「旅好き」向けの新しい「アートホテル」が別府に!

今月18日(金)、日本有数の温泉地として知られる大分県別府市に、新たなアートホテル「GALLERIA MIDOBARU(ガレリア御堂原)」がオープンした。

手がけたのは、開業約120年になる老舗「関屋旅館」を運営する企業「株式会社関屋リゾート」。“体験価値を高めるサイトスペシフィックなホテル”をコンセプトに、土地の文化に関心があり、普段から旅に慣れ親しんでいる旅行者をメインターゲットとした宿になっているそうだ。

©関屋リゾート

別府の地質や断層をイメージした外観デザインや雄大な別府湾を一望できるロビーテラスといった、地元が誇る自然のエッセンスをふんだんに盛り込んだ建築空間

館内随所に展示された、大巻伸嗣氏や鈴木ヒラク氏ら著名アーティストによる別府がテーマの作品たち。そして、全客室に併設された天然温泉の露天風呂……。

ランチ及びカフェタイムは、宿泊客以外の利用も可能とのこと。

この土地の魅力を多角的に体感できるGALLERIA MIDOBARUは、今後、別府へ訪れる際には要チェックのスポットといえるだろう。

©関屋リゾート
©関屋リゾート
©関屋リゾート

『GALLERIA MIDOBARU』

【住所】大分県別府市堀田5組
【電話番号】0977-85-8841
【ウェブサイト】https://beppu-galleria-midobaru.jp

Top image: © 関屋リゾート
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事