Twitterで「音声ツイート」が可能に!録音時間は140秒!

Twitterに待望の新機能が追加!

iOS端末での「音声ツイート」が可能になったと、6月17日にTwitter社の公式ブログにて発表された。

1ツイート内で録音できるのは140秒間。文字では表せない微妙なニュアンスを、自分の声に乗せて発信することができるのだ。

また、思わず熱くなって時間内に収まらなくても、心配ご無用。自動的に新しいツイートを作成してくれるため、気兼ねなく語り尽くすことができる。

現在は一部ユーザーのみに展開されているが、数週間後には全iOSユーザーが使用できるようになるとか。

最新の情報をより早く、より対面でのコミュニケーションに近い格好で発信できるようになることが期待されている今回のアップデート。

昨今繰り広げられる“SNS覇権争い”の勝利へのカギとなるのだろうか?

今後の動向に注目だ。

© Twitter/Twitter
Top image: © iStock.com/Lightcome, iStock.com/fizkes
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ことの発端は「イギリス田園生活博物館」の公式Twitterアカウントの「大英博物館さん、最高のカモを贈って!」というツイート。すると、次々と多くの美術館が...
米「Twitter」は、1月初旬に世界最大の技術見本市「CES 2020」のイベントにて、嫌がらせ対策として、ツイートに返信できるアカウントを制限できる新...
Twitterが先日10日、記事を読んでからリツイートするようユーザーを促すテストをおこなっていることを発表。ユーザーが読んでない記事をリツイートしようと...
アメリカ時間の10月30日、米Twitterのジャック・ドーシーCEOは自身の公式アカウントにて「Twitterでは政治的な広告をすべて廃止する」とツイー...
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
Twitterのツイートを額に入れてアート作品として販売する会社がある。売れ筋の作品は、Donaldo Trump氏やKanye West氏のウィットに富...
Twitterの拡散力はあなどれない、改めてそう思いました。
「Emoji Weather Japan」は、絵文字を使って、毎日天気予報を更新しているTwitterアカウント。1日4回、「朝」「午後」「晩」「夜」でツ...
「Twitter」は先月、メディアが意図的に誤解を招いていると判断した場合に「Manipulated media(操作されたメディア)」というタグをつける...
今まで“ふぁぼ”という愛称で親しまれていた、Twitterのお気に入り機能。このアイコンが、星マークからハートマークに変わり、"お気に入り"から、"いいね...
米「Amazon」は、昨年同社が開催した人工知能(AI)をテーマにしたイベント「re:MARS 2019」において「StyleSnap」という技術を発表。...
Google Chromeの拡張機能を使ってトランプ大統領のツイートを8歳児のクレヨン手書きフォントに変換してみたら……。
11月下旬、米「Twitter」はアクティブに使用されていない「休眠アカウント」を削除する方針を発表。しかし、すぐに「撤回」を表明した。
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
教授の神対応によって、多くの人に笑いを届ける出来事となりました。
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
オランダを拠点に活動するデザイナーRoel Van Heurさんが自作したバランスバイクをご紹介。
1921年から「エスキモー・パイ」を販売する企業「Dreyer’s Grand Ice Cream」が、同商品の名称を変更すると発表した。
当たり前のように、「ググる=検索する」と認知されているこのご時世。文字を打ち込む一般的なものはもちろん、最近では、音声認識による検索もポピュラーなものにな...
普段はライバルであるはずのNetflixとHulu。その両者のやりとりが、なんか素敵!
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
来たる6月19日はアメリカの「奴隷解放記念日」。米「Twitter」と「Squre」のCEOジャック・ドーシーは、「ジューンティーンス」と呼ばれるこの日を...
「メルカリ」が、モノにまつわるストーリーを通じてモノの価値を伝えるべく「モノ×物語」をテーマにした短編小説を公式Twitterにて公開。
SNSをニュースソースとして扱う人々が増えるなか、「ロイタージャーナリズム研究所」の「Digital News Report 2020」では、2021年、...