コーヒーが苦手なわたしでも、この「コーヒーフェス」には行きたい理由

ブラックが苦手で、ミルクと砂糖を必要としてしまうし、コンビニでは決まってカフェラテを頼んでしまう。根っからのコーヒー愛好家さんたちとは違う立ち位置であると自覚しているけれど、そんな私でも今週末(6/24,25)に開催されるTOKYO COFFEE FESTIVALには、どうしても足を運びたい。

コーヒーフェスだけど、
コーヒーは「脇役」

その理由は、コーヒーではなく、そこに広がる「空間そのもの」が主役だから。コーヒーフェスとはいえ、あくまでもそれ自体は脇役の存在なのだ。

世界中から集まった職人たちが出す様々な種類のブースでは、人と人とがつながり、心が満たされ、笑顔になる仕掛けがたくさん。

E65f6f1f16dc116078964beb1fd2a6b25d9bb9cbA8e298dfc12fac276b9333a0613a1a14d5f0661a

一杯から繋がっていく
たくさんの「至福」

Efd5e9cb94459b04e416c8e7c2882d664775b0686b4d6448ca8577410dd47911d770b2ebf82a712d

コーヒーを片手にホッと一息つくとき、その隣には何があるだろう。焼きたてのパン、お気に入りの本、季節の匂いを感じる花たち。きっとこんなことを考えてつくられたから、街を見渡しているかのように、様々な景色が生まれるようになっているのだと思う。

8807f0dedc2ff5035bd5288212abd73602b98163Ae19bed85a973697c843a59fb16d3a42c59fe421

香ばしい匂いに誘われて足を運べば、思わずニンマリしてしまう焼きたてのパンやマドレーヌ。高く積まれたドーナツは、つい多めに頼みすぎてしまいそうだ。

3a7f326578058fc9505e88182f7ccc274572c4c4

コーヒー片手にお邪魔したいのは、子供心をくすぐる本屋さん。ポカポカ陽気のなかで、読み聞かせをしてあげたらきっと、そのまま眠くなってしまう。

2294873194a86009a9979d6c32263165b3e07e21

あまり花屋さんに行くことがなくても、青空の下で綺麗に咲く彩りに目を奪われたら、たまには部屋に飾ってみるのもいいな、なんて。いつもは見落としてしまうような小さな喜びにも気づかせてくれる。

69ffa69a06966bcf558f52ec3180896c8fab0c64

腹ごしらえを済ませて、ベンチで思わずうとうとしていると、聴こえてくる生演奏に耳を奪われるかも。楽しそうに音楽を奏でる彼らに呼ばれるようにして、みんなのコーヒーの香りも集まってくる。「幸せが充満している」って、きっとこういうこと。

飲み比べは「この街限定」の
オリジナルマグカップで

07c335f40a29b24b6ed8325cf1831ce11630461e286efc544324dd0d233355d3c7f08313d827c8ef

首都ウェリントンで誕生して以来、常にコーヒーカルチャーを創り出しているNZの「Coffee Supreme」や、鹿児島のくしき野白浜温泉の施設の一角にある、隠れた名店「SHIRAHAMA COFFEE STAND」など、生まれた場所も豆の種類も、淹れ方も全く違う約70店が集結。前回までは紙製だったけれど、今年から磁器製のカップになったことで、口当たりがさらに良くなり、繊細な風味をより感じることが出来るようだ。ちなみに、カフェラテやジュースも販売しているから、ブラックが苦手でもご安心を。

どのコーヒーを選ぼうか迷ってしまうなら、4杯分+マグカップで1,500円(税込)の飲み比べセットを頼んでみよう。自家焙煎したローストナッツと、無農薬の黒糖を絡めた「ボカナッツ」をお供にどうぞ。

3db8088a0729d48baead216babfe9a266ac66a784ceff27fc9626634af7774fab2b6c91d4db1c6c1E707faa949ac77cdd5c1a005e975e3fd1c03b4584dfaac96102e66b747242175888a7a93952ebe1599ea406de6a240d54e3b4f0d205f62e3e53cc971

決まりごとは一切ナシ。この街の楽しみ方は、100人いたら100通りだ。きっとこの週末は、写真に撮って残しておきたい休日になる。

【開催概要】
TOKYO COFFEE FESTIVAL 2017 summer
・日時:2017年6月24日(土)、25日(日)10:00〜16:00
 ※Farmer’s Market @UNUと同時開催
・場所:国連大学中庭(東京都渋谷区神宮前5-53-70)
 ※JR渋谷駅から徒歩10分、地下鉄表参道駅から徒歩5分
・入場料:無料

Licensed material used with permission by TOKYO COFFEE FESTIVAL
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...
お店の名前でもある「ONIBUS」は、コーヒー大国ブラジルの公用語ポルトガル語で「公共バス」「万人の為に」という意味なんだそうです。今回、インタビューした...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
エスプレッソをオーガニック トニック ウォーターで割り、レモンピールを加えた「炭酸コーヒー」がブームの予感。普通のコーヒーが完全に日常に溶け込んだ今だから...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
美味しい珈琲はもちろん、店内に流れる空気や音楽、お客さん同士の語らいやスタッフの笑顔など、すべてが「美味しさ」につながる、東京渋谷界隈のおすすめのコーヒー...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
7月2日、3日。今週末の土日は、このお店に注目。01.COBI COFFEE AOYAMA02.Little Pool Coffee03.The AIRS...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
世界で1番コーヒーがよく飲まれていると言われる「北欧」。私の住むシアトルは、冬場は朝9時過ぎにやっと明るくなったかと思うと夕方4時には暗くなるのですが、北...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
いつの間にか、私たちの暮らしに欠かすことが出来なくなったコーヒー。そんな何気ない日常のカップの奥底には、遙かなるコーヒー豆たちの冒険が隠されている。果たし...
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...
シアトルで「I Love Coffee」(こちら日本語版)というサイトを始めて、もうすぐ5年が経ちます。コーヒーのサイトを運営していると、やっぱりコーヒー...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第9回は「いま、台北で行くべきコーヒーショップ3軒」です。