義手を手にした喜びを、同じ境遇の子どもたちへ

「パパ、僕に手をちょうだい」

Michael Camposさんと息子のCarterくんがお風呂に入っていた時のこと。右手の肘から先を欠損して生まれてきたCarterくんが、もらした言葉。4歳の子どもの懇願に、父親として胸が詰まる思いがしたことでしょう。

なんとしてでも、愛するわが子に右手を……。そう心に誓ったMichaelさん、彼を満足させる義手をつくる決意を固めました。

初めて味わう指先の感覚
手に入れたのは「自信」だった。

Carterくんにぴったりの右手を探しているある日のこと、家からそう遠くない場所に3Dプリンターで義手を製造するLABを見つけたMichaelさん。それから数週間、ようやく完成した小さな義手を目にしたCarterくんは、とっても興奮していたといいます。

彼のための義手を右腕に装着したとき、父親の目に映った息子は、肘から先を手に入れただけでなく、とても自身に満ちた誇らしげな姿に映ったんだそう。

「生まれた時にあげられなかった右手を、やっと贈ることができた…」

Michaelさんのこと言葉が、すべてを物語っているように思えます。

パパと息子の新たなミッション

念願の右手を手に入れたことで親子の夢は叶いました。けれど、二人の想いはそれだけに止まらなかった。

自分たちのように、義手を必要とする人たちがきっといるはず。親子は必要とする人たちに義手を贈りたい、と新たな目標に向かって進む決意を固めました。Michaelさんは自ら資金集めを開始。集まったお金で義手を次々に製作し、それらをすべて無償で手のない子どもたちへとプレゼントを始めたのです。

義手の数だけ広がる笑顔

オリジナルのカラーリングやキャラクターのヒーロー、個性あふれる義手を受け取った子どもたち、みな自然と笑顔になりますよね。Michaelさん親子にとってもそれは同じ。みんなの幸せそうな姿を見るたびに、自分たちの心も満たされていったに違いありません。

小さな男の子が口にした正直な気持ちと、親としての愛情。いま、幸せの連鎖が多くの人々に喜びの花を咲かせているようです。

Licensed material used with permission by Claws from Carter
他の記事を見る
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
え?文字通り「手の中にある宇宙」!?こちらは海外で話題になっている、リアルでかわいい惑星アイテムです。実は3Dプリンターで作られたもの。販売しているのはロ...
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
家って「建てる」ものだと思っていました。土台を築いて、骨を組んで、壁を打ち付けて…。大規模な設備と長い時間が必要なものだと。でもこれからの時代、たったひと...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...
3Dプリンタを使用しての義歯製作は、今やさほど珍しい話ではない。だが、その義歯が“虫歯にならない歯”となると話は別だ。人類にとって夢のような歯の実現、その...
一昔前とは比べ物にならないほど、様々な形の家族がある今。「Gays With Kids」と名付けられたWEBサイトがある。ここには、ゲイの家族の幸せそうな...