10年後の自分を計画できるカレンダー

将来の計画まで一括して立てられるカレンダー「Decade Planner」。

直訳すると「10年プランナー」という意味のこのカレンダーは、名前の通り10年先(2019年〜2028年)まで使用することができます。日々の予定だけじゃなく、先々の長期の計画や10年後にどんな仕事をしていたいかなども書き込むことができるというわけです。

10年分もあるカレンダーなので、縦方向にロールして使います。月日が過ぎれば、上側のポールを回すだけで最大2年分のカレンダーが表示可能。さすがに120ヵ月分ひっぱりだすのは難しい作りとなっています。

カレンダーは、販売する「workhow」のWEBサイトから、199.99ドル(約2万2000円 ※送料抜き)で購入可能。ちょっと高い気もしますが、単純計算で1年あたり約19ドルと考えれば……お手頃価格かもしれません。

©2019 Decade Planner
©2019 Decade Planner
©2019 Decade Planner
© 2019 Decade Planner/Instagram
Top image: © 2019 Decade Planner
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
本来日めくりカレンダーは「日付を確認する」ためのもの。でもこのカレンダーの目的は「二人のコミュニケーション」。
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
「Airbnb」はバレンタインデーに向けて、イタリアのヴェローナにあるジュリエットの家「カーサジュリエット」に宿泊できる特別なプランを発表した。滞在中は専...