実際に手を洗える!?スウェーデンの雑誌に挟まれた「体験型広告」が話題に

新型コロナウイルスを含めた感染症対策の鍵となっている「マスクの着用」「手洗い」

外出のたびにマスクを着用しているという方でも、手洗いはタイミングをはかるのが難しく、効果的におこなえているか不安だという方も多いだろう。

そんななか、スウェーデンの広告会社「Le Bureau」が非常にユニークな体験型広告を製作した。

なんと、雑誌に石鹸で作られたページを挟むことで、実際にそのページを使用して手洗いができるというのだ。

© Medpeople/YouTube

同社の調査によると、じつに97%の人たちが間違った方法で手を洗っているらしい。

特殊な紙で作られているこのページは、石鹸を用いて作成され、水に触れると溶ける性質を持っている。また紙には、正しい手洗い方法が印刷されているので、多くの人々が効果的な手洗いができるようになると期待されているようだ。

日本ではまだ見かけたことがない“体験可能なページ”。このようなカタチの広告が増えていけば、雑誌や新聞の広告ページを見るのも楽しくなるかもしれない。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事