一生に一度の卒業旅行なら訪れるべき。街全体がアート作品なHawaiiのダウンタウン

「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」

思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、それもアリだけど、手つかずの新しいアートに出会いたいなら、オアフ島の「カカアコ」がオススメだ。

スケール感がハンパじゃない

倉庫の壁一杯に描かれている絵は、グラフィティアートだ。グラフィティとは、元々、「落書き」の意味。でも、ここカカアコのレベルは、もはや芸術。そのスケール感と完成度はパンパじゃない。それは、ローカルや海外のストリート・アーティストたちが競うように描いた結果なのだとか。

街全体がアート作品

再開発が進むこのエリアでは、数年前から色鮮やかなウォールアートが街中に描かれ話題となってきた。さながら街全体がアート作品、ワイキキを訪れるたびにこのエリアに足を運ぶことで、新たな作品との遭遇が待っているはず。つまり、カカアコを一度で満足してはいけないっていうこと。

ライブ感たっぷりのアート鑑賞

もはや、カカアコの壁面に描くことは、若手アーティストのステータスの1つにもなっているのだとか。タイミングが合えば、ペインティングをしている姿を生で見られるかも知れない。ストリートを歩きながらインスパイアされる。そんなライブ感たっぷりのアート鑑賞は、いかがだろう?

Licensed material used with permission by y.m619, mihotanaka_214, 80taichi, bienvenue_88, yumeyokomizo.2
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...