枯れた大地に魅せられた「砂漠フォトグラファー」。

砂漠はとても静かだ。人が作ったものなどひとつも存在せず、ただ目前に広がるのは、果てしない砂の大地と空だけ。

Luca Tomboliniさんは大判カメラを使用して、世界各国、人類誕生の原風景を撮影するミラノ出身のフォトグラファーです。生命の息吹も人々の活動も消え去った風景を切り取る彼は、無にも等しいその場所にどのような意味を見いだしているのでしょうか。

私たちが受け入れている文明の価値。
そんなもの、ほとんどないに等しい。

A5739b94800e567e88720c21e56c3fc8f7caab5b

Lucaさんは大学生の頃から写真に没頭し、写真という表現方法そのものに深く惹かれていきました。Lucaさんにとって写真を撮るという行為は、「永遠に存在する可能性のある瞬間」を圧縮することに等しいと言います。

それは時間を止める、もしくは時間という概念を超越する経験なのです。その認識は次第に、時間の始まりから今まで存在した「場所」そのものの価値を写真として切り取りたいという思いに変わりました。

だからこそ、彼は一見虚無にも等しい砂漠を撮影します。

De5bb6b7b0317f16ce60f13a1179c3c530ff5ab89dfa0b7a70d092fc66352bcdbd5c1ddb51c7ed40

私たちが受け入れて生活している文明の価値は、命そのものの原則から見ればほとんど無に等しいものです。私たちが今まで手に入れた知識、あらゆる技術、生活がなぜ、どのようにして生み出されたのか。そして私たちが生きているこの「場所」とは何なのか。

その問いに、どうして答えることができるでしょうか。

9f68e4e2ce86ca78007cb943d68ef9c9ea1a2de1

岩は昔、原始の海に存在していました。 生命のサイクル、無数の世界の多様性が広がっていった世界。 そこにはどれだけの月日が流れたのでしょう。その悠久の時間に思いをはせるだけで、すべてが遠ざかり、私の小さな思考は消えていくような気がします。

ここにあるすべてはシンプルで、それ以外何も写りません。私一人が、ここでは異質なのです。

20e5f7fc101c56a3f5d46a9743f4fb8723efc79622e98bfb6de32c0990dfde3d559ebf5079989d47C20d196ad3649478c888d34f9d6e41af76348ea1

はじめの人類の夜明けは、宇宙に神性を必要としたところからはじまったのかもしれません。私はなぜ存在するのか。その問いにいきつくことこそが人類の強さだと思います。意識と無意識の果てに、自己の創造がはじまるのです。

0e6e2a4c056264612eeb7b7fc5772d279044e31fB86d0bad66b3ead56b0ee3bb256b1e22e5323dee504e180df4fa2478e82096cc91fe4ce88fdbd510

私が砂漠を旅する理由は、日常から遠ざかって、社会や日常生活から離脱することで本当の自分を見いだすためです。長い時間をかけてある場所に赴き、人間の起源を想う。

その感覚を、私は写真に収めたい。そこに写し出されるのはきっと、もうひとりの私だと思います。社会的な自我を離れた場所で見つけた新しい感覚は、きっと私の鏡となるでしょう。

26242f9bdac2fd6b676054c7aa748f27b82d150f

時間、空間、そして自己とは何か。

Lucaさんが社会生活を離れた末に行き着いたのは、そんな人間の根源的な問いでした。その果てしない問いに答えるためのひとつの手段が、彼にとっての写真です。

社会で生きることに疲れたとき、Lucaさんの写真は私たちに大切なことを思い出させてくれるヒントになるかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Luca Tombolini, (Instagram)
枯れた砂漠が一面、ピンク色に染まった!?アメリカのメディアを中心に話題沸騰の写真。ここが、世界でもっとも乾燥した砂漠だと聞いても、にわかに信じられませんよ...
あまりにクリエイティブなデザインをしているこの家。奇抜な形は、輸送コンテナをつなぎ合わせたものだからだそう。まだ着工には至っていなく、2018年からプロジ...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
お茶は精神世界とつながっている。よくこんな表現がされますが、お茶を飲むことが私たちの創造力に磨きをかけてくれるという研究結果が出たようです。Valerio...
アフリカ大陸南部の国ナミビアには、ゴーストタウンと化したコールマンスコップという場所がある。
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
もしも砂漠を旅するのならば、これなしにはまず生き延びれはしないでしょう。地平線まで見渡せてしまう乾いた大地で、お金なんて役には立ちません。結局、人間には「...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...
答えは、都会のカラスの巣。新進気鋭のネイチャーフォトグラファーである柏倉陽介氏が撮影したものだ。
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
ホラー映画や心霊現象映像など、とにかく苦手な私。ありきたりな答えだけど、「怖い」のだ。ただ、フォトグラファーのFrank Machalowskiによる心霊...
フランス人フォトグラファー、Kares Le Royが16ヶ月もの間、中央アジアの遊牧民に密着して撮影した数々の写真。彼はバンに乗り、一緒にロードトリップ...
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...