父の日に伝えよう。いつもは言えない「9つの言葉」

お父さんが無性にイヤになってしまう時期は、女性ならきっと誰にでもある。一緒に洗濯しないで!先にお風呂に入らないで!…なんて気持ちもわかる。

だけど、一生懸命家族のために働くことがどれほど大変か、大人になって少しずつわかってきた今なら、素直に言葉を伝えられるかもしれません。「Elite Daily」から、父の日にちょっと役立つ記事を紹介します。

一家の大黒柱なのに、あまり主役になる場面の少ないお父さん。照れくさくて、「父の日」くらいしか素直に気持ちを伝えられない人も多いのでは?この日はきっと、子どもが思っている以上に大切な日。

ちょっとした手紙でも、言葉だけでもいいのです。この言葉を参考にして、伝えてみて。

「いつもありがとう」

直球ストレート。だけどこの言葉を言われるのが、きっと何より嬉しいはず。一緒にいるとイライラしたり、時々ダメなところもあるけれど、お父さんは確かに、一生懸命家族のことを思っているのだから。

「なにか手伝おうか?」

自転車のパンクを直してくれた、送り迎えをしてくれた、今まで助けてもらったことを、全部覚えておくことは出来ないでしょ?だけど、いつもサポートしてくれていたはず。

今日は立場を逆転して、お父さんのために行動してみよう。

「お父さんが教えてくれたことだよ」

子どもの頃に、お父さんから教わったこと。多分本人は忘れているけど、ずっと片隅にあって実践していることってあるんじゃない?

さりげなく教えてあげたら、きっと喜ぶはず。

「大切に思ってるよ」

言わなくてもわかってる。だけど他の誰でもない、あなたの口から言われるのが何より嬉しいと思うから。

特に親元をすでに離れているのなら、一緒に居なくても大事に思ってくれていることを、ストレートに伝えるのはとっても大切なこと。

「今日、何がしたい?」

お父さんが始めたことを手伝うのも良いけれど、自ら何をしたいか聞いて、楽しい日をつくってあげるのも良いよね。

一緒に野球を観たり、ピザを食べたり、ビールを飲みながら楽しい時間を過ごそう。

「あの時のこと、覚えてる?」

お父さんは、子どもの頃のビデオをみたり、アルバムを眺めながら、昔のあなたとのエピソードを話すことが大好き。例えそれが、本当に泣けちゃうような話でもね。

昔話に花を咲かせながら一緒に飲むお酒は、きっと彼にとって忘れられないものになるはず。

「本当に面白いよね(笑)」

お父さんは、ジョークを言って家族を笑わせることが喜びだったりする。

つまらなくてスルーすることもあるかもしれないけれど、不覚にも笑ってしまったのなら「面白いね」って素直に伝えよう。

「今日はご馳走してあげる」

大きくなったあなたから、父の日に一緒にご飯を誘われるだけでも嬉しいはず。あなたがもう自立しているのなら、お父さんのために、美味しいレストランに連れていってあげよう。

「大好きだよ」

1番シンプルだけど、同時に1番ハードルが高い言葉。だけどこの6文字を伝えるのなら、父の日がベストでしょ?

Licensed material used with permission by Elite Daily
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
「ありがとう」を家族に口にしたのはいつですか?もう間もなくクリスマス、そしてお正月。家族が顔を揃えるひとときがやってきます。久しぶりの我が家に戻る人も、日...
うちのお父さんは、よく自分のことを「レディーなパパ」って呼んでいた。シングルファザーって、他の人からしたら同情しちゃうような笑えない話かもしれない。でも甲...
お父さんが亡くなったのは、3年前のこと。そのすぐ後に、三つ子を妊娠していることがわかりました。すくすくと成長していく孫たちを集めて、「元気に過ごしているよ...
世間では今、“ルビー“のような赤きピンクのカラーが特徴の「ルビーチョコレート」が話題。色による新しい楽しさもあって、カワイイ!食べたい!誰かにあげたい!そ...