【2つの選択があった!】死んだら「Facebookのアカウント」はどうなるの?

私たちが普段、何気なく使っているFacebook。写真、生い立ち、仕事や交際などの近況や、ふとしたつぶやき・・・私たちは実に様々なことをFacebook上でシェアしている。もはや自分のタイムラインは、インターネット上の自分の分身と言っても過言ではないかもしれない。

でも、考えてみたことはあるだろうか。「もし自分が死んだら、Facebookのアカウントはどうなるの?」と。

実は、愛する人が亡くなった時、残された人が故人のFacebookアカウントの今後について選べる選択肢は2つ、あるらしい。イギリスの有力紙The Guardianが紹介している。

選択肢1 アカウントを消去する
選択肢2 故人のアカウントをメモリアル(記念・追悼)ページとして残す

■アカウントを消去する場合

5ef19a4dabc3da8f2ff2e8aec4089e077b4523f3

これまで投稿された写真やコメントなど、すべてのコンテンツが消えてしまう。その前にコンテンツを保存したいとリクエストした場合は、Facebookによると、プライバシー保護の観点から、裁判所も関わる法的な手続きが必要になるのだとか。

■故人のアカウントをメモリアルページとして残す場合

・故人のページにはログインできない
・すでにあるコンテンツを変更・削除することはできない
・誕生日リマインダーや検索など、公の場には表示されない
・もともと友人として故人に承認されていた人のみアクセスできる

などいくつかの制限はあるものの、生前に公開されていた写真やコメントなどはすべて残される。さらに、友人たちは故人のページに追悼コメントや思い出の写真などを投稿することができるという。

故人のアカウントをメモリアルページとして残すためには、Facebook上のリクエスト・フォームから故人の名前や亡くなった日、亡くなったことを証明する書類のリンクなどを添えて申請する必要がある。

しかし一部では、申請をしたのに全く返事が来ず、6ヶ月以上待っているという声も。高齢層にもFacebookが普及したこともあって、あるインターネット・セキュリティ会社の試算では、年間およそ300万人(一週間で6万人!)以上ものFacebookユーザーが亡くなるとされている。Facebook側も対応に追われることになりそうだ・・・。

Facebookのように、残された人たちに対するサービスを提示しているウェブ・サービスはまだ珍しい。私たちは他にも、TwitterやInstagramなどのSNS、GmailやSkypeなどのコミュニケーション・ツール、AmazonやeBayなどのショッピング・サービスと、ユーザー名とパスワードを入力しないと使用できないサービスを沢山利用している。そして多くの場合、私たちはパスワードを”書き残さないように”している。

でも、ある日突然、自分がいなくなってしまったら・・・?

専門家は、残された人たちが困らないように、前もってユーザー名とパスワード、そしてそれぞれのアカウントにどう対処してほしいか、を書いたリストを準備しておくことをすすめている。情報化時代ならではの遺言書、一度考えてみてもよいかもしれない。

FacebookなどのSNSが私たちにもたらす影響については、賛否両論があると思います。「mindbodygreen」のこの記事を書いたKelli Win...
2004年2月4日創業。今やSNSの代名詞とも言えるFacebookは、この12年間で世界を変えたと言っても過言ではありません。国境を越えた友情を演出し、...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
最近知り合った人とSNSで繋がったら、共通の知人がいてビックリ!そんなふうに思ったことはありませんか?とてつもない偶然のようですが、じつは結構な確率で起こ...
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
もうお気づきの人も多いでしょう。1月14日、フェイスブックの「いいね!」ボタンが進化しました。え、まだ知らない?試しにボタンを長押ししてみて!フェイスブッ...
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
2016年4月5日、マーク・ザッカーバーグが自身のアカウントでその詳細を紹介しました。発表によると、人工知能(AI)がフィードに表示された画像を認識して、...
2015年10月8日、Facebook社のマーク・ザッカーバーグCEOが「Like」ボタンの感情表現をより多彩にする新しいボタンを発表した。Like(イイ...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
たった1週間、Facebookの利用を中止しただけで、日々の生活が満ち足りて幸せになれる。ある研究結果が示した事実によれば、ソーシャルメディア全般に共通す...
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
Facebookが、自殺防止のための新機能を追加することを発表した。自殺の可能性を感じるような投稿を発見したり、他の人からレポートがあった際には、メンタル...
ところ構わず、SNSで恋人とのラブラブ度合いをアピールする人たちに向けた「Higher Perspective」の記事をご紹介。本当に絆の強いカップルは、...
仕事で息抜きしたいとき。近くのスーパーで買って(扱っているコンビニが少ないので)、飲みながらオフィスに戻るのが至福です。
従来の対策は1980年に書かれた論文の内容をもとにしたもので、信頼性は高くないらしい。パスワードの変更も、良くないどころかむしろやめた方がイイとのこと。ハ...
Facebook内でよく動画を見ますか?今では1日になんと80億回も動画が再生されており、急成長しているとFacebook社は伝えています。しかし、この発...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...
2015年10月5日、Facebook社のマーク・ザッカーバーグCEOは「全世界を繋ぐ」との言葉と共に人工衛星「AMOS-6」の打ち上げをアナウンスした。...
「いいね」がたくさんついたり、コメントがついたり。SNS映えする写真を追求するたびに、リアクション数が増えていったら、嬉しい気持ちになるのもわかります。け...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
SNSに1時間ほどでも滞在すると、睡眠の量や質には大きな影響が出る。スマートフォンなどの発するブルーライトもさることながら、24時間絶え間なく更新されるニ...