「希望のウィッグ」。困難のなかでも強く、たくましく。

「自分が誰かにできることはそう多くない。けれど、きっと何かある」こう信じて、ひたすらウィッグを作り続ける女性がいます。目的は、癌を患い闘病する子どもたちに笑顔を届けること。

ボランティア団体「The Magic Yarn Project」を立ち上げ活動を続ける、くだんの女性はHolly Christensenさん。一体どのような経緯があったのでしょう?身近に起きた思わぬ出来事が積み重なってのことだったようですが…。

自分ができることを「全力」で

冒頭のHollyさんの想い、それは彼女が看護師の仕事を通して感じたこと。「困っている人が望むことには応えてあげたいけれど、全ては無理なのは分かっている」と。

そんなある日、友人の娘が癌だと診断されました。Hollyさんは、自分には何ができるのかを考えます。そして…、

得意の編み物を生かしてウィッグを作ることに。完成したものを送ると、ドレスを着てこのとおり、すっかりお姫様気分の女の子の写真が、Hollyさんの元に送られてきました。ポニーテールの部分を大切そうに抱えている表情がとっても嬉しそう。

「『病気の恐怖にさいなまれていた娘が、飛び回ってはしゃぐ姿を見れた』と友人は喜んでくれました」。これがHollyさんの原動力に。

この出来事がきっかけとなり、Hollyさんは友人を数名集め、ウィッグを作り続けることに決めたのです。友人の娘と同じように、癌で苦しむ子どもたちのために。

数十個ものウィッグを仕上げると、SNSで紹介し、寄付金を募りました。すると…、多くのメディアに取り上げられて、ウィッグは拡散されていったのです。

自分たちの活動が徐々に大きなムーブメントになっていくことを、彼女はこのように振り返ります。

「1度で終わるようなプロジェクトではないと感じました。もっと大きなものになっていくんだと」

「ただのウィッグだから、別に大したことじゃないんですが、受け取った子どもの親から『子どもの笑顔を見れて嬉しかった』というメッセージが届くんですよね」

ディズニーキャラクターのように
困難の中でも強くたくましく

現在ウィッグ作りには、子どもからお年寄りまで、幅広い年代の人が参加しているそうです。もちろん全員無償で。同団体のホームページによると、これまで子どものために届けたウィッグの数は、およそ4,300個以上。

オンラインで注文でき、種類は、アリエル、エルサ、ベルなど、どれもディスニーキャラクターにインスパイアされたものばかり。理由は、子どもたちに、困難に直面する中でも希望を見据えて暮らす、彼女たちのようになって欲しいからということです。

Licensed material used with permission by The Magic Yarn Project
「マンガを描くことは、私にとってセラピーなんだ」そう語るのは、癌を経験したイラストレーターのMatthew Paul Mewhorterさん。これまで患者...
大好きな祖母が、末期の癌を患い、自分の結婚式に出席できるかわからない状況に陥ったBrittanyさん。彼女はフォトグラファーに頼んで、特別に祖母にウェディ...
誰だって、つらい経験をし、自分の人生に絶望してしまいそうになることがあります。しかし、どんなにつらいことでもいずれ終わりが来ます。そして私たちは、そこから...
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
がんとの闘病生活を続けるScintillaさん。抗がん剤治療で、髪の毛のほとんどは抜け落ちることに。だけど、ある1人の美容師のおかげで、生きる気力を取り戻...
顔の片側もしくは両側に奇形が生じ、眼球にも異常が見られるゴールデンハー症候群。顔にだけではなく、時には心臓をも蝕む恐ろしい病気として知られています。スロバ...
アンデルセンやグリム童話のワンシーンを思い出すような写真。見ていると、何かが始まりそうなドキドキした気持ちになります。ただ単純にキレイとか美しいだけじゃな...
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
フォトグラファーのJosh Rossiさんは、心臓病やガンなどの病気と戦っている子どもたちをスーパーヒーローに変身させ、写真を撮っています。なぜなら彼らこ...
3歳のScout Penelopeちゃんはお母さんの力をかりて、有名人になりきる写真を撮り始めました。選んだ人は、どれも芯があって美しい女性ばかり。同じよ...
ウクライナにある少年刑務所の壁に描かれたのは、飛行機を操縦する男の子の巨大なイラスト。アーティストのMilloが描いた壁画には、「罪を償いながらも人生の可...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
現代社会は闇だとか、生きづらいとか。そんな批判をすることもできますが、だからこそ面白いこともきっとあるはず。Francesco Bongiorniさんが今...
2014年の4月に父親が、ステージ4の肺癌末期であることを医師から告げられた写真家のShin Noguchi。彼の人生で初めて、「父の知らない父の秘密」自...
「Life is unpredictable(人生なんて、何が起こるか誰にもわからないってことさ)」。オークランド在住22歳のRipu Bhatiaさんは...
カメラの前で、キュートな笑顔を咲かせている「ふたりの赤ちゃん」。パッと見だと似ていませんが、イリノイ州で生まれた双子の女の子で、初めて迎える誕生日の記念に...
アメリカで生まれ育ったHeatherさんは、25誕の誕生日を迎えてすぐに、余命宣告受けることになります。そこでドナーになってくれたChrisさんは肝臓の提...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
子どもから、ないしは家族がパパへの感謝をおくるのが「父の日」。一般的には。ですが、小児がんと闘うカンザス州のガブリエルくんは、先月(2016年6月)の父の...