ラルフ ローレンの手がける「カフェ」が表参道にオープン!

11月22日、『ラルフ ローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオープンします。昨年、移動式カフェが話題になりましたが、今度は常設ですっ!だから、いつでも楽しめちゃうんですね。かなりの混雑が予想されますが……。

ちなみに、東京はニューヨークやシカゴ、ロンドン、パリ、香港に次ぐ出店なんだとか。

この『ラルフズ コーヒー』は、創設者ラルフ・ローレンのためにニューヨークのコーヒーショップ『ラ・コロンブ(La Colombe)』が特別ブレンドした豆によるドリップコーヒーを提供。

今トレンドのナイトロコールドブリュー(あのビールのような見た目のドリンク)やエスプレッソトニックも楽しめるとのこと。手作りチョコレートバーなどの軽食もあります。

明日からのオープンなので、週末に立ち寄ってみるというのもイイですね。

©ラルフローレン
©ラルフローレン
©ラルフローレン
©ラルフローレン
©ラルフローレン
Top image: © ラルフローレン
11/22表参道にオープンした日本初となるラルフローレンのカフェ。なかでもイチ押しはこのブラウニーです。
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
カフェってPC作業に集中できるけど、あまり良く感じない人もいるみたい。たしかにコーヒーを楽しむ空間でカタカタと隣で仕事をされると…。あなたはどう思う?
『ジョルジオ アルマーニ ビューティ』のポップアップストア「ARMANI BOX」が、12月1日から9日までの間、表参道にオープンします。
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
おいしいコーヒーと、グルテンフリーのフードメニューで人気のカフェ「ことりうさぎ」は、秋田県北東部の鹿角市にある。温泉やスキー場といった北国らしい魅力はたく...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
2016年4月5日(火)、北青山の路地裏に新しくオープンした「GLOCAL CAFE(グローカル・カフェ)」。世界と日本をつなぐ「Global Minds...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
お客さんも店主も楽しみながら“試せる”リアル空間「BPM」。その魅力について、カフェオーナー第一号のバリスタ窪田秀平さんにインタビュー!新しいことに挑戦す...
渋谷・道玄坂沿いにある「森の図書室」は、深夜までお酒やコーヒーを味わいながら本を読める、くつろぎの場として人気。2016年3月18日には、その2号店がオー...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
アメリカンサイズの特大スイーツ! NYで60年以上も愛され続ける至福のレストランカフェが日本上陸Serendipity3〒150-0001 東京都渋谷区神...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。