10年後の自分を計画できるカレンダー

将来の計画まで一括して立てられるカレンダー「Decade Planner」。

直訳すると「10年プランナー」という意味のこのカレンダーは、名前の通り10年先(2019年〜2028年)まで使用することができます。日々の予定だけじゃなく、先々の長期の計画や10年後にどんな仕事をしていたいかなども書き込むことができるというわけです。

10年分もあるカレンダーなので、縦方向にロールして使います。月日が過ぎれば、上側のポールを回すだけで最大2年分のカレンダーが表示可能。さすがに120ヵ月分ひっぱりだすのは難しい作りとなっています。

カレンダーは、販売する「workhow」のWEBサイトから、199.99ドル(約2万2000円 ※送料抜き)で購入可能。ちょっと高い気もしますが、単純計算で1年あたり約19ドルと考えれば……お手頃価格かもしれません。

©2019 Decade Planner
©2019 Decade Planner
©2019 Decade Planner
© 2019 Decade Planner/Instagram
Top image: © 2019 Decade Planner
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
気泡緩衝材の“プチプチ”を潰すのが楽しい!って人は注目です。「Bubble Calendar」は365日分のプチプチがついたカレンダー。日めくりの代わりに...
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
本来日めくりカレンダーは「日付を確認する」ためのもの。でもこのカレンダーの目的は「二人のコミュニケーション」。
気仙沼の漁師に焦点をあてた「漁師カレンダー」を紹介。冬の海で淡々と作業をする海の男たちはカッコいい。でもそれだけじゃなくて、そんな海の男たちからエールをも...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
1993年、アメリカ人科学者のCesare Emilianiは、今の暦に10,000年を加え、11,993年にするという「カレンダー改革」を提案したそうで...
西インドのマハシュトラ州政府は、ムンバイ・プネ間の高速輸送技術として「ハイパーループ」を推進する計画を公式に宣言した。実現すると、通常3時間半かかるムンバ...
「CANOBLE」から、バターの可能性を無限に広げるためにあらゆるテクニックを駆使して生み出される、バターを楽しむためのバターケーキ「CANOBLE TH...
もしかしたら、一部のコアなファンにはお待ちかね。毎年話題のイケメン消防士カレンダーの2018年版が、早くも登場しました。オーストラリアで毎年発売されている...
ボクサーやクレイン選手など18人のアスリートたちのヌードを撮影した『Sports Calendar』という手帳タイプのチャリティーカレンダー。若いスポーツ...
部屋に快適な木漏れ日を生み出す、ニューノーマルなライフスタイル和紙ブランド「糸落水」から、カレンダーが新発売。
今から10年後の2031年元旦、指定した場所に、大切な人への想いが詰まった年賀状を届けてくれるサービス「十年先への年賀状」。家族やパートナー、友人といった...
はっきり言って、日付を知るだけならPCやスマホで事足ります。当然、このカレンダーに求められるのは、オブジェ的な役割。そういう意味でパーフェクトだと思います。
あっと驚くような他にないサービスを次々と手がける「TENGA」と、デザインオフィス「れもんらいふ」代表のアートディレクター・千原徹也による「KISS,TO...
国産の規格外フルーツを使った「リードディフューザー」を届けるサブスクサービスが登場。
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
毎日めくるのが楽しい「日めくりカレンダー」。でも、よく考えてみると似たような内容が続いているものが多いですよね。毎日が特別で違う日なはずなのに、そんなのお...
ユーモラスな写真が溢れる「NYC Taxi Drivers Calendar」が今年も発売されるが、2020年版で最後になるとのこと。中国、ハイチ、コロン...
なかなかにインパクトのある、一人の男性。彼の名はマイク・ウルフ。周囲の人と比較して圧倒的に濃い体毛、特に「背中の毛」が長年の悩みだった。しかし、今ではそん...
クリスマスイブまでの毎日、24種類の違うお茶を楽しむことができる「アフタヌーンティー・ティールーム」のアドベントカレンダー「ブックオブクリスマスカレンダー...
10年後、僕たちの働き方はどう変わっていると思いますか?