「母の日」が過ぎても、改めて感謝したい9つのコト

先日の「母の日」から一週間が経過しました。もしかして、感謝の気持ちはすでに薄まっていませんか?

ここでは、母親が子どものために我慢し続けてきてくれたことのいくつかをLittleThings」からご紹介。子どもの頃を思い出しつつPhil Mutz氏が書いた記事を読めば、その偉大さが改めて身にしみます。

01.
「自分の時間」を諦めてくれた

00070923595_Large

子どもは、さっきまで泣き叫んでいたかと思えば、次の瞬間にはニコニコ笑ってギャーギャー言っていたりするもの。喜怒哀楽のどれであれ、基本的には賑やかにしていますよね。

そんな子どもを相手にする母親は、自分の時間を諦め、私たちに「愛」を教えてくれたのです。

02.
まず第一に考えるのは、
「あなた」のこと

日常生活において、母親は常に子どもを最優先に考えてくれます。友人がいないわけでも、仕事がないわけでもありません。しかし、どんなことよりも「子どもの世話」が大切だと考えているのです。

03.
ごはんを作り続けてくれた

088025637_Large

母親は、「お腹いっぱい」が幸せであることをよく理解しています。自分が空腹だったとしても、最後の「ひと口」は絶対に子どもに譲ってあげるのです。

04.
「睡眠不足」だって
受け入れてくれた

たとえ真夜中であっても、子どもが眠るまでずっとあやしてくれます。休む時間などどこにもありません。それは、子どもが安全に、安心して過ごす必要があることを知っているから。

05.
いつも、ベッドで
一緒に寝てくれた

Young family taking a nap together on a bed.

子どもはお母さんの近くで寝たいと思うもの。それがもっとも落ち着く時間だから。自分の時間がなくなったとしても、常に横で安心させてくれます。

06.
具合が悪い時でも
無理してくれた

たとえ調子がよくない時でも、「母親の仕事」に休みはありません。熱や喉の痛みと戦いながらも、私たちのそばにいてくれました。

07.
たくさんの笑顔を
もたらしてくれた

Happy loving family

母親は、子どもが笑っているのを見るのが大好き。クリスマスツリーの下にサンタさんからのおもちゃがあること、誕生日ケーキを用意してくれることなど、子どもを喜ばせようといつも努力してくれているのです。

08.
どんな時でも
一緒に過ごしてくれた

自分が好きでない番組だったとしても、子どもが何回も見ているアニメだったとしても、常に一緒にその番組を見てくれます。最も大切なのは、一緒に時間を過ごすことだと知っているから。母親と共有した時間は、何ものにも代えられない、かけがえのないものなのです。

09.
ありのままのあなたを
愛してくれた

Happy loving family. mother and child playing, kissing and hugging子どもはいつもエネルギッシュ。母親は一日中、そのペースに合わさなければならなかったはずです。体力がなくなったとしても、決して楽しみや創造性を奪おうとはしません。子どもの興味を育み、それをさらに探求するよう励ましてくれました。

Licensed material used with permission by LittleThings

今週末は『母の日』。今年はお母さんだけじゃなくって、仕事やプライベートでお世話になっている年上女性にギフトを贈ってみませんか?だって、『母の日』ギフトには...
恥ずかしいから、書いて伝えてみました。
「ありがとう」を家族に口にしたのはいつですか?もう間もなくクリスマス、そしてお正月。家族が顔を揃えるひとときがやってきます。久しぶりの我が家に戻る人も、日...
一緒に買い物にでかけたりと、仲良がいい母と娘って様々なことを通じて見かけることができる。が、親密な関係を面白さで表現したある親子が。お母さんが娘のインスタ...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
母親を題材にした素敵な記事を紹介します。「お母さんがあなたに決して言わなかった10のこと」。いま、一児の母となったライターNatasha Craigさんが...
わからないなりに、すこし考えてみました。
ハッピーエンドを迎えたら、物語も主人公たちの時間もそこで終わり。けれど、もしもストーリーのその先があったなら…。そんな「if」の世界を演じるのは母と娘。デ...
お母さんの記憶の中には、ずいぶんと鮮明に残っているんだろう。紛れもなく、私が、あなたの体の一部だったこと。自分の足で立って、離れていくまで、ずっと。
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
いつでもそばにいてくれた、「母」という存在の偉大さに気づくのは、いつも『別れ』を意識する瞬間ばかりだと思っていた。だけど山川咲の『うまれる。』には、それと...
いじめなどの苦難を乗り越えながら、娘が男として新たな人生を歩もうとする姿を見て、長い間向き合っていなかった“本当の自分”になろうと決心した母親のErica...
いつも優しくあなたを守ってくれる存在、おばあちゃん。ここで紹介するのは、Pucker MobでAlexa Thompson氏が書いた「おばあちゃんに感謝す...
うちのお父さんは、よく自分のことを「レディーなパパ」って呼んでいた。シングルファザーって、他の人からしたら同情しちゃうような笑えない話かもしれない。でも甲...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
海外ではすっかり身近な存在になってきたUberのタクシーサービス。誰でもドライバーになれるから、いろいろな人との出会いがあります。でも、アプリで颯爽とUb...
離れて暮らすお母さんと、絆を維持する方法5選。「いつでもあなたを想っていますよ、忘れてませんよ」と、行動で伝えましょう。
楽しみたいときは、まるで親友のように一緒にショッピングではしゃいで、ゆっくりしたいときは海外ドラマを見ながらグータラ。悲しいときは、黙って胸を貸してくれる...
料理を語るうえで欠かせない存在はやっぱり母の味。人生の多くの時間を、食を共有することで得た価値観とはどんなものか。ある母娘の食に対する考え方を紹介します。
「母斑症」は遺伝的な要因や胎生期の環境によって生じることのある皮膚の奇形。ここで紹介する写真の女性は、ロサンゼルスで活躍する22歳のダンサー、カサンドラ・...
愛する人や友達にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーは、じつは家族に日頃の感謝を伝えるチャンスでもあります。改まって伝えるのはなんだか照れくさいか...
子どもの目線で日常を見るために、小型カメラ付きのサングラスをかけさせてみました。そうして気づいた、いろいろなこと──。お母さんって、予測不可能な子どもの行...
この写真を見た時に、祖父母と過ごした日々を思い出しました。そして、愛情をもって自分たちの経験や考えを話してくれたことに改めて感謝したい気持ちになったのです...