手術の傷跡を気にする8歳の息子 体を張った「パパの行動」に賞賛の嵐

子どもから、ないしは家族がパパへの感謝をおくるのが「父の日」。一般的には。ですが、小児がんと闘うカンザス州のガブリエルくんは、先月(2016年6月)の父の日に素敵なプレゼントをパパから手にすることになりました。父子のツーショット写真が、あるコンテストで最優秀作品に選ばれたのです。

みてごらん、
パパだってモンスターさ

De2fc8f401bdf5e23a03404e2de8420376ee2aea

その写真がこちら。全米で多くのメディアが取り上げ、日本でも彼らの写真を目にした人もいるはずです。

昨年3月、ガブリエルくんは脳腫瘍摘出の手術を受けました。それ自体は無事に成功。けれど、頭部右側には大きな傷跡が残ることに。周囲からの奇異な視線に、8歳の少年は次第に心を閉ざしていったのです。

「これじゃ、まるでモンスターみたい」、ガブリエルくんのつぶやきに父親のジョシュさんが動きました。抜け落ちた息子の頭と同じように髪の毛をそり落としたばかりか、傷跡そっくりのタトゥーを頭に。こうして撮影されたのが、この一枚だったのです。

ナンバー1“ハゲ頭”を
決めるコンテストで優勝

ツーショット写真が最優秀賞に選ばれたのは、父の日に投票が行われた「#Best Bald Dad」というコンテスト。あえて翻訳をつけるとするなら、「もっともハゲ頭が似合うパパ」となるのでしょう。でも、この“ハゲ頭”コンテストはきちんと意味があってのもの。

主催した「St.Baldrick's」は、小児がん研究のファンデーション。これまですでに40,000人以上がハゲ頭となり、コンテストに参加してきたそうです。彼らはみな、小児がんや白血病などの病気と闘う子どもたちが家族あるいは親族にいる親。抗がん剤治療によって髪の毛が抜け落ちてしまった子どもを励ます家族の姿を写したものでした。

多くの票とともに、賞賛を集めたジョシュさんは、こう語ります。

──小児がん研究のための資金は、成人のがん研究とは違い驚くほどにまだ未開拓なことだらけなんです。なのに、圧倒的な資金不足を抱えています。資金調達のため、ガブリエルと同じように苦しむ多くの子どもたちのために、髪を剃ることに抵抗なんてありませんよ。

St.Baldrick'sの調べによると、およそ2分に1人の子どもがガンという診断を受けている現状だそうです。もしかしたら、ジョシュさん親子の写真は、多くの人が小児がんを改めて知るきっかけになったのかもしれません。

Licensed material used with permission by St. Baldrick’s
一児の父である33歳のJonathan Juiさんが描くのは、1歳と約10ヶ月の息子のMiloくん(愛称Baobao)の“成長マンガ”。彼が記録するのは、...
東京在住でプロのアニメーターのThomas Romainさんが息子のRyunosukeくんと活動する「親子デザイン工房」が世界中で話題に。Ryunosuk...
ウィスコンシン州にある小児医院「Children's Hospital of Wisconsin」のSNSに投稿された画像に、コメントが殺到しました。写っ...
世界中どこの国でも、親が子育てに奮闘するのは、みんな同じ。難しい思春期や闘病生活など、二人三脚で歩む親子には、それぞれのドラマがあるものです。ここでは、感...
食事中のスマホはマナー違反。それを、あるユニークな方法で息子たちに伝える父。テクノロジーの進化と家族のあり方を描いた短い動画です。制作したのは20歳の現役...
いま、アメリカで話題を呼んでいる父と息子の一幕。結婚を決意した息子が、父にその報告をする。たったそれだけのやり取りですが、きっとあなたの心は動くはず!息子...
いじめなどの苦難を乗り越えながら、娘が男として新たな人生を歩もうとする姿を見て、長い間向き合っていなかった“本当の自分”になろうと決心した母親のErica...
4歳の男の子が欲しいのは、生まれた時からなかった自分の右手。そんな息子の願いを叶えるために、パパが3Dプリンターで作った義手をプレゼントする。新たな右手を...
「METAPHASE」という名の漫画がある。自閉症の息子、Ollie君のパパが自分で描いたものだ。理由は、既存のものを探しても「どうしても読ませたいと思う...
狭い車の中で熱唱する、このイギリス人親子。カーステレオのボリュームをひねり、大音量で歌い続けるのには、ある訳がありました。この車中カラオケは、「父の記憶」...
デビッド・ベッカムは、大のタトゥーフリークでもあります。ただし、その刻まれた数々のタトゥーは、彼の愛する妻や子どもたちの名前、大切な家族を表していると言い...
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
2014年の4月に父親が、ステージ4の肺癌末期であることを医師から告げられた写真家のShin Noguchi。彼の人生で初めて、「父の知らない父の秘密」自...
メリーランド州に暮らす10歳のトーマス・ムーアくんは約2年間、一度も髪の毛を切らず、このボサボサ頭。けれど不精なわけでも、ヘアカットのお金が無いわけでもあ...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
2015年6月7日、オーストラリア、ブリスベンの道路でコアラの親子が交通事故にあいました。すぐにオーストラリア動物園にある、ワイルドライフ動物病院に搬送さ...
アメリカの幼稚園や小学校には、「Donuts with Dad」という学校行事があります。平たく言えば、普段忙しく働くお父さんを対象にした授業参観。親子で...
2015年の秋、67年連れ添った夫を失った90歳のノーマさん。さらにその2週間後、自分自身にも「子宮がん」が発症していることを知りました。医師もベストな手...
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
カナダのバンクーバーに住むCaitlin Fladagerさんは、夫と3歳の娘、1歳の息子と暮らす4人家族。そんな彼女の、Facebook投稿が話題になり...