一生に一度の卒業旅行なら訪れるべき。街全体がアート作品なHawaiiのダウンタウン

「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」

思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、それもアリだけど、手つかずの新しいアートに出会いたいなら、オアフ島の「カカアコ」がオススメだ。

スケール感がハンパじゃない

倉庫の壁一杯に描かれている絵は、グラフィティアートだ。グラフィティとは、元々、「落書き」の意味。でも、ここカカアコのレベルは、もはや芸術。そのスケール感と完成度はパンパじゃない。それは、ローカルや海外のストリート・アーティストたちが競うように描いた結果なのだとか。

街全体がアート作品

再開発が進むこのエリアでは、数年前から色鮮やかなウォールアートが街中に描かれ話題となってきた。さながら街全体がアート作品、ワイキキを訪れるたびにこのエリアに足を運ぶことで、新たな作品との遭遇が待っているはず。つまり、カカアコを一度で満足してはいけないっていうこと。

ライブ感たっぷりのアート鑑賞

もはや、カカアコの壁面に描くことは、若手アーティストのステータスの1つにもなっているのだとか。タイミングが合えば、ペインティングをしている姿を生で見られるかも知れない。ストリートを歩きながらインスパイアされる。そんなライブ感たっぷりのアート鑑賞は、いかがだろう?

Licensed material used with permission by y.m619, mihotanaka_214, 80taichi, bienvenue_88, yumeyokomizo.2
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
Twitterのツイートを額に入れてアート作品として販売する会社がある。売れ筋の作品は、Donaldo Trump氏やKanye West氏のウィットに富...
QOLとは実は医療の現場で使われ始めた言葉。この記事では、QOLの意味や高めるためのヒントをご紹介。
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
感染予防にはモノと手の衛生を「長時間持続」させることが重要。そこでおすすめは、48時間効果が持続する「手」の抗菌化が可能なハンドフォーム「EZ BARRI...
次世代シューズ「ACBC」は特許取得済みの技術により、ひとつのソールに複数のアッパーが付け替え可能。ジッパーで合体させるだけのラクラク設計。
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
Denver Art Museum(デンバー美術館)で現在展示されているJonathan Saizさんのアート作品が話題。1万もの小さな絵から成るこの作品...
戦後から古美術・日本画・版画など約150の専門店が集まるアート密集地、日本橋&京橋。「東京アートアンティーク」は、普段は訪れる機会の少ない老舗の古美術店や...
オランダで9月16日まで開催されているアートイベント「Into Nature」。そこには、ただ見るだけではなく泊まって楽しめるインスタレーション「Esca...
大田区京浜島で開催される「鉄工島フェス」。今年で3年目を迎えたアートと音楽の祭典は、いかにして誕生したのかに迫ります。
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...