365日間プチプチできるカレンダー

商品の梱包などによく利用される気泡緩衝材。不要になったものは、空気が入っている部分を潰して、プチプチと音を立てて遊んでしまう人、少なくないはずです。ストレス発散になるという人もいるでしょう。

で、この“プチプチ”を潰すことが好きでたまらないのは、どうやら日本人だけではないよう。それを証明するのが、「Bubble Calendar(バブルカレンダー)」。

365日分のプチプチがついているカレンダーで、日めくりの代わりに毎日プチプチを潰していくというもの。サイズは122cm×39cm。シールで色を変えられるので、予定がある日付に貼って心待ちにすることもできます。

値段は24.95ドル。2019年度版はAmazonで購入することができるので、毎日プチプチしたいっていう人には打ってつけですね。

ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
10年先まで使用することができるカレンダー「Decade Planner」。2028年まで使えるから、日々の予定だけじゃなく、先々の長期の計画や10年後に...
本来日めくりカレンダーは「日付を確認する」ためのもの。でもこのカレンダーの目的は「二人のコミュニケーション」。
気仙沼の漁師に焦点をあてた「漁師カレンダー」を紹介。冬の海で淡々と作業をする海の男たちはカッコいい。でもそれだけじゃなくて、そんな海の男たちからエールをも...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
もしかしたら、一部のコアなファンにはお待ちかね。毎年話題のイケメン消防士カレンダーの2018年版が、早くも登場しました。オーストラリアで毎年発売されている...
ここ、実はニューヨークで注目されている“農場”なんです。
ボクサーやクレイン選手など18人のアスリートたちのヌードを撮影した『Sports Calendar』という手帳タイプのチャリティーカレンダー。若いスポーツ...
毎日めくるのが楽しい「日めくりカレンダー」。でも、よく考えてみると似たような内容が続いているものが多いですよね。毎日が特別で違う日なはずなのに、そんなのお...
はっきり言って、日付を知るだけならPCやスマホで事足ります。当然、このカレンダーに求められるのは、オブジェ的な役割。そういう意味でパーフェクトだと思います。
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
なかなかにインパクトのある、一人の男性。彼の名はマイク・ウルフ。周囲の人と比較して圧倒的に濃い体毛、特に「背中の毛」が長年の悩みだった。しかし、今ではそん...
世界的に見ても、優秀な学校として名高いイギリスのウォーリック大学。そのボート部が毎年リリースしているチャリティカレンダーが話題になっていますが、ご覧の通り...
1993年、アメリカ人科学者のCesare Emilianiは、今の暦に10,000年を加え、11,993年にするという「カレンダー改革」を提案したそうで...
たしかに、スマホのカレンダーは使い勝手がいい。自分のスケジュール管理はもちろん、家族や友人、同僚などと簡単に予定を共有できるため、プライベート・ビジネスの...
海外では定番の「イケメン消防士カレンダー」ですが、中でも好評なのがフランス編。モノクロで魅せる鍛え抜かれた肉体には、強さと美しさが同居。かと思うと、時おり...
事が起きたのは8月20日のブルックリン。
欧米では、すでにおなじみ毎年恒例の「消防士カレンダー」。鍛え上げられた肉体を惜しみなく披露するのは、現役フランス人消防士たち。鋼の肉体は然ることながら、美...