領のツイートを8歳児のクレヨン手書きフォントに変換してみたら……。
何時間使ってもサラサラで「臭くない・蒸れにくい・すぐ乾く」を標榜する「藍染めガーゼ」のマスクが新たに登場。今年で創業101年目を迎える久留米絣(かすり)の...
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
パンダのロゴでおなじみのWWF(World Wide for Nature:世界自然保護基金)のバルーンを使った4枚のプリント広告。どこの広告代理店が仕掛...
Twitterの拡散力はあなどれない、改めてそう思いました。
普段はライバルであるはずのNetflixとHulu。その両者のやりとりが、なんか素敵!
米「Twitter」は、1月初旬に世界最大の技術見本市「CES 2020」のイベントにて、嫌がらせ対策として、ツイートに返信できるアカウントを制限できる新...
福井市のアイウェアブランド「FACTORY900」が新型コロナウイルス感染症対策として開発したメガネ。ウイルスと最前線で闘う医療従事者に向けて開発されたもの。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
7月9日、トルコに暮らすEnesさんが「未来の子どもたちのために、国家の日として植樹の日を制定しませんか?」とツイート。そして、現大統領レジェップ・タイイ...
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
世界的なカードゲームの「UNO」。とある非公式ルールについて、公式ツイッターでこんなつぶやきをしました。
イギリス・ロンドンの学生たちによって結成されたチーム「The Tyre Collective」がタイヤ片を集められるガジェットを開発した。
「Samsung」のインキュベーションプログラムで生まれた窓型照明「SunnyFive」。朝日から夕日まで、太陽の全スペクトルが再現可能だとか。
オーストラリア出身のAlex Jacquot君は、10歳ですでに「Oceania Express」という名の航空会社設立の構想を練っているそう。いろいろ試...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
異質な広告会社「ConCreates」。スタッフは、刑務所に入ったことがある、もしくは現在入所中の人たちで構成されるという。PR動画には、「私たちがいうク...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
11月下旬、米「Twitter」はアクティブに使用されていない「休眠アカウント」を削除する方針を発表。しかし、すぐに「撤回」を表明した。
世界中のCEOのなかでトップクラスの評価を得ている、『LinkedIn』のJeff Weiner。どうしてこんなにも人望が集まるのか。「Inc.com」の...