228億円相当が入ったアカウントのパスワードを紛失した件

ショッピングサイト、SNS、カード発行......様々な場面でパスワード設定を求められる現代だが、大切なパスワードを忘れてしまってログインできなくなってしまったなんて人も少なくないのではないだろうか。

サンフランシスコに住むプログラマーStefan Thomas氏もその一人。

だが彼の場合、忘れてしまったのは、絶対に覚えておかなければならない仮想通貨「Bitcoin」のパスワード。そのせいで、約2億2000万ドル(約228億円)相当のビットコインが入ったアカウントから閉め出されてしまっている。

Thomas氏は数年前にアカウントのパスワードが書かれた紙を紛失してしまい、10回まで試すことのできるログインのうち8回トライしたが、すべて外れ。残り2回のチャンスを逃すとアカウントは永遠に凍結され、2度とお金を引き出すことができなくなってしまうそう。ちなみに、ビットコインではパスワードのリセットができない。とにかく思い出すしか手段はない。

暗号通貨データ会社「Chainalysis」によると、約1400億ドル相当にあたる全体の約20%のビットコインが紛失またはアカウントに取り残されているとのこと。紛失したパスワードの発見を支援する「Wallet Recovery Services」社には、1日に70件ものリクエストがあるという。

推測されやすいパスワードは論外だけど、難解すぎる文字列を設定するのも考えもの。パスワードの管理方法についても今一度考え直したいところだ。

Top image: © iStock.com/GeorgePeters
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「NordPass」が「2020年にもっともよく使われたパスワードランキング」を発表した。上位には数字の羅列がランクインしたが、なかにはユニークなものも....
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
従来の対策は1980年に書かれた論文の内容をもとにしたもので、信頼性は高くないらしい。パスワードの変更も、良くないどころかむしろやめた方がイイとのこと。ハ...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
マレーシアのマラッカ市に、リンギットの利用を廃止する都市が誕生します。代わりとなるのが仮想通貨「DMI」です。
「Words of Heart」は、パスワードが一緒という斬新な条件を採用しているデートサイトです。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...