あの「呼吸する和紙」がカレンダーになった!

部屋に快適な木漏れ日を生み出す、ニューノーマルなライフスタイル和紙ブランド「糸落水」

創業150年以上を誇る和紙メーカー「金長特殊製紙株式会社」が総力を挙げて開発したこのブランドからは、昨年に「ガラス障子シート」が発売され、大きな反響を呼んだ。

そしてこの度、おうち時間を快適にするための新商品が「Makuake」に登場!

糸落水・暦和紙2021カレンダー」は、呼吸する和紙を使用したカレンダー。

和紙と糸の組み合わせだけで開発された糸落水には適度に孔が空いており、和紙が元来持つ力をさらに引き出すという。部屋の中に発生する有害物質を吸着するさまは、まるで「貼る空気清浄機」といえるだろう。

不規則な濃淡と落水の透過部分による絶妙な透け感も美しい。孔の空き方には個体差があるため、一点物の味を楽しもう。

現時点での価格は2100円(税込)〜、購入はこちら

©Makuake
©Makuake
©Makuake
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
東京・墨田区の老舗縫製メーカー「和興」が「和紙の服」を国内初リリース。吸湿性と保湿性を兼ね備え、抗菌と消臭の機能も搭載。環境負荷が少ない循環型の素材として...
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
気泡緩衝材の“プチプチ”を潰すのが楽しい!って人は注目です。「Bubble Calendar」は365日分のプチプチがついたカレンダー。日めくりの代わりに...
世界水準の安全証明繊維、和紙繊維「キュアテックスヤーン」を100%使用して作られた、肌にも環境にも優しい和紙素材のマスク。繰り返し使え、最後は土に還すこと...
10年先まで使用することができるカレンダー「Decade Planner」。2028年まで使えるから、日々の予定だけじゃなく、先々の長期の計画や10年後に...
4月上旬に発売される「メイドインジャパンの和紙マスク」は、驚くべき使い勝手の良さと性能を秘めたハイスペックなマスクだった……
「呼吸 Co-que premium」は、自然な呼吸に徹底的にこだわったマスク。かつてない通気性と装着感を実現しており、94%の人が「呼吸がしやすくなった...
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
本来日めくりカレンダーは「日付を確認する」ためのもの。でもこのカレンダーの目的は「二人のコミュニケーション」。
気仙沼の漁師に焦点をあてた「漁師カレンダー」を紹介。冬の海で淡々と作業をする海の男たちはカッコいい。でもそれだけじゃなくて、そんな海の男たちからエールをも...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
明日のためにと早くベッドに入っても、なかなか寝つけないという人いますよね?私もそのうちのひとり。そんな人のために、就寝前に試せる5つの呼吸法を紹介します。
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
染色クリエイター「futashiba248」による、栗と和紙を使ったナチュラルマスク「農colorマスク(栗染め)」が登場。
独自開発の素材「WASHIFABRIC」を使用した「オリジナル和紙マスク」が、今月16日(木)、店頭発売及び公式オンラインストアと「USAGI ONLIN...
すべてのものは進化するとはいうけれど、和紙もここまできているとは全く知らなかったんです、私。オンラインストア「うるわし」を知ったのは、某SNSでだったんだ...