大阪・浪速区を「ブルックリン」のような街にするアートホテル

76あるすべての客室を「キャンバス」に見立てる。そこに、総勢100名のアーティストが、さまざまなアートを描いた。テーマは「You Only Live Once(人生は一度きり)」。

2019年9月28日、大阪・浪速区にオープンする「YOLO HOTEL -THE MUSEUM-」(以下YOLO HOTEL MUSEUM)は、“まるで美術館のようなホテル”なのだという。

テーマである「You Only Live Once」は、「YOLO」の名前の起源になった標語。日本にはアニメやイラストなど、独自に発展した多くのアートがあり、それらの作品は多くの外国人の心を魅了している。今回は、そんなチカラのある総勢100名の日本人アーティストが参加し、このテーマに沿って思い思いにホテル内を彩った。

ちなみに、ホテルがオープンする新今宮エリアは、かつての労働市場を支えた街。しかし、労働者の高齢化などによる空洞化が問題になっていた。それから数十年の時を経て、今、街には多くの外国人が暮らすように。

この流れを踏まえ、YOLO HOTEL MUSEUMは、地域を「多国籍の人々が暮らすニューヨーク・ブルックリンのように、アートと文化が発信される街」として生まれ変わらせること目指してオープンする。

アートの風が吹き込むことで、なんだか街は明るくなりそうだ。それにしても、100名のアーティストたちは、一体どんなふうに「人生は一度きり」を表現したのだろう?  気になって夜も眠れない。

©2019 株式会社YOLO JAPAN
©2019 株式会社YOLO JAPAN
©2019 株式会社YOLO JAPAN
Top image: © 2019 株式会社YOLO JAPAN
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「THE SHARE HOTELS」は、3月31日、東京・浅草にアートストレージを併設したホテル「KAIKA TOKYO -THE SHARE HOTEL...
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。