新しい1年、世界を「希望」でつなぐ。

何気ない一日に思えるような日が、世界のどこかでは特別な記念日だったり、大切な一日だったりするものです。

それを知ることが、もしかしたら何かの役に立つかもしれない。何かを始めるきっかけを与えてくれるかもしれない……。

アナタの何気ない今日という一日に、新しい意味や価値を与えてくれる。そんな世界のどこかの「今日」を探訪してみませんか?

グローバル・ファミリーデー
(GLOBAL FAMILY DAY)

毎年、1月1日には世界が調和と団結に向けてひとつになろうという、ポジティブなメッセージを届ける「GLOVAL FAMILY DAY」。「World Peace Day(世界平和の日)」とも呼ばれています。

文化や宗教、国境や国籍、人種は異なっていても、地球上に暮らす人類はいわばひとつの家族であるという考え。平和と統一を意識し、隣人から隣人へとそのメッセージを広げていこうという主旨のもと、2001年に国連が宣言しました。

新年、1月1日。

新しい年の最初の日を平和構築のために、世界が、国家が、そして私たちひとり一人があらためて「平和」を見つめ直すことの意義は、決して小さなものではないはずです。

言わずもがなですが、平和は暴力よりも持続可能であり、コストもかからない——。

じつは、数時間前まで「Universal Hour of Peace」という非公認ながら国際的な平和に対する取り組みが時間が行われていました。

大晦日23:30から年をまたいで0:30までの1時間、世界中の組織が武器を置き、祈りを捧げたり、音楽を楽しんだり、それぞれのスタイルで平和を支援する活動に充てようというもの。

そりゃそうですよね。年越しですから。たったの1時間かもしれません。でも、その1時間を1日に延ばせたら、さらに1週間、1か月に拡大していくことができたなら……。

今日、「GLOBAL FAMILY DAY」はそんな前年からの希望をつなぐ1日。

未曾有の感染症との闘い、気候変動へのアクション、さらには持続可能な開発目標。いま、世界は共通の課題に直面しています。あらためて足並みをそろえ、同じ視線で未来を語り合うために。2022年という1年がこの星に暮らすすべての人々の希望となりますように。

この世界は、もっと広いはずだ。

今年もTABI LABOをどうぞよろしくお願いいたします。

Top image: © iStock.com/DianaHirsch
TABI LABO この世界は、もっと広いはずだ。