伸ばし続けた「背中の毛」をカレンダーに・・・その理由に拍手!

なかなかにインパクトのある、一人の男性。彼の名はマイク・ウルフ。周囲の人と比較して圧倒的に濃い体毛、特に「背中の毛」が長年の悩みだった。

しかし、今ではそんなコンプレックスとも上手に付き合っている。

コンプレックスの
「せな毛」をアートに!

実は彼、悩みの種だった「せな毛」を一種のアートに変え、カレンダーにしてしまった。しかも、作品には月ごとのテーマがしっかりと反映されている。

一度剃り、再びせな毛が伸びて“キャンバス”になるまでには、4ヶ月を要するのだそう。つまり、一年の制作キャパシティーは3ヶ月分がMAX。カレンダーとして完成するには、4年もの歳月がかかった模様…。以下が身体を張って作り上げたその大作だ。

1月

新年を祝う、めでたいデザイン。

2月

バレンタインデーをテーマに、恋のキューピットを。

3月

4月

5月

6月

そろそろ海の季節。

7月

アメリカの建国を記念して…。

8月

子どもたちとお揃いのリュックでお出かけ。

9月

10月

TRICK OR TREAT!

11月

12月

このカレンダーの価格は25ドル(約2,800円)。購入はコチラから。しかも…

「せな毛カレンダー」の売上は
ケニアの孤児院へ!

なんと、このカレンダーの売上の一部は、ケニアの孤児院に寄付される仕組み。地元の協会と手を組み、同国の子どもたちの教育面をサポートする体制まで構築している。

ちなみに、これまでに2人の子どもが寄付金によって学校に通えることになったのだそう。目標の20人に向け、マイクさんの挑戦はまだまだ続きそうだ。

Licensed material used with permission by Calendhair
他の記事を見る
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
本来日めくりカレンダーは「日付を確認する」ためのもの。でもこのカレンダーの目的は「二人のコミュニケーション」。
わたしは日本へ行くことを決めたらまず、下の毛をボーボーに生やさなくてはいけない。
世界最高と言われたコーヒーが浅草でノルウェー発の「フグレン」日本2号店Fuglen Asakusa〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目6-15htt...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
もしかしたら、一部のコアなファンにはお待ちかね。毎年話題のイケメン消防士カレンダーの2018年版が、早くも登場しました。オーストラリアで毎年発売されている...
気仙沼の漁師に焦点をあてた「漁師カレンダー」を紹介。冬の海で淡々と作業をする海の男たちはカッコいい。でもそれだけじゃなくて、そんな海の男たちからエールをも...
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
「HOKA ONE ONE」の「ORA RECOVERY SLIDE」は、疲れた足を回復させるためのリカバリーサンダルです。
気泡緩衝材の“プチプチ”を潰すのが楽しい!って人は注目です。「Bubble Calendar」は365日分のプチプチがついたカレンダー。日めくりの代わりに...
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
ボクサーやクレイン選手など18人のアスリートたちのヌードを撮影した『Sports Calendar』という手帳タイプのチャリティーカレンダー。若いスポーツ...
「いやいや、どこに顔を描いてるの!」と突っ込みたくなるアート(?)をご紹介。アーティスト・Ana Hell氏の手にかかれば、なんと「人の背中」だってキャン...
はっきり言って、日付を知るだけならPCやスマホで事足ります。当然、このカレンダーに求められるのは、オブジェ的な役割。そういう意味でパーフェクトだと思います。
突然ですが、フィットネスジムって高くないですか? 日本の平均月収はたしか32.5万ぐらい。対して、ジムの月会費の相場は1万円以上。給料の3%以上となります...
毎日めくるのが楽しい「日めくりカレンダー」。でも、よく考えてみると似たような内容が続いているものが多いですよね。毎日が特別で違う日なはずなのに、そんなのお...
1914年創業の浅草アートブラシ社の大ヒット商品、毛玉取りブラシを買いました。私ももういい年なので、いいものを長く使っていきたいななんて思ったわけです。そ...
いま、フランスの女性たちが自分の脇やスネ毛など、体毛を剃っていない写真をTwitterに次々と投稿し、ちょっとした社会現象となっています。体毛未処理はあり...
世界的に見ても、優秀な学校として名高いイギリスのウォーリック大学。そのボート部が毎年リリースしているチャリティカレンダーが話題になっていますが、ご覧の通り...
下着からはみ出した、背中の贅肉。普段自分では見えない部分だからこそ、気になっている人も多いのではないでしょうか。背中に贅肉が付きすぎると、老けて見えるだけ...
欧米では、すでにおなじみ毎年恒例の「消防士カレンダー」。鍛え上げられた肉体を惜しみなく披露するのは、現役フランス人消防士たち。鋼の肉体は然ることながら、美...
海外では定番の「イケメン消防士カレンダー」ですが、中でも好評なのがフランス編。モノクロで魅せる鍛え抜かれた肉体には、強さと美しさが同居。かと思うと、時おり...