「有名人に悪口を言いたい放題」のエンタメ――ベンのトピックス

ベンのトピックスにおかえりなさい!

イギリスは、ローストビーフとローストチキンの国です。我が家(実家のほうね)には立派なオーブンがあるから、ロースティングは日常的な調理方法です。そして、イギリスではローストするのは肉や野菜ですが、アメリカでは人間をローストするのも人気があるんです。本当です。

これはひとつのアメリカ文化ですよ!

カニバリズムの話ではありません!

立派なアメリカ文化といえる“コメディ・ロースト”の話です。

コメディ・ローストは1949年頃にアメリカのニューヨークフライアズクラブで生まれたとされています。システムはシンプルです。著名人のゲストをステージにあげて、コメディアンたちがそのゲストにディスや冗談を投げかけます。ショーのひとつですね。

文字だけで見ると、ただのイジメみたいです。なぜこんなものがエンタテインメントになるのでしょう?

ローストされるゲスト(ロースティーと呼ばれます)は、偉業を成し遂げたようなすごい人です。これが前提条件です。そして参加する人(ロースターズ)たちは、みんながそれを事実として認めています。その上で、ディスをします。ポジティブなイメージの人のネガティブな部分をフォーカスことで、そのギャップが笑いになるんですね。もちろん、ロースティーは悪口を言われることに慣れていて、ネガティブをはねのける強さを持っています。そして、ロースティー自身もショーの間は、苦笑いをしています。

70年代からはテレビでもコメディ・ローストがスタートしています

70年代からはコメディ・ローストは、テレビでも観られるようになりました。

テレビに登場したロースティーは大物揃いです。モハメド・アリのようなアスリートやロナルド・レーガンみたいな政治家(大統領になる前ですね)など。モハメド・アリをディスしても、オール・タイム・ベスト・ボクサーが彼であることは誰も否定できません。だからこそ、ディスすることがエンターテインメントになるわけです。

さて、なかでもアメリカのケーブルテレビ局、コメディ・セントラルは、現在のローストフォーマットを作りました。彼らは約1時間をかけて“ロースト”します。いろんなロースターズが出てきて、順番にロースティーに向かって言いたい放題です。そして、プログラムの最後には、ロースティー本人がリベンジする時間もあります。

ベンがリアルタイムで覚えているところでは、ジャスティン・ビーバーなんかはいいロースティーでした。正真正銘のポップスターです。そして、ポップスターはいつの時代も、人々の間で好き嫌いが分かれるものだから、たくさんのオーディエンスの感心を集めました。

2011年、一番印象的だったロースティーは……

だけど、近年、もっとも印象的なロースティーは、ドナルド・J・トランプです。

2011年の最大のロースティーだった当時の彼は、成功した(本当にそうかどうかは?ですが……)ビジネスマンで、リアリティ・ショーにおけるスターでもありました。

ふん、みんなトランプに言いたい放題ですね。オレンジみたいな顔とか、お金が本当にあるのかとか、若いだけで頭が空っぽ奥さんとか、冷たいパパだとか……トランプはギリギリ我慢しています。

繰り返しになりますが、これは2011年のことです。僕はトランプのことをあまり知らなかったので「マジでこの人はバカみたいだな」と思ってました(ごめんなさい、今でも!)。まさか、そのトランプがアメリカの大統領になるなんて……僕だけでなく、誰も予測していなかったはずです。

このコメディ・ローストのアメリカ文化は、とてもユニークで興味深いと思います。日本では馴染まない?そうでしょうか。じつは都内でも「東京ローストバトル」なんてイベントも開催されていたりするんですよ。英語だけどね。日本語だとどうでしょう?日本でも流行しないですかね?

Top image: © Naomi Nemoto
世田谷在住のイギリス人・ベンのトピックス読んで!
ドナルド・トランプとボリス・ジョンソンのSNS施策は、信じられないようなことをやっています。
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
日本人にはドナルド・トランプの魅力が理解しがたいという話を何人かの友人から聞きました(信じてほしいのですが、イギリス人だって同じです)。彼の派手で荒々しい...
コラムニストのベンです!今回は「アンフルエンサー」ということについて紹介します。
外出自粛の運動不足を解消!自宅で1日3分で出来る「お腹痩せトレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeな...
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...
みなさん、ベンのトピックスにお帰りなさい!今日はベンの告白の日です。イギリス人のイメージと言えば紅茶ですよね。綺麗な庭での優雅なアフタヌーンティー、真冬の...
「フロリダ・マン(フロリダ州の男)が……」で始まるニュースのヘッドラインは、日本ではありえないようなおかしい内容のことが多いです。今回はそれについて紹介します。
ベンは外国人なんですよ。ロンドンで生まれで、身長193㎝、金髪です。見た目的には“外国人っぽい”外国人です。
コラムニストのベンです! ミレニアル世代は、インフルエンサー世代でもありますよね。今回はママグラマーのお話をします。
「NPO法人ミュージックフェスティバル協会」の呼びかけではじまったクラウドファンディング「フェス救済ファンド2020春」。音楽好きたちの支援の輪が広がっている。
アメリカのエアロバイクブランド「Peloton」のCMが炎上した理由を紹介します。
10月の「楽天ファッション・ウィーク東京」を結構楽しんで、考えたことを書きます。
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい! 今日のトピックは、日本メディアですでに話題になっているけど、この記事で違う視点で紹介したいっていう内容……...
今回は3月16日にオープンしたばかりの「Banh mi Tokyo」。バインミー専門店のこちらのお店のパンは米粉100%を使ったグルテンフリー!化学調味料...
スポーツやレジャー、アウトドアなどさまざまなアクティビティで使われるアクションカメラに注目のギア「Gogloo E9シリーズ」が登場。応援購入サービス「M...
なんで若者はみんなSelf-Help本(自己啓発本)やビジネス本みたいなダサい本を読んでるのでしょう?紀伊国屋でもブックオフでも、上島珈琲のテーブルでもそ...
アメリカでオルタナティブなビタミンDを摂取する方法を紹介します。「Butthole Sunning」です!
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!僕は一度だけミス・コンテストを見たことがありますが、コンテンストについて正直よくわかりません。女性を外見だけで...
僕が以前から気になっているのは「外専」という言葉です。知ってますか?これは「外国人専門」の略語です。はっきり言って、この言葉は嫌いです。
みなさん、ベンのトピックスですよ!今回のトピックは、いま世界中のシングルさんの日常生活に普通にあるものについてです。ということで、テーマは「マッチングアプ...
今回のベンはちょっとパンクです。ヤバい(ぐらいおもしろい)ミュージックビデオを紹介します。キム・ゴードンの『Air BnB』です。