ストリートアートも「デジタル化」の流れ

ビットコインを使えば、個人間での送金がラクになる。仮想通貨に詳しくない人でも、一度は耳にしたことがあるかもしれない。

この仲介者をとおす必要がないビットコインの特徴を利用して、フランスを中心に活動するPBOYさんは、ストリートアートを「デジタル化」させている

誰も思いつかなかった
「QRコード」の使い方

道端でバイオリンを弾いている人やダンスを披露している人へのチップはカンタンに渡せる。バイオリンケースやバケットハットにお金を入れるだけでいい。

では、ストリートアートはどうだろうか?

壁に描いているときにタイミングよくアーティストに出会えたとしても、そのときにアートの全体像は見えない。完成していたとしても、その場に張本人がいつもいるわけではないから、自分の心が動いたとしても寄付が難しい。

こうした悩みを抱えたファンとコミュニケーションを取りつづけるうちに、PBOYさんは何かをしたいと思ったという。

そこで「ビットコインのQRコード」を作品に入れる方法を閃いた。

PBOYさんは「本業であるアートを一時的にストップして、仮想通貨の勉強をしたかいがあった」とも語ってくれた。

通りかかった人がスマホをかざして寄付ができるようになったおかげで、すでに約11万円(0.11 btc)が集まっているようだ。

PBOYさんのアイデアは、多くのアーティストの生活を変えるかもしれない。

Licensed material used with permission by PBOY(HP), (Instagram), (Twitter)
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
運動がなかなか続かない?そんな人にこそコレ!自宅で1日3分で出来る「二の腕痩せトレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSN...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
ストリートカルチャーの4大要素としても知られるグラフィティアートに特化した美術館「Museum of Graffiti」がフロリダ州マイアミに誕生!
マレーシアのマラッカ市に、リンギットの利用を廃止する都市が誕生します。代わりとなるのが仮想通貨「DMI」です。
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader & Fri...
先月28日(土)より、「アップリンク」が運営するオンライン映画館「アップリンク・クラウド」にて緊急企画がスタート。
アメリカのニューヨーク歴史協会から始まった、Twitter上で花束を贈り合う「#MuseumBouquet」の紹介。
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
渋谷センター街の路上にて「ストリートサッカー」が初開催!小さなスペースでできる手軽さから渋谷の新たなカルチャーになることが期待されている。
SNSにアップする過激な画像や文章が話題となり、10代を中心に絶大な支持を受ける「BLACK BRAIN Clothing」(BBC)のディレクター・iL...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
多くの人の帰る場所だった廃墟マンション「Burnham Beeches」。Roneというオーストラリアのストリートアーティストは、人の温かさを失ったマンシ...