え、悪口?「お前のパスワードはクソだ!」が街の広告に

道行く人の視線を離さないであろう、「Your password is shit.(お前のパスワードはクソだ)」と書かれた広告。

じつはこの広告、増加するサイバー犯罪の対策に向けて、今一度自分のパスワードを確認してもらいたいという思いが込められた、スウェーデンのインターネットセキュリティ組織「SSF」が実施しているキャンペーンの一環。

冒頭で紹介した「お前のパスワードはクソだ」は直訳にあたるが、これは「あなたのパスワードは“shit”です」と捉えることもできる。広告を通して「あなたのパスワードは大丈夫?」と呼びかけているのだ。

近年のサイバー犯罪では、個人を標的とした、パスワードが不正に利用される事例が多く起きている。その際、安易なパスワードはかなり簡単に解かれることが多い。スウェーデン国内においては、「shit」「fucking」といった言葉がパスワードとして多く使われているようだ。

インターネットを利用した生活が当たり前になった現代で、今一度、不正アクセスされやすいパスワードを見直し、自分の身の安全をしっかり守る必要があるのかもしれない。

ただ、複雑なパスワードを設定する際にはご注意を

大事なアカウントにアクセスができないという事態に陥ってしまい、途方に暮れている人もいるようなので......。

Top image: © 2021 Åkestam Holst
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事