「シャツ」の背中に「輪っか」がついている理由

今着ている、もしくはクローゼットに仕舞われているシャツの背中を見てください。

左右の肩甲骨を結ぶ線上に、シャツと同じ生地の「輪っか」がついていませんか?

もしそこになければ、襟の裏側首の後ろのタグのあたりについているかも……。タグの近くについているものは、布製ではなく、金属のチェーン状のものかもしれません。

さて、この「輪っか」が一体なんのためにあるか知っていますか?

この「輪っか」の正式名称は「ハンガーループ」

その名の通り、これはシャツを「吊るす(HANG)」ための「輪っか(LOOP)」であり、1900年代初頭に作られたトラッドなスタイルのシャツ(ドレスシャツ)にも存在するディテールなので、おそらくは世の中にシャツというものが誕生した直後に設けられたパーツと考えられます。

当時は現代のように三角ハンガーに衣類をかけて保管する風習がなく、壁やドアに取り付けられたフックや先端がボール状になったコートハンガーにかけるのが一般的だったため、シャツそのものに「輪っか」をつける必要があったのです。

もちろん、現在市場に出回っているシャツに装備されているフックハンガーは、実用ではなく装飾としての意味合いが強く、型崩れや破れの原因にもなるので元来の使い方はしないほうがいいでしょう(笑)

※上記、諸説あり。

Top image: © 2019 TABI LABO

関連する記事

羽織るだけでおしゃれなスタイリングが完成する「バンドカラーシャツ」「スタンドカラーシャツ」の誕生の秘密!
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
意外と知られていない、「シャツのボタン」のアレコレ。シルエットや縫製だけではない、新たなシャツ選びの基準。
アメカジファンに人気の「ウエスタンシャツ」のパーツに隠された秘密って?
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
スポーツウエアでありながらファッションアイテムとしても人気の「ラガーシャツ」のディテールに込められた「紳士の心遣い」とは?
アメリカのトラッドスタイルに欠かすことにできない「ボタンダウンシャツ」。襟元に小さなボタンがある理由と米大統領ジョン・F・ケネディのこだわりとは?

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...