「シャツ」の背中に「輪っか」がついている理由

今着ている、もしくはクローゼットに仕舞われているシャツの背中を見てください。

左右の肩甲骨を結ぶ線上に、シャツと同じ生地の「輪っか」がついていませんか?

もしそこになければ、襟の裏側首の後ろのタグのあたりについているかも……。タグの近くについているものは、布製ではなく、金属のチェーン状のものかもしれません。

さて、この「輪っか」が一体なんのためにあるか知っていますか?

この「輪っか」の正式名称は「ハンガーループ」

その名の通り、これはシャツを「吊るす(HANG)」ための「輪っか(LOOP)」であり、1900年代初頭に作られたトラッドなスタイルのシャツ(ドレスシャツ)にも存在するディテールなので、おそらくは世の中にシャツというものが誕生した直後に設けられたパーツと考えられます。

当時は現代のように三角ハンガーに衣類をかけて保管する風習がなく、壁やドアに取り付けられたフックや先端がボール状になったコートハンガーにかけるのが一般的だったため、シャツそのものに「輪っか」をつける必要があったのです。

もちろん、現在市場に出回っているシャツに装備されているフックハンガーは、実用ではなく装飾としての意味合いが強く、型崩れや破れの原因にもなるので元来の使い方はしないほうがいいでしょう(笑)

※上記、諸説あり。

Top image: © 2019 TABI LABO
羽織るだけでおしゃれなスタイリングが完成する「バンドカラーシャツ」「スタンドカラーシャツ」の誕生の秘密!
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
アメカジファンに人気の「ウエスタンシャツ」のパーツに隠された秘密って?
スポーツウエアでありながらファッションアイテムとしても人気の「ラガーシャツ」のディテールに込められた「紳士の心遣い」とは?
アメリカのトラッドスタイルに欠かすことにできない「ボタンダウンシャツ」。襟元に小さなボタンがある理由と米大統領ジョン・F・ケネディのこだわりとは?
いかにも“コレ、染めにこだわってます”的な仕上がりじゃないところもイイ!
まだライターとして駆け出しのころ、毎日決まって白シャツを着る編集者に鍛えられた。怒鳴られるたびに視線が下へ下へと降りていくぼくは、いつからかその編集者の日...
黒のタートルネックにデニム、足元ニューバランスはジョブズお決まりのスタイルだった。同様に、無地グレーのTシャツ姿は、ザッカーバーグの専売特許。見た目で自己...
タックインして、アイロンをかけてもカッコイイですが、ざっくり着て様になる「THE SHIRTS」。素材の良さ、着丈がちょっと短いところなど、計算され尽くし...
シャツやカットソーの胸元のワンポイント刺繍で、着ている人の趣味趣向がなんとなくは分かるもの。それがこのシャツの場合は、あるものへの偏愛ぶりが一発で分かりま...
長い歴史をもつ「ジーンズ」の「ベルトループ」にこんな秘話が?
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
カジュアルアイテムの大定番・ジーンズが「青い理由」について迫ります
アメカジの定番アイテム「ペインターパンツ」の謎を解き明かす!
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
リフティングができるほどの運動機能性が備わっているという。数ある機能を重視したフォーマルなパンツのなかでも、フットボールメーカーが“リフティングできる!”...
誰もがきっと一着はもっている「グレーのスウェット」の色味に隠された秘密とは?!
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
知ってるようで知らないフォーマルウエアのマナー。「ジャケットの一番下のボタンを外す理由」って?