228億円相当が入ったアカウントのパスワードを紛失した件

ショッピングサイト、SNS、カード発行......様々な場面でパスワード設定を求められる現代だが、大切なパスワードを忘れてしまってログインできなくなってしまったなんて人も少なくないのではないだろうか。

サンフランシスコに住むプログラマーStefan Thomas氏もその一人。

だが彼の場合、忘れてしまったのは、絶対に覚えておかなければならない仮想通貨「Bitcoin」のパスワード。そのせいで、約2億2000万ドル(約228億円)相当のビットコインが入ったアカウントから閉め出されてしまっている。

Thomas氏は数年前にアカウントのパスワードが書かれた紙を紛失してしまい、10回まで試すことのできるログインのうち8回トライしたが、すべて外れ。残り2回のチャンスを逃すとアカウントは永遠に凍結され、2度とお金を引き出すことができなくなってしまうそう。ちなみに、ビットコインではパスワードのリセットができない。とにかく思い出すしか手段はない。

暗号通貨データ会社「Chainalysis」によると、約1400億ドル相当にあたる全体の約20%のビットコインが紛失またはアカウントに取り残されているとのこと。紛失したパスワードの発見を支援する「Wallet Recovery Services」社には、1日に70件ものリクエストがあるという。

推測されやすいパスワードは論外だけど、難解すぎる文字列を設定するのも考えもの。パスワードの管理方法についても今一度考え直したいところだ。

Top image: © iStock.com/GeorgePeters
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「NordPass」が「2020年にもっともよく使われたパスワードランキング」を発表した。上位には数字の羅列がランクインしたが、なかにはユニークなものも....
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
増加するサイバー犯罪の対策に向けて、今一度自分のパスワードを確認してもらいたいという思いが込められた、スウェーデンのインターネットセキュリティ組織「SSF...
米電気自動車メーカー「テスラ」が、同社の自動車を購入する際に、ビットコインで決済することが可能になったと発表。現在は米国内のみに限られているが、今年後半ま...
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
従来の対策は1980年に書かれた論文の内容をもとにしたもので、信頼性は高くないらしい。パスワードの変更も、良くないどころかむしろやめた方がイイとのこと。ハ...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
マレーシアのマラッカ市に、リンギットの利用を廃止する都市が誕生します。代わりとなるのが仮想通貨「DMI」です。
「Words of Heart」は、パスワードが一緒という斬新な条件を採用しているデートサイトです。
たった一つのパスワードから、人生がここまで変わるとは・・・彼のストーリーが、世界中で話題になった。※この記事は長文(5分ほど)ですが、あなたの人生を変える...
「アディダス ジャパン株式会社」と「オールバーズ合同会社」が、コラボレーションによるランニングフットウェア「FUTURECRAFT.FOOTPRINT」を発表。
米ヒューストンにあるジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港がアップグレードされました。投じた費用は、約200億円!例えばターミナルEでは、新たに4...
『アリババ』は、11月11日の独身の日に、約2135億元相当の購入があったと公式サイトで発表しています。日本円にすると約3兆4700億円です。
アメリカ国防総省からは約11億円の投資を受けているそうですよ。
私たちが普段、何気なく使っているFacebook。写真、生い立ち、仕事や交際などの近況や、ふとしたつぶやき・・・私たちは実に様々なことをFacebook上...
パスワードの入力って地味だけど大変。スマホをポケットから出すたびに解除操作をしていると、一体1日に何回やってるんだろうと考える。さらに登録しているサイトの...
今回は「Licue&Sneakers」。水洗い+手洗いで、大事なスニーカーを蘇らせてくれるコインランドリーが渋谷PARCOにあるって知ってた?
オーストラリアが国を挙げて、人々の寄付を募っている。新しく鋳造された1ドルコインは「Donation Dollar」と名付けられ、政府が慈善寄付を促進している。
乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能に...
“裸の慈善家”ことKaylen Wardさんは、オーストラリア森林火災に対して10ドル以上の寄付をした人に、自身のヌードを送るキャンペーンを始めたことで、...
仮想通貨を稼ぐ(マイニング)際にコンピューターから出る熱を利用して、部屋を暖めるヒーターがパリに登場しました。すでに市内6つのビルに設置されており、スマホ...
「Unnecessary Inventions」というInstagramアカウントの紹介。名前の通り、不必要な発明品……あっても使わないだろうモノがフィー...
「オンリー・ミー」なInstagramアカウントを紹介します
コインを投げれば、願いが叶うー。世界には、そんな伝説が伝わる場所がいくつかあります。最も有名な観光地のひとつといえば、イタリアにある「トレビの泉」。映画『...
落とし物が戻ってきただけでなく、中に入っていたお金が増えたという珍しい話がアメリカで話題に。しかも、親切なことに心がこもった手紙つき。
職業も生き方もまったく異なるけれど、「今と未来を真剣に考えている」という3人の男を集め、とにかく片っ端から気になることを話してもらおうという今回の企画。
2025年度には、世界の昆虫食市場が約1000億円となる見込みとリサーチプラットフォーム「MDB Digital Search」が推計。
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
アメリカのクラウドファンディングで一億円以上の資金調達に成功した次世代スーツケース「KABUTO」が、満を持して日本上陸。
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...