コーヒーが苦手なわたしでも、この「コーヒーフェス」には行きたい理由

ブラックが苦手で、ミルクと砂糖を必要としてしまうし、コンビニでは決まってカフェラテを頼んでしまう。根っからのコーヒー愛好家さんたちとは違う立ち位置であると自覚しているけれど、そんな私でも今週末(6/24,25)に開催されるTOKYO COFFEE FESTIVALには、どうしても足を運びたい。

コーヒーフェスだけど、
コーヒーは「脇役」

その理由は、コーヒーではなく、そこに広がる「空間そのもの」が主役だから。コーヒーフェスとはいえ、あくまでもそれ自体は脇役の存在なのだ。

世界中から集まった職人たちが出す様々な種類のブースでは、人と人とがつながり、心が満たされ、笑顔になる仕掛けがたくさん。

一杯から繋がっていく
たくさんの「至福」

コーヒーを片手にホッと一息つくとき、その隣には何があるだろう。焼きたてのパン、お気に入りの本、季節の匂いを感じる花たち。きっとこんなことを考えてつくられたから、街を見渡しているかのように、様々な景色が生まれるようになっているのだと思う。

香ばしい匂いに誘われて足を運べば、思わずニンマリしてしまう焼きたてのパンやマドレーヌ。高く積まれたドーナツは、つい多めに頼みすぎてしまいそうだ。

コーヒー片手にお邪魔したいのは、子供心をくすぐる本屋さん。ポカポカ陽気のなかで、読み聞かせをしてあげたらきっと、そのまま眠くなってしまう。

あまり花屋さんに行くことがなくても、青空の下で綺麗に咲く彩りに目を奪われたら、たまには部屋に飾ってみるのもいいな、なんて。いつもは見落としてしまうような小さな喜びにも気づかせてくれる。

腹ごしらえを済ませて、ベンチで思わずうとうとしていると、聴こえてくる生演奏に耳を奪われるかも。楽しそうに音楽を奏でる彼らに呼ばれるようにして、みんなのコーヒーの香りも集まってくる。「幸せが充満している」って、きっとこういうこと。

飲み比べは「この街限定」の
オリジナルマグカップで

首都ウェリントンで誕生して以来、常にコーヒーカルチャーを創り出しているNZの「Coffee Supreme」や、鹿児島のくしき野白浜温泉の施設の一角にある、隠れた名店「SHIRAHAMA COFFEE STAND」など、生まれた場所も豆の種類も、淹れ方も全く違う約70店が集結。前回までは紙製だったけれど、今年から磁器製のカップになったことで、口当たりがさらに良くなり、繊細な風味をより感じることが出来るようだ。ちなみに、カフェラテやジュースも販売しているから、ブラックが苦手でもご安心を。

どのコーヒーを選ぼうか迷ってしまうなら、4杯分+マグカップで1,500円(税込)の飲み比べセットを頼んでみよう。自家焙煎したローストナッツと、無農薬の黒糖を絡めた「ボカナッツ」をお供にどうぞ。

決まりごとは一切ナシ。この街の楽しみ方は、100人いたら100通りだ。きっとこの週末は、写真に撮って残しておきたい休日になる。

【開催概要】
TOKYO COFFEE FESTIVAL 2017 summer
・日時:2017年6月24日(土)、25日(日)10:00〜16:00
 ※Farmer’s Market @UNUと同時開催
・場所:国連大学中庭(東京都渋谷区神宮前5-53-70)
 ※JR渋谷駅から徒歩10分、地下鉄表参道駅から徒歩5分
・入場料:無料

Licensed material used with permission by TOKYO COFFEE FESTIVAL
他の記事を見る
ニュージーランドで話題のラテが飲めるのはここだけ! 奥渋谷にある日本初上陸のコーヒーショップ Coffee Supreme Tokyo〒150-0047 ...
焙煎、ドリップ、空間にまでこだわった表参道の裏道に突如現れるコーヒースタンドCHOP COFFEE OMOTESANDO〒150-0001 東京都渋谷区神...
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
表参道ヒルズの真裏にたたずむ キャンピングトレーラーをカスタムしたコーヒースタンドthe AIRSTREAM GARDEN〒150-0001 東京都渋谷区...
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
天井まで届く棚に1300本以上のウィスキー 特別な空間を満喫できる表参道のバーラウンジTOKYO Whisky Library〒107-0062 東京都港...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
飲んで、食べて、腕を磨く。渋谷にある「卓球タウン」T4 TOKYO〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目12−16 ASIA BUILDINGhttp...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
手作りパイと自家焙煎のコーヒーが魅力ウッドデッキに囲まれた原宿のパイ専門店THE DECK COFFEE & PIE〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
世界中のビールファンを熱狂させるデンマークのクラフトビアバーが渋谷に復活Mikkeller Tokyo〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目19-1...