誰にも見られるはずじゃなかった手帳を集めた「図書室」に、興奮が止まらない。

毎年この時期に買い換えるスケジュール帳。

予定だけじゃなくつぶやきやらなんやらもついつい書き込んじゃうんだけど、それを数年後に発掘すると、全然別の人が書いたみたいで、生々しい過去の自分にドキッとする。同じように、過去の交換日記やカレンダーを見て、不思議な気持ちになったことのある人は多いはず。

そんな「手帳」の魅力に取り憑かれ、見知らぬ誰かの手帳を集めている「手帳類収集家」がいるらしく。ちょっと、その世界を見てもらいたい。

甘酸っぱかったり、ほろ苦かったり。

アッ、もうこれだけで、ギュン!!!って心を掴まれた。

実際誰かの手の中にあった手帳、肉筆の、生々しい気持ち。誰にも見せないはずだったものが、なんの因果かここにある。どこの誰ともわからないけど、みんな人間臭く生きているその体温、執念、熱情、そんなものまで伝わってきそうな手帳の数々が仕舞われているのだ。

誰かの哲学、日常の雑務、仕事、愛情など、その記録から目が離せない。

離婚、就活、人生の分かれ道

僕の/私の アタマの中

"見てろよ、バカ妻め♡ クックックック。"

"ダイソーの万年筆を また売るのかい?どうよ。"

これが等身大の毎日さ。

"おカネ、あるの?ないの? "

恋、愛情、生身のキモチ

"それでも愛してるって言って!なぐっても愛してるって言って!

あなたを殺してしまっても愛してるって言って!

あなたを殺してしまっても愛してるって言って!

あなたを殺してしまっても愛してるって言って!"

"愛してるよ。愛してるよ。ぐちゃぐちゃでいいよ。ダメでいいよ。イライラしててもいいよ。人間やめてもいいよ。"

触りにおいでよ、他人の手帳。

実はこれらの手帳を集めている「手帳類収集家」さん、渋谷区に「手帳類図書室」を構えてるんです。

つまり、今紹介してきたみたいな「胸がぎゅっとする」他人の手帳を、実際触ってみれるってこと。

参宮橋Picaresque(ピカレスク)にある「手帳類図書室」では、人が記した手帳や日記やネタ帳など、あらゆる「手帳類」を収集する志良堂正史のコレクションを読むことができます。ギャラリーの一画で、誰にも見せるつもりじゃなかった手帳類を、1時間500円からご覧いただけます。手帳類の筆致や筆跡、手触り、音、においなどを、あなたの五感で解釈してみてください。

中には小学生の「ドグラ・マグラ」読書録とかもあるらしくて、気になりすぎる。

あなたの手帳も買い取ります。

加えて、誰かに見せるつもりじゃなかったあなたの手帳も、100~500円ほどで買い取ってくれるそう(依頼の多いタイミングでは、寄贈のお願いをすることもあり)。

昔の手帳、書きかけのノート、捨てちゃうくらいならこの不思議な世界に送り出すのもまた一興。

手帳類は、アーティストや作家に作ることができません。手帳類は、読んでもらうために書かれたものではなく、かつて行われた日常的実践の痕跡でしかありません。だから、過去に誰かのプライバシーだったものを覗き見るという不思議な倒錯のなかで、読み手が主体となって見出されるものだと言えるでしょう。

さぁ、あなたもめくるめく「手帳類」の世界へ繰り出そう。

公式サイトはこちらから。

Licensed material used with permission by 手帳類図書室, 手帳類収集家
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
渋谷・道玄坂沿いにある「森の図書室」は、深夜までお酒やコーヒーを味わいながら本を読める、くつろぎの場として人気。2016年3月18日には、その2号店がオー...
さて、ここからはノートの自慢。
クラウドファンディングサイト「Makuake」で目立っていたこの手帳は台湾の人気手帳ブランドのDimacheとイラストレーターのHankのコラボ作。台湾で...
12月9日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が東京駅周辺エリアでもサービスを開始。新たに41ヵ所のスポットで利用可能となる。
一番の魅力は、予定を書き込めることじゃない。192ページ(96枚)もあるのに8mmという薄さを実現していることがポイントだ。
4種のベリーと花のパンケーキが楽しめる銀座にある豪州生まれのオーガニックカフェ[旧店名]Me's CAFE & KITCHEN[新店名]METoA Caf...
『Sketchy Notebook』は、見ての通りシックなハードカバーの無地ノート。180度ペタッと見開きで使えて、綺麗に切り取りができるのも良い点だけど...
スマホで管理したほうが便利っていうのはわかっているんですが、どうしても“書く”ということが、私にとっては記憶に残すために大切な行為で、スケジュールは今も手...
「亀の子束子×BEAMS JAPAN」のノートです。色で遊べ!#13
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS」。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演...
一冊4,980円(販売予定価格)のノート。こう聞いただけでそっぽを向いてしまったとしても何も不思議はない。どう考えたってノートの値段ではないからね。でも、...
ノートの中身を見られるのはすごく恥ずかしい。僕は、仕事でミスしたことやもらったアドバイスを書いているから、誰にも読まれたくない。その内容が日記だと、なおさ...
誰にでも見て欲しくないことってありますよね?私にだって、もちろんあります。絶対に見られたくない、恥ずかしいこと。幸せすぎて、独り占めしたいとき…。私だけの...
紀元前から使われている、歴史ある素材「紙」。身の回りにも当たり前のようにあふれていますが、基本的に木の繊維からできているため、大量消費は環境破壊につながる...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
「THE NORTH FACE」のキャンペーン「#SHEMOVESMOUNTAINS」のトークセッションは渋谷「THE CORNER」にて。北川道子(スタ...
シャッターの切り替えもフィルムの巻き取りも完全手動式で電源不要、というインスタントカメラ「Escura Instant camera 60s」が発売。
「バタフライボード株式会社」より、何度も使って消せるノート「notes(ノーツ)」がクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で先行販売。
「なぜラッピングなのか?」は、わからないのですが。
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
日本と海外の「違い」って、こんなところにもあったんだ。
SNSのおかげで気軽に思い出を残せるようになりました。とは言いつつも、記憶の深度はだんだんと浅くなっているのかもしれません。だから、時代に逆行するアナログ...
食べ過ぎ注意です。でも、止まらないおいしさなんです。