残り少ない時間を永遠にした、祖母と孫娘の写真。

去年のクリスマス前に大好きな祖母のEllenさんが癌の診断をうけたというBrittanyさん。悲しみに暮れるなか、今年に入り愛する人と結婚式を挙げることを決めました。

ただ、1つだけ大きな懸念が。それは、Ellenさんの体内では着実に癌が進行しているということ。Brittanyさんは、祖母が結婚式に出席できない可能性もあると思い、ある行動にでたのです。

未来はわからないから、
今「この瞬間」を。

その行動とは、ある日見つけた「無償の写真撮影」への応募。

「私の祖母は、去年のクリスマス前、ステージ4の乳癌と診断されました。癌は骨に転移し、酷い痛みに耐えています」

これは彼女が送ったメッセージの一部を抜粋したものです。Ellenさんが電話口で泣きながら「あなたの結婚式で一緒に踊れなくなるかも…」と、Brittanyさんに訴えた話も書かれていたそうです。

思いが届いたのか、Brittanyさんは撮影に選ばれました。

D8042349ae735d9f00ee189ca7f40300cb597af33132f486aa73c023a80b9431ac529d86c29d18f7

撮影日当日、2人は互いに手紙を読み合いました。どのような言葉が綴られていたかはわかりませんが、感極まって涙する姿を見ると、きっと忘れられない時間を分かち合ったことでしょう。

Ellenさんとしては、孫が知らない間にこのような撮影時間を準備していたことも、きっと驚きだったはず。

愛する人へ
ウェディングドレス姿を

1943d5dad2f3f2fd4efc78884f01df341313e83c3abda9f9e88b6ee5b740d68e850a7be79595a5a0231a7cf285e77cedd0a277cd6b42c0f1d945f5519203b7b7f5633e4d1e2c2f976708a8ef395c8593

Brittanyさんは、ウェディングドレス姿のお披露目もしました。この時ばかりは彼女も感極まる姿を隠せない様子。これまで抱えてきた不安、希望、悲しみ、愛情、すべてが溢れたような、そんな表情に見えます。

2人は互いの存在を確かめ合うように、しっかりと抱き合いました。そして、念願のダンス。

5e04fc7cf41eac911b4e34d22725da9ce06371a6F8512184ff348397047b0f4dd6d2357064005bed

2人を撮影したフォトグラファーがSNSで写真をシェアすると、「感動するわ」「私もおばあちゃんに会いたい」など、多くの反響が寄せられました。その後メディアに取り上げられ、この話は拡散していったのです。

涙を流していた2人でしたが、最後にはこの笑顔。

今この時が一生続くことはないからこそ、私も自分の大切な人たちを思い切り抱きしめたくなりました。「愛してる」なんて恥ずかしくて言えなくても、心の底から大事に思っていることを、ちゃんと伝えたいと思うのです。

Licensed material used with permission by Mikayla
Jordyn Jensenは、23歳で結婚することを決意した。花嫁である彼女にとってドレス選びは重要なこと。そこで彼女が選んだのは、祖母が1962年の結婚...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
フレンチフライ専門店「AND THE FRIET」が開発に数年かけた実力派ポテトチップス。
「Langogo」は自動翻訳機としてだけでなく、モバイルWi-Fiルーターとしても機能するんです。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
9歳の時から写真を撮りはじめたフォトグラファーのNicole Magnoliaさん。生まれつき視力が極端に悪く、彼女が生きてきた世界はいつもぼやけていたそ...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむ女の子をスナップ&セルフィー。アンケートへの名解答&珍解答にも注目!
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
「家族」──という意味を、もう一度考え直してみたくなる。父と娘、祖母と孫、兄弟姉妹、なかには写っているのが2人の人物とは信じられないものも。受け継いだ遺伝...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
斬新なアイデアを採用したイヤホンの紹介です。
結婚65周年を迎えた、HaroldさんとRubyさん夫妻。半世紀以上を共に歩んだふたりが記念日に撮った写真からは、幸せが溢れ出ています。
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
自分にとって最高の家族の生前を子孫へと受け継ぐために、亡くなった人の人生を絵本にすることを思いついたJuliette Eame。彼女の場合は、小さい頃によ...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
被写体、衣装、背景、小道具のすべてがシンクロ。風変りでありながら、どこかモダンさを感じさせる家族写真である。ポーランド出身のNatalia Wiernik...
Fearless Awardsに応募したのは世界中のトップクラスの腕を誇るプロカメラマン。ここにあるのは、厳しい審査を通った写真ばかり。これを見ると、カメ...