「安くて雰囲気のいいシャツ」渋谷PARCOでも買える

この記事のタイトルは、『「安くて雰囲気のいいシャツ」渋谷PARCOでも買える』なので、「安くて雰囲気がいい」と「渋谷PARCOでも買える」のふたつの説明が必要でしょう。

まずは「安くて雰囲気がいい」から。

安くて雰囲気がいい

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

このシャツは4800円(税別)です。古着のリメイク、ロングシャツでこの価格は間違いなく安い!

クタッとした生地と褪せた色が醸し出す雰囲気は写真からも伝わるはず。

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

こっちはシャツジャケットと言える作りです。厚手で、インナーダウンと合わせれば十分アウターとしても使えます。で、3800円(税別)!

生地だけでなく、ボタンやステッチもちょっとしたアクセントになってますね。ワークウェアらしい無骨な雰囲気が漂ってます。

©2019 NEW STANDARD

ちなみに裾の白いタグは、価格などが記載された値札です。取ってもいいんだけど、なんかカッコイイからそのままにしています。

渋谷PARCOでも買える

2枚のシャツはどちらもPUEBCO(プエブコ)のもの。インテリアや雑貨のイメージが強いブランドだけど、こんなウェアも出していたとは!

僕は三宿の店舗で見つけて購入しましたが、聞けばオンラインショップでは販売しておらず、店頭のみで展開しているそうです。古着がベースなので同じシャツでも生地や色の具合、サイズ感などはすべてアソート。いずれにせよ、試着しつつ吟味して買うのがいいですね。余談ですが、自分は8枚ぐらい羽織ってみて、この2枚にしぼりました。

そして、うれしいことに11月にオープンしたばかりの渋谷PARCOにあるPUEBCOでも販売しているそうです。多分、渋谷PARCOの店舗ラインナップから想像するに、このシャツたちはあのビルの中でもっとも安いシャツなんじゃないでしょうか。だって、2枚買って1万円でオツリがくるんですよ。

あらためて、PUEBCOの商品ってどれもラフなカッコよさがありますよね。で、プライスが良心的。大好き。

今、僕らがリアルに使っているもの「ビー!」まとめ