日常を「子どもの目線」で見てみたら、やっぱり母は偉大だった。

子どもの目線で日常を見るために、小型カメラ付きのサングラスをかけさせてみました。そうして気づいた、いろいろなこと──。

お母さんって、予測不可能な子どもの行動をいつも見守っていて、何か起こるとびっくりするくらい早く駆けつけてくれる。その大変そうな姿が、しっかりとカメラに収められています。

お腹がすいて騒いだり、幼稚園に行きたくないって駄々をこねたり、怒られることも困らせることもたくさんある。でも、いつでも一番に愛してくれて、守ってくれるのがお母さんだってこと、きっと子どもは誰よりわかっているんですね。

頼りになるのは
やっぱりママ

319c3b1ab27cd8263bdf977ea54680d500ebf137

「ころんだっ……ママ〜〜!!」

7485ea733ee7dd9e17000d54e1e9b4192e257872

「遊びまわったあとは、いつも一緒にお風呂」。

B0cca13706437248ac355a452af2827fd419e526

「こんなの飲みたくなーい!」

46df3927bd784287af268f655d00495fd8f54881

「いくよ、キャッチしてね!」

482b7b4e7d546dcfd459026db0b6ff2d8da7c95e

「ちょっと待ってよ〜!」

71c8684130c57bf9acff449b5ef8487e64a212fd

「ふう、スッキリした…」

F58effdaaed417b295ed8b044f2536e430d59539

「いつもありがとう、ママ」

この企画を行ったのは、家庭用品を扱うアメリカの会社The Brawny Towels。母の日に合わせて、この映像を公開しました。

誰もが昔は、この視点から世界を見ていたはず。だから、どことなく懐かしさを思えるのかもしれません。

特別な日じゃない、いつもの日常。だからこそ、お母さんの大変さがよく伝わりますよね。毎日忙しいお母さんたち、今日もお疲れ様です!

Licensed material used with permission by Brawny
今週末は『母の日』。今年はお母さんだけじゃなくって、仕事やプライベートでお世話になっている年上女性にギフトを贈ってみませんか?だって、『母の日』ギフトには...
いつでもそばにいてくれた、「母」という存在の偉大さに気づくのは、いつも『別れ』を意識する瞬間ばかりだと思っていた。だけど山川咲の『うまれる。』には、それと...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
先日の「母の日」から一週間が経過しました。もしかして、感謝の気持ちはすでに薄まっていませんか?ここでは、母親が子どものために我慢し続けてきてくれたことのい...
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
母親を題材にした素敵な記事を紹介します。「お母さんがあなたに決して言わなかった10のこと」。いま、一児の母となったライターNatasha Craigさんが...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
彼の名前は、Louis。4年間で世界65ヶ国を巡り、現在もお母さんと旅を続けている、11歳の男の子です。そんなLouisくんが、子どもと旅に出かける親に知...
職業柄人に会うことが多いので、口臭には気を遣っています。コーヒーを飲んだ後やこってり系のご飯を食べた後には、ミントキャンディを一粒。ゴリッとカリッとした噛...
常識を打ち破るような企画で世間を常に驚かせてきた「Cut」の動画。今回は、母と息子が登場。互いに普段は聞けない質問をぶつけ合うというものだ。彼らの「ぶっち...
恥ずかしいから、書いて伝えてみました。
母親がやさしく語りかける声が、子どもの脳の発達に大きく貢献している。こんな研究結果がアメリカで発表されました。「CNN」や「TIME」、「Daily Ma...
朝から晩まで休む暇もない母親業だけど、大変なだけじゃない新鮮な驚きがあるのかもしれません。3歳になる娘の母であるKseniya Voronichevaさん...
アドレナリン全開だったんでしょうね。
2児の母であるManon de Jongさんのやさしいイラストを眺めていたら、たまらなく“愛しい感情”が蘇ってきた。ああ、なんだか懐かしくて、愛しい。自分...
わからないなりに、すこし考えてみました。
お母さんの記憶の中には、ずいぶんと鮮明に残っているんだろう。紛れもなく、私が、あなたの体の一部だったこと。自分の足で立って、離れていくまで、ずっと。
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...