Twitterが音声チャット機能「Spaces」を大規模リリース

昨年よりTwitterがテストをおこなっていた音声チャット機能「Spaces」が、5月4日に正式リリース。

現在、フォロワーを600人以上を持つユーザーであれば、誰でも「Spaces」をホストできるようになっているようだ。

「Spaces」は、音声SNS「Clubhouse」とほぼ同じようなサービス。

フォロワー600人以上という制限は、ライブチャットのホストとしていい経験を得られる可能性が高いことが理由で、今後はすべてのユーザーに解放するも考えられているという。

また「Spaces」は招待制でないので、誰でも始められるうえ、「Ticketed Spaces」というマネタイズ機能も追加される予定。

ホストは自分で決めた枚数や値段でチケットを販売可能で、Twitter社が少額の手数料を差し引いたうえで、ホストは利益を得ることが可能とのこと。

果たして「Clubhouse」との競合はどのようになるのだろうか……?

また「Space」をホスト中のアカウントは、Twitterのプロフィール写真が紫で縁取られるとのこと。

まだ試してないという方は、参加してみてはいかが?

Top image: © turkfotograf/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事