Facebookに「AIによって画像を音声説明する機能」が追加。目が見えない人でも、何の写真かわかる!

2016年4月5日、マーク・ザッカーバーグが自身のアカウントでその詳細を紹介しました。発表によると、人工知能(AI)がフィードに表示された画像を認識して、音声で説明してくれます。

以下、動画と本文を紹介します。

AIが画像を説明する!

We just launched a tool that uses artificial intelligence to help people who are blind experience photos on...

Mark Zuckerbergさんの投稿 2016年4月5日

私たちは、目が見えない人々のフォト体験をサポートする機能を追加しました。

彼らがインターネットを利用する際に使うのは、スクリーンリーダーなどと呼ばれているテキストを読み上げる機能です。が、これまではどんな画像かを説明できませんでした。

これはAIの素晴らしい活用例です。そして、あらゆる人が平等に情報へとアクセスし、会話を交わすための重要なステップです。動画で見てみて下さい。

動画には、アカウント名や投稿日時、本文のほか、画像の詳細を説明している実際の様子が見られます。そのほか、投稿に対して何人がコメントしていて、LikeやShareがどれだけ集まってるのかなども分かるため、よりコミュニケーションが円滑に行えるようになるかもしれません。

実際に視覚障がいのある人々からは、こんなコメントが。

このリリースに感謝します。すべてのちょっとしたサポートが、私たちを見えない世界へと繋げてくれます。感謝の気持ちでいっぱいです!

AIは基礎情報を教えてくれるもので、もちろん人の感性に代わるものではありません。私も目が見えませんが、もしそれが赤ちゃんを抱える母親の画像だと認識できたら、「おめでとう」というコメントを残せます。画像の中の文字も読んでくれたらいいですね。

Reference:Facebook
9月5日、Facebookは恋人探しができる機能「Facebook Dating」をアメリカで提供開始と発表。
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
Facebookが“人々が互いを気遣う気持ちを共有する手段”として「Careボタン」の導入を発表。Facebookアプリではハートをハグするような形、Me...
AIがイスを設計しました。裏ではデザイナーのフィリップ・スタルク、ソフトウェア開発企業のオートデスク、インテリアブランドのカルテルがサポートをしています。
「ロエベ(LOEWE)」から初となる「ホームセンツコレクション」が登場。アロマキャンドル、ルームスプレー、ディフューザーなどがラインナップされているのだが...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
11月5日、Facebookが新しい企業ロゴを発表した。
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
デスメタルの曲をノンストップで配信するYouTubeチャンネル。これ、DADABOTSというアーティストによるもの……とされていますが、その正体はAI(人...
「Off-White(オフホワイト)」のアクティブウェアが人気必至!ジムやスポーツ用はもちろん、普段着使いしたいトレーナーやパーカーも!
写真をアップロードするだけで10種類のタッチのオリジナル肖像画が作れるサービス「AI画伯」が海外で話題!
AIがあなたの顔を勝手にスキャンして、政治的思想や心理状態、性的指向といった多くの個人情報を読みとってしまう。僕たちは、テクノロジーの発展に伴うリスクをど...
身の品質を示すあらゆるデータが詰まったマグロの尾の断面。大量の断面画像データと熟練の目利き職人による品質判定データのディープラーニングにより、職人と90%...
バレンシアガの洋服のデータを取り込んだAIが、それらの要素分解をして、いくつかの特徴を捉えて新しい洋服を再構成しました。
AIの進化によって、数多くの職業が失われるという説があります。今でもすでに、機械化によって職を追われる人々が出てきている状況です。しかし「Inc.com」...
価値のある上質なライフスタイルを提案する「Goldwin」より、寒暖差の激しくなる秋の街に適した、高機能素材を使ったコート&ジャケットが発売された。
昨年、話題を巻き起こした「性いっぱい展」の第2弾「もっと♡性いっぱい展」が、東京・池袋の「サンシャイン水族館」で11月5日(木)まで開催中だ。
スウェーデンで誕生した、AIが搭載されたソフトウェア「Memory Lane」。話し相手がいなくて寂しい思いをしているお年寄りの話を聞いてくれるというもの...
ロボットアーティスト「Ai-Da」は、ちゃんと体が存在するヒューマノイドロボット。目に当たる部分に仕込まれたカメラが対象物を捉え、それを描くことが可能。目...
Facebookの広報担当者は8月2日に「製品やサービスがFacebookの一部であることをより明確にしたい」と声明を発表。傘下にある2つのアプリ、Ins...
人工知能(AI)の実用化は、ヒトから機械までつながるIoT(Internet of Things)から、自動運転機能、さらにはセックス用ロボットに至るまで...
FacebookなどのSNSが私たちにもたらす影響については、賛否両論があると思います。「mindbodygreen」のこの記事を書いたKelli Win...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...