おいしいお酒とコーヒーが味わえる「森の図書室2号店」がオープン(3月18日・表参道ヒルズ)

渋谷・道玄坂沿いにある「森の図書室」は、深夜までお酒やコーヒーを味わいながら本を読める、くつろぎの場として人気。2016年3月18日には、その2号店がオープン!

本と人をつなぐ
「森の図書室」

Fcbd32d09ceea0503c2753f4edf80b48ed84418497755876b2637993342b3e520da2b5543b801d7c

これは1号店の写真。カフェのようですが、図書室ならではのアイデアがそこかしこに。たとえば、図書委員長(代表)の森俊介氏が書いた『読書感想文コースター』。

Cd3e316aaf4c2eafe24b83f044d7b0f85d86257b

ドリンクを頼むたびに、知らなかった本と出会えるきっかけがあります。

下の画像は、本の感想を書いて自由に貼れる掲示板。

10a4bc2275da094cb9334e7651b4d4e2c6b3cc30

コンセプトのひとつは『本で人がつながる』。実際に、ちょっとしたメモで気軽にメッセージが交換されている様子。

451268c8a7bc06fd9b4940b7e36568d3b0f36056

面陳列で配された『誰かの一番に出会える本棚』なら、友だちのオススメを見る感覚で、本を手に取れます。あなたのお気に入りの作品も置けるそうですよ。

ふと気になった本を手にとったら、いつのまにか没頭して読みふけっていたーー。そんな体験をして欲しいと、森委員長。ほかにはこんなコメントも。

「『耳をすませば』のように、本をきっかけに人が出会い、友だちができたり、恋が生まれたら素敵ですよね」。

2016年3月18日にオープンする「2号店」の場所は、2月に10周年を迎えたばかりの表参道ヒルズ。渋谷店にはないクラフトビールや日本酒も楽しめます。本とお酒でホッと一息つく時間は、想像するだけでも魅力的。フラッと立ち寄りたくなりますね。

Licensed material used with permission by 森の図書室
2002年ロンドンで創設されたハイエンドなオーガニックコスメの「オーガニックファーマシー(Organic Pharmacy)」。日本初となる旗艦店が201...
2014年に、シアトルにオープンした、店内に焙煎施設がある「スターバックス リザーブ ロースタリー」。先日、第2号となるお店が、12月5日、上海にオープン...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
気づけば鼻歌を歌っているときって、たぶん、かなりの確率で、いいことがあったときかリラックスしているときなんだと思います。今回紹介するのは「そんな状態」がコ...
月に一度のチャンスです。
香りが生むストーリーを大切にするボディケアブランド、SABON。そのなかでも、キッチンにあるようなジャム瓶やワインボトル、プルトップ缶などのフードパッケー...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
『キャドバリー』の「デイリーミルク」です。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
現在、六本木ヒルズアリーナで開催中の「CRAFT SAKE WEEK」は、酒造りが佳境のこの時期に、出来上がったばかりの日本酒を味わえるスペシャルイベント...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
お酒だけで済めばいいんだけど、どうしても手が伸びてしまうのがそう、おつまみ。だって、これなしでってワケにもいきませんからね。おいしく、楽しく飲むためにも、...
プライベートで書かれたあらゆる人間の手帳やノート、日記を収集する「手帳類収集家」。コレクションにはそれぞれの人生の痕が生々しく刻まれている。それぞれの想い...