「ブラウニー」だけなぜ甘い? ラルフローレンのカフェメニュー

1990年代。僕らのブレザーの下は決まってポロ ラルフローレンのオックスフォードシャツだった。男子生徒の大半がごく当たり前にそうだったものだから、こうなるともう胸元のポニーはさしずめ校章といったところ。

綿よりポリエステル多めで透け感がある「いかにもYシャツです」な生地とは異なり、厚地で織り目がはっきりした風合いや、ノータイのほうが様になる(と当時は思ってた)ボタンダウンカラー。オックスフォードという響きそのものにも、何か特別なものを感じていたんだと思う。

そして2018年秋。表参道旗艦店のリニューアルに合わせてオープンした「ラルフズ コーヒー」で、何十年かぶりにあのシャツに袖を通していたときの、ちょっとした高揚感を思い出したーー。

ブラウニーだけが“ちゃんと”甘い

©2018 TABI LABO

「ラルフズ コーヒー」ではサンドイッチなどの軽食のほか、ケーキも提供されている。キャロットケーキやチーズケーキが思ったほどに甘くないのは、健康志向の世相を反映してのものか。ところが、ブラウニー(テイクアウトも可)に限っては“ちゃんと”甘いのだ。

ごろっと存在感のあるチョコレートとウォールナッツ。いたってシンプルなブラウニーでありながら表面の焼き加減といい、口に運べばほろほろ崩れる食感といい。深煎りのオリジナルブレンドだけでなく、カプチーノやフラットホワイトとの相性も申し分なし。

根っからの甘党でない僕の場合、ひと口かじってはマグに手を伸ばしてしまうが、そんなルーティンすらリズムよく、心地がいい。食べ応え十分なサイズなのに、たちまちのうちに平らげてしまうほど美味しい。美味しいんだけど……なぜにブラウニーだけこうも甘いのだろう?

甘さの奥にある普遍的なアメリカ

居ても立ってもいられず、店員に突撃。

聞けば、そのレシピはラルフ・ローレンの妻リッキーの母直伝らしい。つまりこいつはラルフ一家の日常のなかにある飾りっ気のない定番中の定番。他のメニューとは趣が異なるのはそれゆえ。アンドリュー、デヴィッド、ディランの三兄弟も、きっとこの味で育ってきたに違いない。

誤解を恐れずに言えば、素朴な家庭の味。そんなブラウニーにトラッドを意識してしまうのは、アメリカンカルチャーのアイコン的存在のようなブランドイメージとどこかで重なるからだ。

学生だったあの当時、盲目的に流行りに乗っかっていたオックスフォードシャツ。折り目正しい佇まいや、それをわかっていながら着崩すゆとり、そんなカッコよさが今ならば理解できる。

もったりとした甘さの奥にある普遍的なアメリカ。ラルフローレンのカフェメニューで真っ先にトライすべきは、このブラウニーだ。

Top image: © 2018 TABI LABO
他の記事を見る
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
ブルックリン発のベーカリー「BAKED」の代表作は、ダークチョコレートを使ったブラウニー。フランス料理協会ベストデザート賞など数々の賞に輝くこの味を...
ヴィンテージ感のある洒落たバスタブの中で、泡まみれになりながらピザを食べるオジサンの幸せそうな顔!私もあんなふうにバブルバスでピザを味わいたい。
おかゆカルチャーを発信する池尻大橋にオープンしたカスタムお粥専門店CAYUZO〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目22-3https://cayuz...
いかにも“コレ、染めにこだわってます”的な仕上がりじゃないところもイイ!
焙煎、ドリップ、空間にまでこだわった表参道の裏道に突如現れるコーヒースタンドCHOP COFFEE OMOTESANDO〒150-0001 東京都渋谷区神...
アメリカンサイズの特大スイーツ! NYで60年以上も愛され続ける至福のレストランカフェが日本上陸Serendipity3〒150-0001 東京都渋谷区神...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
メニューはエスプレッソドリンクのみあの人気カフェが黒を基調にした2号店を原宿にオープンCHOP COFFEE CAT STREET〒150-0001 東京...
タックインして、アイロンをかけてもカッコイイですが、ざっくり着て様になる「THE SHIRTS」。素材の良さ、着丈がちょっと短いところなど、計算され尽くし...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
ロンドンで定番のソルトビーフサンドを手軽に! 渋谷の街角にオープンしたカフェスタンド hello! from GOOD MEALS SHOP〒150-00...
まだライターとして駆け出しのころ、毎日決まって白シャツを着る編集者に鍛えられた。怒鳴られるたびに視線が下へ下へと降りていくぼくは、いつからかその編集者の日...
マスタードイエローの看板が目印渋谷をもっと楽しめるホテルMUSTARD HOTEL〒150-0011 東京都渋谷区東1-29-3 SHIBUYA BRID...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
表参道ヒルズの真裏にたたずむ キャンピングトレーラーをカスタムしたコーヒースタンドthe AIRSTREAM GARDEN〒150-0001 東京都渋谷区...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
お客さんも店主も楽しみながら“試せる”リアル空間「BPM」。その魅力について、カフェオーナー第一号のバリスタ窪田秀平さんにインタビュー!新しいことに挑戦す...
カフェってPC作業に集中できるけど、あまり良く感じない人もいるみたい。たしかにコーヒーを楽しむ空間でカタカタと隣で仕事をされると…。あなたはどう思う?
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
ちょっと一服。愛煙家ではありませんが、お茶を飲んでひと休みする時は、昔からこの表現が一番しっくりくる気がします。栃木県小山市の駅前で、この、ちょっと一服を...