AIに扮した「お父さん」が、息子の悩みに答えてみたら…

ネクタイってどうやって結ぶんだっけ?
うまく髭の手入れができないけど、どうしよう?

こんな疑問が浮かんだとき、ついすぐにスマホを手に取ってしまう。

お父さんに聞けばいいのに…。

ある調査によると、10代若者の約94%が、父親より先にネットに答えを求めるそう。

そこには
「優しい答え」がある

父の日に合わせて「Gillette」が仕掛けた動画、その名も「This Father's Day, Go Ask Dad(スマホじゃなくて、お父さんに聞こう)」。

スマホに質問を投げかけると、AIのふりをしたお父さんが答える、というもの。ただ「答え」が知りたいだけなら、テクノロジーの力があれば十分。でも、自分のことをよく知るお父さんなら、検索エンジンやAIよりも“いい答え”をくれるかも。

「ネクタイの結び方を教えて」

「幅が広いほうから結ぶと、うまくいくよ」

「ひげの剃り方を教えて」

「君は毛の質が太いから、とくに下あごは丁寧にね。でも強くやり過ぎちゃダメだ。首を切らないように気をつけるんだよ」

返ってくる答えに思わず、

「僕のこと、よく知ってるなぁ!」

聞きづらかった
恋の相談も…

「女の子とうまく付き合うには、どうしたらいい?」

「自然体でいることさ。恥ずかしがっちゃダメだよ。幸運を祈ってる」

「どうやったら自信を持てるかな?」

「君は賢い子だから、思いのままに行動すれば大丈夫だ」

「愛してる気持ちって、どうやったら分かるの?」

「その人のことを考えたとき、仕事や勉強が何も手につかなくなるときだよ」

父はやっぱり偉大だ

ここで、息子たちにタネ明かし。

「お父さんと、こんな風に話ができるとは思ってなかったよ」

普段は恥ずかしいかもしれないけど、「父の日」くらいは面と向かってコミュニケーションしてみては?

「スマホじゃなくて、お父さんに聞こう」

Licensed material used with permission by Gillette
一児の父である33歳のJonathan Juiさんが描くのは、1歳と約10ヶ月の息子のMiloくん(愛称Baobao)の“成長マンガ”。彼が記録するのは、...
東京在住でプロのアニメーターのThomas Romainさんが息子のRyunosukeくんと活動する「親子デザイン工房」が世界中で話題に。Ryunosuk...
いま、アメリカで話題を呼んでいる父と息子の一幕。結婚を決意した息子が、父にその報告をする。たったそれだけのやり取りですが、きっとあなたの心は動くはず!息子...
子どもから、ないしは家族がパパへの感謝をおくるのが「父の日」。一般的には。ですが、小児がんと闘うカンザス州のガブリエルくんは、先月(2016年6月)の父の...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
お父さんが無性にイヤになってしまう時期は、女性ならきっと誰にでもある。一緒に洗濯しないで!先にお風呂に入らないで!…なんて気持ちもわかる。だけど、一生懸命...
「METAPHASE」という名の漫画がある。自閉症の息子、Ollie君のパパが自分で描いたものだ。理由は、既存のものを探しても「どうしても読ませたいと思う...
大好きだったり、ちょっと複雑だったり、一緒に住んでいたり、今は離れて暮らしていたり、お父さんへの想いはきっと人それぞれでしょう。「The School o...
2014年の4月に父親が、ステージ4の肺癌末期であることを医師から告げられた写真家のShin Noguchi。彼の人生で初めて、「父の知らない父の秘密」自...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
食事中のスマホはマナー違反。それを、あるユニークな方法で息子たちに伝える父。テクノロジーの進化と家族のあり方を描いた短い動画です。制作したのは20歳の現役...
嗜好の違いなんて結局のところ人それぞれ、べつに大した問題じゃあない。ところが、それが当たり前だと感じられるかどうかは、どうやらその「好み」によるというのが...
母想いの息子が、一緒に観光旅行をしているだけの「ブログ」かと思いきや、そこには心温まるストーリーがありました。息子のBarton Brooksさんは、婚約...
最愛の息子を2年前に亡くしたBecklyさん。辛い時期を支えてくれたパートナーと結婚。その式の日にやってきたのはなんと、息子の心臓を移植して生き長らえてい...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
18世紀のイギリスで、著名な教養人の一人と称され、大使、閣僚としても活躍したフィリップ・チェスターフィールド卿。一人の男性として、そして、父親として、最愛...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
あなたは、自分の息子に好きな相手ができたことを打ち明けられたとき、どう答え、何をアドバイスしますか?ここで紹介するのは、ショーン・アッシャーさん編集の『注...
父の日が過ぎた途端、あの日の感謝モードはなんだったのか…というほど通常運行に戻っていないでしょうか。お父さん、悲しんでいるかもしれませんよ。積極的に話しか...
「父の日」「プレゼント」と検索を入れると、関連ワードには「人気」や「定番」、これと並んで上位に来るのが「健康グッズ」です。世のお父さんたちのカラダを心配し...
お父さんが亡くなったのは、3年前のこと。そのすぐ後に、三つ子を妊娠していることがわかりました。すくすくと成長していく孫たちを集めて、「元気に過ごしているよ...
私たちは、幼い頃に両親から教えてもらったことを、どのくらい覚えているでしょうか。大人になったいま、ふと思い返してみると、何気ない些細なひと言や、口うるさく...